_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0820.JPG


Megane:TART OPTICAL ARNEL(タートオプティカルアーネル)

メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:
1948年、ニューヨークに設立したタート社は小さい眼鏡店でしたが、どこにも負けない品質を維持し続けておりました。
タート社といえば、知っている人は知っている、業界におけるレジェンドとして、今なお語り継がれているメゾンです。
その伝説を尊敬して、日本で鯖江の技術によって、新たにTART OPTICAL ARNEL(タートオプティカルアーネル)がスタートしました。
1955年、ジェームスディーンも、愛車はポルシェ、ジーンズはLee、煙草はWinstonと、物にこだわった彼が愛用していたモデルを、忠実に再現、そして復刻しました。

Fashion:
Tops:ユニクロ
Shirts:ユニクロ
このアーネルですが、カジュアルな服装にとてもよく似合います。
季節柄、ボーダーの季節ということもあり、ユニクロのボーダートップスに合わせてみました。
彩りも考えて、ネクタイ巻きに結んだスカーフをサッと合わせてみました。
リップはカジュアルになり過ぎないように、YSLのNo.13。
カジュアルな中にも、上品さと清潔感をプラスすることで、大人のステキなメガネ美人になります♪


Book:J.D サリンジャー

4Zq8D6dv4u.jpg
ライ麦畑のつかまえ役、
そういったものに僕はなりたいんだよ。
僕は耳と目を閉じ
口を噤んだ人間になろうと考えた。

アメリカ文学といえば、わたしの中では、やっぱりサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」です!
実はわたし、これをちょうど17歳の頃に、まさしく通過儀礼のように学校の図書館で借りて読みました。
しかし、野崎孝訳がちっとも肌に合わなくて、ホールデンコールフィールドが、微塵も身近な存在に感じられず、大人になりました。
でも、このライ麦畑。
色んな映画やアニメに度々登場するんですよ。
代表的な作品だと、攻殻機動隊、ジョンレノンを殺害した時に、ライ麦畑を持っていたという、マーク・チャップマンでしょうか?
その度に、

「おかしい…こんなに影響を受けまくっている人がいるのに、わたしは、なぜだ…」

と理解できずに、もやもやした気持ちになるので、
数年前、意を決して、野崎孝訳ではなく、村上春樹訳で再チャレンジ!
その結果、元々村上春樹が好きだったわたしは、
まるで干からびた大地に水が潤っていくように、ホールデンコールフィールドが身近な存在として感じたんです。
わたしは村上春樹の描く、インテリなホールデンが好きでした。
しかし、時既に遅し……
わたしは大人になってしまっておりました……
いまでも思うのは、あの時、野崎孝ではなく、村上春樹訳で読んでいたら……
もう少し、色んな考え方があの時、出来ていたのかな、と悔やまれます。

余談ですが、後にアメリカへ旅行にいった弟が、アメリカ自然史博物館に訪れた写真を見せてくれました。
さすがに、アヒルの池、セントラルパークには行かなかったようですが、
これが、ライ麦畑で出てきた博物館かー!と感動したのを覚えています。

良い小説との出逢いは、人生も変わる。
ぜひ10代のうちに手に取ってほしい作品です。

Lip:YSL No.13

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:TART OPTICAL ARNEL(タートオプティカルアーネル)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0980.JPG

=======================
Megane:J.F.REY BOZ
Lip:エスティローダー No13
      ディアモグロス
=======================

暖かくなって来たので、
メイク用品も、冬から春に衣替え。
それに合わせて、アクセサリーも、
ゴールドから、プラチナとダイヤに衣替え。
唇にも、ダイヤモンドのディアモグロスで、きらめきを。

冬の間は、プラチナ×ダイヤの組み合わせは、
寒々しい気がして、
冬は、ゴールド×ダイヤ、ルビーの組み合わせに変えます。
雰囲気も柔らかく、
そして、温かい雰囲気に変わります。

春になると、
メイクやアクセサリーを春夏仕様にするのと同じ感覚で、
メガネも春夏仕様にされる方が増えて来ます。
冬の間に掛けたいメガネと、
春になって掛けたいメガネ。
開きがあるように感じます。

お気に入りのアクセサリーと合わせて、
ぜひ気持ちがワクワクするようなメガネも、
見つけてみて下さいね(^ ^)!

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:J.F.Rey / J.F.Rey BOZ
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728

IBT9HhgG_c.jpg

Megane:J.F.REY BOZ

メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:
フランス マルセイユから届くメガネ、J.F.REYのレディースライン、BOZ。
マルセイユは、デュマのモンテクリスト伯の舞台ともなった港町です。

Fashion:
パープルのメガネに合わせて、バーガンディのパンツをコーディネートしてみました。
このメガネは、ちょっとおめかししたときの、
綺麗めワンピースにもよく似合います。
テーマは「小悪魔」。
メイクは、ルナソルのピンク系で統一。
ボルドー系の深いぶどう色の赤を合わせて、
小悪魔な女性を演出してみました。

Book:谷崎潤一郎「刺青」
LSHGBhmQom.jpg

この足こそは、やがて男の生き血に肥え太り、
男のむくろを踏みつける足であった。
「男と云う男は、皆なお前の肥料になるのだ。」
「親方、お前さんは真先にわたしの肥料になったんだねえ」

谷崎といえば!文ストのこのコンビ!は、おいておくとして。
大文豪、谷崎潤一郎の処女作です。
わたしは谷崎潤一郎が大好きで、
痴人の愛、卍、瘋癲老人日記、と読みましたが、
さすが、大変態、谷崎潤一郎。
処女作ですら、その後の「足」に纏わる性的嗜好や、
女性賛美主義というべき片鱗が、あちこちに垣間見えます。

谷崎は、女性遍歴もとても華麗です。
でも、谷崎に心惹かれる女性の多さに、作品を読んでいると、何となく納得してしまうんですよね。
美味しいもの。
綺麗なもの。
芸術的な感性。
そういうものを谷崎は持っていて、なおかつ「女性が大好き」。
その造詣の深さから、谷崎の周りにいる女性は、大変ながらも、
谷崎に磨かれて、綺麗に育って行くように感じてなりません。

そして、最期に、白状致しますとね、
谷崎作品に出てくる女性が、
わたしは、大好きなのでございます。
ワガママで自由奔放、本能のままに生きている。
「女性」という性を、謳歌している。
そう、まるで、猫のように。
そんな姿にきっとわたしだけでなく、
世の多くの男性が惹きつけられるから、
谷崎作品の女性たちは、
永遠のファム・ファタールであり、
今もなお、読み継がれ続ける名作文学なのだろうと感じます。

「女性たちよ、いつまでも美しく。
そして、小悪魔であれ。」


Lip:レブロン55番

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:J.F.Rey / J.F.Rey BOZ
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728

↑このページのトップへ