月別アーカイブ / 2018年07月

こんばんは🌙1日ぶりのさいちゃん。です。(笑)
今日の小樽は暑かった💦
潮まつりの時は毎年暑くなるのですが、我が家の子ども部屋が36度になってました。
でも、風は快適なのでお昼寝です。(笑)
なんでしょうね…東京の夏をほんの数日体験しただけで、こんなに暑さに強くなるのでしょうか❓…いやはや。(笑)

さて、ライブレポの続きです❗
前回のはこちらから。
DSC_0425.JPG
~MC②~
なにを話してくれるかと思ったら、
「どおっすか?変わりましたか?」ですと。(笑)

もちろん、変わらない…
いや、変わった❗ (反語)

東京の暑さで、さいちゃん耳も感度抜群ですからっ!
声の質が違ったよ🎵延びが違ったよ🎵
相変わらず、かっこよかったよ〰️✨
(↑違う。それは手術と関係ない。)

…てへっ💕(ごまかし成功)
どちらにせよ、歌詞太郎さんがなにも変わらないのは間違いない❗
でも、発声許可が出てからが大変だったみたいで。
「声が出ないときは、切ったから必ず良くなると思ってた。声出せるようになってからのほうが色々考えた」と言ってたもの💦
そういう気持ちが強かったから、修羅の道を選んだのかな❓途中で修羅4日追加してたりしてましたよね…。
やっぱり…「修羅」と単語を見ると、金比羅船船~♪と歌っちゃいますよね?…ね?ね?ね?(笑)
…あれですね。
歌詞太郎さんは、自分を追い詰めて、壁を乗り越えるタイプでしたものねぇ、そーいえば。(笑)
「歌詞太郎、アホなんだと思います。」
という言葉に、会場から笑い声。
「ライヴで初めて緊張するかと思ったけど、どんなライブになるかなってしか考えてない。アホなんだと思う」って。
歌バカ…じゃ、平○堅のCDになっちゃうから、歌アホ…なんかヤダ〰️❗(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)
…とか、ライブ中に考えている私が、一番のアホです。(笑)ごめんなさい。

MC中に左斜め前にいたお兄さん(知らない人)が、何度も頷いたり拍手してたのが印象的でした✨

~ヒーローマスク~
また、懐かしい良い曲が来ましたー❗
「あなたの光になりたい」
「これが僕の欲しかったものだ」
はい。また後ろからすすり泣きが。(笑)
歌いながら、歌詞太郎さんの手が大きく動いて、長い指がビシッ☝️❗と…あの手が力強くて、なんだか安心しちゃいます。
なんでだろ?

~帰ろうよ、マイホームタウン~
この曲がこのタイミングで来たのは、ちょっと驚きでした。
もっと最後の方だと思ってたから。
みんなで「LaーLaLaLa…♪」が、とにかく気持ちいい🎵
途中から歌詞太郎さんがマイクを向けてくれて、より大きな合唱に。
みんなの声にかき消されて自分の声がわからなくなっても「おかえり」の気持ちを込めて歌いました❗

~ムーンウォーカー(新曲)~
この曲は、まだ聞いてない人がたくさんいると思うので、コメントなし。
もっちろん❗
最高の歌に決まってますからっ🎵


~MC③~
「えーと、じゃあここでいろんなこと発表しまーす。(にやり)」
突然の発表タイム💦
なに、なに、なにー❓(@ ̄□ ̄@;)
大歓声❗( 〃▽〃)キャー
みんなのあまりの食いつきぶりに、歌詞太郎さん一歩後ろに下がって(笑)、「いややや、猫に子どもが生まれた程度のレベルだから」と笑ってる。

「年末、東名阪ツアー決定しました❗(ドヤ顔)」
「きゃぁぁぁぁぁぁぁ💕」

…と会場中が歓声をあげている中…
私、キョトーン…(・◇・。)?です。
「とーめーはんってなぁに?」(笑)
すばやく、周辺の現状確認。
左後ろ(きょうこさん)は「ほんとに嬉しい…(涙)」と喜んでいる…。
右後ろのお姉さんも「絶対いく…(涙)」と喜んでいる…。
右隣(さこさん)は…娘さんと首をかしげている…。
良かった🎵
私だけじゃない!(๑•̀ㅂ•́)و✧(笑)

すぐに東京・名古屋・大阪と言ってくれたので、なるほどガッテン❗わかりました✨
私が、キョトン…になってたことはまだ誰にもばれていないはずだ。
ふぅ💨危なかった。(笑)

しかし、残念。
東名阪か…行けないや⤵️と、ちょいと落ち込んだところで、ステージを見たら、ほっとした顔の歌詞太郎さん。
「あんま、待たれてないと思ってて…」との呟き。
は?何言っちゃってるんですか、そこの貴方様❓❗
(丁寧を心がけた。)
会場中から「えーーー❓❗」の声。
「だから、今、マジ嬉しい🎵大丈夫、潤沢だからな🎶」
一瞬の間があり…
「え〰️〰️〰️〰️っ💢」
そりゃ、言うわ。

「じゃあ、言わせてもらいますが❗川崎の路上で育ったんだよ❗隣の渋谷O-crestソールドしなかったんだよ❗それが普通よ❓❗」
わかってくれよ、の気持ちはわかる…。
でも、こちらもわかってもらいたい。
今の歌詞太郎さんは、もうその時とは違うということを。
今回のライブで、チケットがとれなくて、諦めたフォロワーさんがいたよ❓
自力ではチケットとれなくて、ライブ当日まで探してたファンがいたよ❓
こんなに歌詞太郎さんのことが好きで応援してる人がいるんだよ。
もちろん、謙虚な歌詞太郎さんも素敵✨
でも、潤沢じゃなーーーい❗(笑)

会場からの愛あるブーイングに、潤沢と頑張ってきた歌詞太郎さんも、とうとう…
「すぅいませんでしーたー⤵️(ಠ益ಠ)」
やさぐれ太郎に変身❗
語尾が下がって、完全にやさぐれ。(笑)

君たちの潤沢って?との問いかけに「武道館❗」と言われて、「俺もやりたい。でも、力不足なのはわかってる」と。
それでも、ファンとしては九段下を目指してるわけですから「そんなことない!」「できる!」との声援が飛ぶわけですよ🎵
そこに歌詞太郎さんの一言。
「は↘️ぁ↗️❓(╬ಠ益ಠ)」

いや、笑った笑った🎵
Zのつくところは2年先まで埋まってる。
だから、ここからの土日は会いに来てくれるんだって❗わーい( ≧∀≦)ノ✨

…北海道も…きてくれるかなぁ…
(´・ω・`)ショボン…
今まで、わかってたけど、やっぱり北海道って別格に遠いでしょ❓
じゃーん❗(笑)
_20180729_222957.JPG
北海道で一番でかいのが札幌。
以前、函館レポでも書いたけど、左下の函館まで、250km超(マイカーで高速使っても4時間)だぜ❓
札幌→稚内(最北端)で、約5時間。
札幌→根室(最東端)で、約7時間半。
来てくれることを、道民一同、心待にしております❗(笑)

しかし、ライブ中に柴田さんに「柴田さんっ❗土日、全部空けてくれてますよねっ❗」って…今、アポとりかーーーい💦
でも、柴田さんはニコニコと大きく頷いてくれてて、また、ふにゃ〰️ん(*´∀`*)✨ってなった。(笑)

そして、最後に
「いけんのか❓❗」(普通)
(いえーい🎵)
「いっけんのかぁー❓❗」(大声)
(いえーい🎵)
(膝をついて)「いっけぇんのかぁぁぁぁぁ❓❗」(ミスチル桜井風)
とにかく、笑わせてもらいました。


さてさて、また長くなっちゃった…。
明日は、大事な約束があるから早く寝なくっちゃね〰️🎵と。

…簡潔明瞭にかける能力ください。神様お願い。(笑)

続きは、また明日❗
次回がライブレポの最後になるはず。
たぶん。←٩(・̆ᗝ・̆)コラッ

おやすみなさい🌙

こんばんは🌙まったくもって お久しぶりのさいちゃん。です❗
一回寝て、今、起きました。(笑)

行ってきましたよ❗
大都会、東京❗❗❗
…この酷暑に…。
さすがに思わなかったんだよ…こんなすごい夏になるなんて…_(┐ ノε¦)_

ま、そんな暑さも含めてのライブレポ🎤🎶になる…と良いなぁ。にやり。

この度の目的地はこちら。
DSC_0425.JPG
わかってるって?
でも、大事なことはちゃんと伝えないと。(笑)

今回のblogは、前回(中野サンプラザ編)の反省をもとに、ライブ内容を先に書く❗
旅レポはあとでね🎵(え?興味ない?)
それと!
いつものことですが、私の主観レポなので「え?そーだったっけ?」「あれ?順番ちがくね?」と言うこともありますが、お許しを。(-人-;)

7月25日(水) 19時開演
渋谷TSUTAYA O-EASTにて
「伊東歌詞太郎ワンマンライブ
    HAPPY REBIRTHDAY」

オールスタンディングの会場に、みんなの興奮と期待とちょっとの疲れ(笑)とがざわめく中、会場が暗くなり、スモークが立ち込めるステージに、バンドメンバーが登場。
最後に歌詞太郎さんが、手を降りながら登場しスポットに照らされる…
そして、30秒を越える拝(90度)のお辞儀。

帰ってきてくれただけで、私たちは幸せなのに…頭を下げる必要がどこにあるのだろうか。でも、それが伊東歌詞太郎という人なのだと言うことは、皆が知っている。

鳴りやまない拍手の中、歌詞太郎さんが頭をあげると、永遠に感じる一瞬の静寂。

そこから圧倒的声量で紡ぎ出されたのは、新曲「その暖かな手を」。
圧巻のアカペラ。
皆がその息遣いすら聞き漏らさないかのように静寂し、渋谷で一番大きいライブハウスに歌詞太郎さんの声だけが響き渡る。
知らない歌なのに、歌詞太郎さんが何を伝えたいのか…この復活ライブに込めた想いが心に突き刺さってきて…。

気づけば…。

斜め後ろの二人が泣いてた。(笑)
きょうこさん、左後ろはあなたです。
( *´艸`)バラシタ。
私のレポが真面目一本で行くわけがない。
(o´罒`o)イヒヒ(笑)

感極まった泣き声(むせび泣きから嗚咽まで。かなりのレパートリー)が、会場中から聞こえてきて、まさに5.1chサラウンド。
そりゃ、その場にいるんだから、臨場感なきゃ困るけどさ。(笑)

ただね…私は泣きはしなかった(笑)けど、歌詞太郎さんの声が出たとたんに全身に鳥肌たちましたよ❓❗
毛が逆立って、まるで全身の血が逆流してるんじゃないかと思うくらいの感覚で…。
血の気が引くのとは真逆で、頭の奥になにかが集まるような、そんな感覚。
例えるならば、映画「氷菓」の最後に歌詞太郎さんの声が流れた瞬間を30倍(当社比)にしたような感じかな?
あの瞬間が生声でくるのよ❓❗その上、アカペラで❗
心の奥にザクーッと❗
_20180729_002519.JPG
 まさに、これ。(笑)
rHO6DvHY21.jpeg
間違っても、こちらではない。(笑)

心臓がぶち抜かれるほどの衝撃!だったのです。
ライブに行ってない人に伝われーーー💦
(このイラストで伝わらなくなってる)
声=空気の振動=衝撃波なことを実感。

衝撃の一曲目が終わったあとは…。

~北極星~
やっぱり、ライブは北極星がこないとな〰️と思ってます。
「立ち止まり振り返れば~♪」のところで後ろに振り返り、Ba.高間さん→Dr.べーちゃん→Key.はたっぷを順番に見たあと、「ともに歩く仲間がいて~♪」でGt.柴田さんと微笑み合う歌詞太郎さんの様子が、私はジーン(☍﹏⁰)。ときましたよ。
柴田さんとの絆が、ホント好き✨(笑)

~S・O・S~
中野サンプラザの時と違い、終始楽しそうな歌詞太郎さん。
ステージで片足バックステップ(伝わる?)を何度も見せてくれて、この歌…楽しい歌だっけ?ってなっちゃった。

~カナリア・シンデレラ~
いつも歌詞太郎マジックで元気になっている私ですから「魔法にかけるから~♪」のところで「いつもかかってます〰️✨」と心で叫んでたのは秘密。
もしかして、声に出てたらごめんなさい💦
恥ずかし…(*/∀\*)

~MC①~
Twitterやblogでいろいろな方が呟いているので、たいした書くことないかなぁ?と思っているのですが…
想いがこぼれているので(笑)書きます❗

第一声の「伊東歌詞太郎です!」っていうの、私、好きなんですよ❗
知ってる〰️!とツッコミたいわけではなくて。(笑)
歌詞太郎さんのライブに来ることができた実感というかなんというか…うまく伝えられないけど「ライブに来たぞ〰️✨」という気持ちになれるのです。

そして、いつもの「MCやらなくてもいいかな」発言❗( *´艸`)フフフー
確かに歌詞太郎さんの場合、想いが全て歌にこもっているので…確かに〰️❗❗(笑)
でも、でもっ!
歌はもちろん聞きたいけど、歌詞太郎さんのトークも聞きたいんですっ!(`_´メ)
貴方が好きなACIDMANも、今はMCするようになったのだから❗(笑)
「最後までいろんな曲やるから、楽しんでって🎶」と、これまた嬉しそうに話してくれました。

~さくら~
大好きな一曲です❗
終始「うわ〰️🎵うわ〰️✨うわわわわ〰️💕」で終わってました。(笑)
生で聞いたの初めてでしたが、CDとは全く違う「今日のライブでしか聞けない歌」だなと感じました。
同じライブは二度とないのだけれど、このセトリは今日の復帰ライブだけのセトリなんだと…(☍﹏⁰)。ジーン。
でも、泣きません。(笑)

~さよならだけが人生だ~
「どうかお願いだ  見せてくれないか」
「どんな君でも  傍にいさせて」
歌詞太郎さんは、どんな思いでこのセトリにしたのだろう…。
ツラくて…切なくて…その時のやり場のない気持ちが溢れちゃったのかな?
ステージで動き回りながら、長い腕をこれでもかと振り回し、反り返った人差し指から、気迫がこぼれだしているように見えた。
その気持ちは、この場にいるファン全員に伝わっていますよ。たぶん、この場にいないファンにも。

~雨ニモ負ケズ~
グハーッ!(*゚Д゚)・:∴(吐血)
そうきましたかーっ💦という曲順。
また、周りから鼻をすする音が、チラホラと聞こえてきましたよ…。
叫ぶように絞り出すように、心の澱(おり)を吐き出しているみたい。
カッコエエ…(*´﹃`*)(笑)

~Heeler~
いやぁぁぁぁぁぁぁぁ💦ヽ(;゚;Д;゚;;)
なに❓❗何々なんなのぉ〰️💦
悶死させたいんですか❓❗(○_○)💦
カッコイイカッコイイカッコイイカッコイイカッコイイカッコイイ〰️✨
カッコよすぎです🎵(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧
生で歌うのは、まさに初めてですから、会場がものすごく盛り上がりました❗❗
それを見ている歌詞太郎さんの嬉しそうな表情。
やっと聞かせることができる思いもあるのでしょうが、私の主観では「このタイミングでこの曲が来るとは思わなかっただろうが!お前らっ!…にやり。」って感じに見えたなー。
いたずら好き歌詞太郎さん。(笑)


あれれ?
まだ、ライブの序盤のはずなのに…めっちゃ長くなってる…_(┐ ノε¦)_マジカ…
今日はここまでっ❗
続きは、近日公開✨

おやすみなさい。

↑このページのトップへ