月別アーカイブ / 2017年09月

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6175.JPG

サングラス:DITA(ディータ)

メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:
ジェフ・ソリオとジョン・ジュニパーの幼なじみのふたりによって1996年に産声をあげたディータは、厳選された素材とカラーコーディネーション、魅惑的なデザインフォルムがいつしかストリートの枠を超え、ハリウッドのセレブリティetc...たちから熱い支持を受けています。
「BREAK THD MOLDS!」型にはまらないデザインスピリットがコンセプト。
高い技術を持つ日本の職人たちのオールハンドメイド・メイドインジャパンのこだわりによって、DITAは生まれています。
企画・サンプル製作は、福井の鯖江で行われております。

Fashion:
Instagramに載せたトレンチコートコーデに、エルメスのカレをちょい足し。
カッコ良さの中に、女性らしい華やかさをプラスすることで、ずいぶんと雰囲気も変わります。
カレの白×ピンクに負けないように、リップも鮮やかなピンクを選んでみました。
秋が深まり行くこれからの季節、メガネやサングラスをスカーフと合わせた華やかなコーディネートもオススメです。

Music:秋風の狂想曲 / Raphael

jOaVAmTR4j.jpg
秋になると必ず聴きたくなる、切ない片想いを歌った名曲、秋風の狂想曲。
今回は「秋」をテーマにInstagramの写真を作ったこともあり、Raphaelの名曲から歌詞をセレクトしました。
作詞作曲の華月くんは、19歳で還らぬ人になってしまいました。
本命バンドではなかったけれど、あの頃のわたしを支えてくれていたバンドの1つ。
多才な人だったから、神様が華月くんのこと、気に入っちゃったのかな。
華月くんの作った曲、どれも繊細で綺麗な曲ばかりで大好きだったよ。
10年以上の歳月を経ても、なお聴きたくなる曲。
それが「名曲」というものなんでしょうね。


Lip:YSL No.13

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→


*サングラス:DITA(ディータ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5977.JPG
メガネ:Markus T.(マルクスティー)

メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:
海を越えて、ドイツから届く、ネジを使っていないフレーム、マルクスティー。
眼鏡士のマイスターを取得している人がデザイン、設計を行なっているだけあり、細かくフィッテングを作り込むことにより生まれる掛け心地の良さ、ストレスフリーさは、抜群です。
SAKAIでも安定の人気を誇る眼鏡フレームです。

Fashion:
顔立ちがツンとしていることもあり、近寄りがたい、と云われることもしばしば。
そのなかで、ボストンの枠は、ふっとした抜け感を作ってくれて、柔らかい印象に変えてくれるので、お気に入りの形です。
ボストンや丸は、優しい雰囲気になるのでオススメですよ。

Movie:マイ・インターン

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5978.JPG

◇クラシックは、不滅だ。
◇The best reason to carry a handkerchief is to lend it. 
Women cry, Davis. We carry it for that.
(ハンカチは、貸すためにある。女性が泣いたときのために。)

今回のマルクスのメガネの言葉は、映画、マイ・インターンより引用。
ロバートデニーロ演じる70代のベンが、アパレル系の会社でインターンとして働くことになります。
最初は疎ましく思っていたアンハサウェイ演じるジュールズも、
ベンの人生経験から来る的確なアドバイス、人柄にどんどん心開いていく物語。

その中で、ベンが同僚の仲間に向けていう言葉が、上の2つ。
特に印象に残ったのが、クラシックは、不滅だ、という言葉。
同僚にベンの持っているダンヒルのカバンを説明するときの一言。

長年愛されてきたスタイルや形には、時代を経てもなお廃れない「美しさ」があります。
それは、時計もメガネも靴も、同じこと。
マルクスの良さは何と言っても、流行に囚われない、ムダのないシンプルな美しさ、そして機能美にあります。
それが「クラシックは、不滅だ」という、1つのブレないスタンスに繋がっているとわたしは感じております。

最後にひとこと。
ホンモノの格好良さは、年齢ではなく、その人の生きてきた人生経験にあるのだと、再度思わせてくれた映画でした。
そっと寄り添ってくれるような、ベンの紳士的な優しさが、誰よりも素敵でした。
男性の方々は、ぜひ女性の涙に出くわしたら、そっとハンカチを渡してあげてくださいね(^-^)!


このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:J.F.Rey / J.F.Rey BOZ
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728

↑このページのトップへ