_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1684.JPG

megane:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
ネイビーのマリン風ワンピースに、
赤いリップと赤いスカーフをコーディネート。
それに合わせて、メガネも、青系で統一。
ネイビー×レッドの組み合わせは、好き。

Book:倉橋由美子「聖少女」
YHdsUrkWor.jpg

「いま、
血を流しているところなのよ、
パパ。
なぜ、だれのために?
パパのために、
そしてパパをあいしたためです。
もちろん。」

『坂井さんの文章や世界観は、
どこか倉橋由美子の聖少女を彷彿とさせる。
一度、読んでごらん。』

大学時代、教授に云われて手に取ったのがこの本、聖少女。
「いま、血を流しているところなのよ、パパ。」
から始まる冒頭が衝撃的すぎて、
未だに忘れられない一冊。
むせ返るような濃密な頽廃の薫りに、ドキドキした。
中身は、近親相姦、同性愛、
どこからが虚構で、どこからが現実なのか、分からない。
そんな世界が渦巻いていたことを覚えている。

少女から処女を引いたら「う」しか残らない。
「う」は嘘の「う」。
少女は、処女と嘘から成り立っているらしい。
誰かがどこかで書いていた。

青春が死んで、大人に落ちていってしまった結果、
残念なことに、嘘と秘密からできている、
少女ではなくなってしまった。
いま、聖少女を読み返すとどんな感想を抱くのだろうか。
そして、わたしの文章は、そんなに倉橋由美子的だったのだろうか。
謎が、残る。

Lip:ANNA SUI 04番  / Dior マキシマイザー
写真:恋月姫

このメガネの別写真ver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:KAMURO(カムロ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728