1月に入ってからの気温差が激しくて、

中々体が付いて行かない。

 

そう言えば今年の正月は、久しぶりに風邪をひいてしまった。

流行っているインフルエンザやノロウィルスではなかったけど、

39℃くらいの熱が二日間。

さすがに食欲もなかったので、ひたすら寝るだけ。

お陰で正月太りせずに済んだのが幸い。

 

で、今は至って普通にしています。

 

 

遅くなりましたが、誕生日にはBBSに多くの書き込みを有り難う!

 

また一つ順調に年を取りました。

 

それにしても厄介な年齢になってきた。

普段はあまり意識する事がないのに、ふとした瞬間に現実を突きつけられる時が有る。

二日酔いの朝鏡を見た時、仲間と集まってほんの数年前の写真を見た時、

階段で足が引っかかる時、人の名前が出てこない時、などなど...

まあ肉体的な事で言えば、ポジティブな要素はほとんどない!(笑)

ならばそれ以外の事はどうかと言えばこれまた微妙。

相変わらず20代の頃と同じような失敗をやらかす。

ホテルの鍵をとじ込んだり新幹線の切符を無くしたりとか。

何となくいつもバタバタしていて、

年相応の落ち着きってもんがない。

 

何だ...全然駄目じゃん。

 

となるとこれはもう受け入れるしかない。

人には人それぞれの歩みというものが有って、

自分は何かと時間がかかる人間なのだ。

だいたい少しまともな演奏が出来るようになったのだって最近ではないか。

いつかは人間としてのゆとりも自然に備わるのではないか。

 

などと普段は全く考えていない。

 

そう、

つまり何が言いたいかと言うと、

今年も宜しくお願いしますという事です。(何のこっちゃ!)

 

まあ黙っていても時間は過ぎるし年も取る。

 

今年も色々な場所で演奏をして

すこしでもやりたい事が形に出来るよう、頑張りたいと思っています。

 

 

 

昨日、

先月亡くなられたドラマー、

青山純さんのお別れの会に行って来ました。

 

青山さんについて何かを語るのは僕には出来ない。

とにかく偉大な先輩で、

80年代以降の日本のドラムサウンドのスタンダードを作った人。

僕もレコーディングや三茶バンドのライブなどで何度か一緒に演奏させて貰った。

特に三茶バンドのライブでは自分の曲をやったりして、

青山純が俺の曲叩いてる!

何て思って、密かに興奮したりしてた。

 

友人代表として弔辞を述べられたベースの伊藤広規さん。 

リズムセクションとして長い時間を共有してきた二人の関係は

特に下の世代のミュージシャン達にとって憧れだった。

音楽の中でも外でも常にお互いの存在を感じていたんだと思う。

そしてそれはこれからも変わらないのだと。

 

会場には在りし日の青山さんの演奏が流れた。

チューニング、タイミング、コントロール、

全てが一つになった、あの見事な青山純の音でした。

 

 

先月からミュージシャンの訃報が続いた。

青山さん、大滝詠一さん、かしぶち哲郎さん、佐久間正英さん、

会う事の出来た人、出来なかった人。

みんな音楽の世界で大きな足跡を残してきた先輩達だ。

 

人はいつかは居なくなるものだし、

彼等の残した音楽を聴く事は出来る。

ただその素晴らしい才能、技術(テクニックとは違う)と一緒に演奏したり、

新しく何かを生み出す機会は失われてしまった。

 

それはやはり悲しく淋しい事なのです。

 

ここに改めて皆様の御冥福を心からお祈りします。

 

 

先日テレビで観た今年のグラミー賞は楽しかった。

ポールの音楽にはまだまだ力が有ったし、

ダフトパンクのパフォーマンスは、

音楽そのものがエンターテイメントだと思えるショウだった。

暫く聴いてなかった音楽をまた聴きたくなったりしてね。

 

Okamoto'sの新譜は素晴らしかったし、

住岡梨奈のファーストライブも良かった!

若者達も頑張ってる。

 

俺もウダウダ言ってる場合じゃないね。

また一つ年を取った訳だし。

 

3月からは人前での演奏も始まる予定。

こちらは詳細が出たらまた告知させて頂きます。

 

では今年も色々な場所で皆様とお会い出来るのを楽しみにしてます!!

長々と有り難うございました(笑)

 

      有太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月に入ってから、

東京はグッと冷え込みが厳しくった。

その12月もいよいよ今日で終わり。

 

困ったな...

自分の感覚と時間とのギャップがどんどん開いて行く。

本当に今年もあれよあれよという間の1年でした。

 

 

 

最近の事を幾つか、 

 

しーたかさんのキャリア40周年のイベント。

 

しーたかさんの人柄は皆知っての通り。

人柄そのままの愛溢れる豊かなサウンドで、日本の音楽を彩って来た名ドラマー。

プロデビューは15才!そしてバカボンのパパにそっくり!!

何時になく緊張しているしーたかさんとそれを見てもっと緊張している家族。

集まったミュージシャン達は終始笑顔。

皆がしーたかさんと共有して来た時間が有る。

思いはそれぞれ。

僕にとってはこの世界に入ってから、一番一緒に旅をしたドラマー。 

凄い事でしょ!

ここに居られる事が心から嬉しい。

会場もスタッフも、参加者全員がそう思った、限りなく温かく楽しい夜でした。

 

 

 

 

奥田民生Spice Boys ツアー。

 

予想はしていたけど、瞬く間に終わってしまった。

 

ステージに上がって演奏を始める。

会場の響きや、客席のフィーリングを感じながら、

五感を集中させる。

すぐにスイッチが入る時、そうではない時も焦りはない。

4人でそれぞれの個性をぶつけ合う。(決して戦いでは有りません!)

船に揺られているような時、地面を掘っているような時、

速い車に乗っているような時、空を飛んでいるような時...

ただ何処に向かうか分からない音楽の行方を、楽しんでいる。 

 

奥田民生の音楽を演奏している。

でも一度も人の音楽を演奏していると思った事はない。

不思議だね。

 

だからツアーは本当にあっという間。

その流れのままに先日、C.D.Japan、大阪Radio Crazyも無事に終了。

より濃度を凝縮させ、大阪ではトリを飾ってきました。

 

ここで年内の予定も全て終了!

 

ではないのです。

 

本日只今よりNHKに向かいます。

 

人生初の紅白です。

 

あの二人と一緒です!

 

この話しはなる早でまた後日ゆっくり(笑)

 

そろそろ支度をしないと!

 

てな感じで、2013年も残り数時間。

この日記もばたばたの駆け込み更新。

来年の目標は人間としてのゆとり。

一生無理かな。

 

では来年が皆様にとってより良い年で有りますように。

 

また何処かの会場でお会いしましょう!!

 

 

       有太

 

12月3日に早過ぎる死を迎えたドラマー

青山 純さん

心より御冥福をお祈りします。 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

ニールヤングの自伝を読んでいる。

これとても面白い。

本人が語る現在、過去、未来、音楽、人生。

今も含め当事者にしか分からない事、その時のフィーリングなどが

彼自身の言葉で赤裸々に綴られている。

文章も訳も素晴らしくて、

あっという間に一巻を読み終えてしまった(二巻の本です)

 

ミュージシャンの本を読むのは好きだ。

 

たとえ全てが事実でなくても、

その時代の空気だったり、名曲、名演が生まれた瞬間、その時使ってたスタジオ、楽器、

付き合ってたガールフレンド...

 

本人から語られる事によって、その瞬間が何とも臨場感を持って伝わってくる。

そもそも自伝を出す程の偉大なアーティスト達。

 

彼等の人生と音楽。

 

憧れと羨望とジェラシーを感じながら、

ニールヤングの深い魅力にまたハマっています。

 

 

ゆずのGo Landツアーが先月無事に終了しました。

リハーサルも合わせると、約半年近くの長いツアー。

今回はアルバムLandの世界をより立体的に表現するという

明確なコンセプトの中、メンバー、スタッフ総力の元に作り上げた巨大なショウ。

 

ゆずのコンサートには毎回、何千、何万という人がやってくる。

当然会場も大きく、ライブに関わる人の数も多い。

その一人一人が自分の役目と責任を全うする事で、

初めてそれが生きたものとして動き出す。

そこにお客さんとのやり取り、ライブならではの即興性が加わって、

さらにうねりを持った一つのコンサートとして完結する。

 

素晴らしい瞬間、光景が何度も有ったと思う。

 

ツアーが終わった今、

まだ客観的にはなれていない。

会場の大小や人数で自分自身の演奏を変える事はない。(影響はされるけど)

ただ今回初めて、大会場でライブをやる怖さみたいなものも感じた。

ゆずの二人はそれを15年以上も続けてる。

本当に凄い事だと思う。

まぁ、あれこれ考えるのはステージに上がるまで。

演奏が始まれば、そんな事は忘れてしまう。

 

全てのスタッフ、共演者達に感謝とお礼を。

時には体感40度を超えるような暑さの中、

着ぐるみでのパフォーマー達の熱演は見事でした。

 

 

今年の夏も暑かった。

ライジングサンへの出演、クインシージョーンズのトリビュートコンサート、

良かった事、悪かった事、嬉しかった事、悲しかった事、頭に来た事、

生きていれば普通に起こる事。

自分の感情的なものを、よりダイレクトに感じる事の多い夏だった。

本当にいつまでたっても...

 

 

 

いよいよ来週14日から奥田民生ツアーSPICE BOYSが始まります。

 

これを待っててくれた人、

俺も待っていた(笑)

 

多くは語らず、

 

全身全霊、

 

より高みを目指して、

 

行き着く先の先まで...

 

 

 

楽しみにしていて下さい!!

 

10月だと言うのに夏が居座り続けてる。

暑かったり寒かったり、

体調管理をしっかりして、来週からのツアーに望みたいと思います。

 

あまちゃんが終わったり、

オリンピックが決まったり、

消費税が上がったり、

マー君が負けなかったり、

カープがクライマックスシリーズに出たり.

マンチェスターユナイテッドはもう3敗してたり...

 

今年の残り3ヶ月、

気合い入れて行きます!

 

ではまた何処かの会場で。

 

        有太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップへ