VefraefJPZ.jpg

メガネ:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
ブルーのメガネに合わせて、薄いシフォン素材のライトブルーのお洋服をコーディネートしてみました。
ちらりと見える真珠が、控えめで清楚感のある女性像を演出してくれています。
いつの時代も、真珠は、女性の上品で、気品のある部分を引き出してくれますね!

Book:寺山修司少女詩集
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1507.JPG
| 海を知らぬ少女の前に 麦藁帽のわれは 両手を広げていたり
| 海の起源はたった一しずくの 女の子の涙

わたしは、寺山修司の描く世界観を、10代の頃から、盲目的に愛しております。
わたしの寺山好きは、ヴィジュアル系の白塗り系バンドに、寺山を敬愛していた方々が多く、その影響もあるんだと思います。
田園に死す、草迷宮、書を捨てよ、町へ出よう、遺作となった、さらば箱舟も制覇し、蜷川幸雄の身毒丸も観に行くぐらい、寺山修司大好き人間です。
天井桟敷もね、本当に、一度でいい、観たかった。

このメガネフレームを見たときに、瞬間的に、麦藁帽の句が浮かびました。
さすが言葉の魔術師、寺山。
寺山の紡ぐ言葉たちは、情景がありありと眼に浮かび、
時として、香りまで漂う時もあります。
上の二句は、寺山の中でも、とっても爽やかで瑞々しい短歌です。

「百年経ったら帰っておいで。
百年経てばその意味わかる。」

ガルシア・マルケスの百年の孤独をベースにした寺山の遺作、さらば箱舟より抜粋の言葉。
今年は寺山没後35年。
願わくば、百年後は、漱石の夢十夜のように、
白い百合に身をやつして還って来てくれると、
面白いのになーと思ってしまうわたしなのでした。

これからも、ずっと変わらず、
寺山修司の世界観が、大好きです。

Lip:エスティローダー / Dior マキシマイザー

このメガネの別写真ver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:KAMURO(カムロ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728