お待たせしました✨
筆の遅いさいちゃん。です⤵️
最終回です!(๑•̀ㅂ•́)و✧
すごくすごく長いです💦お覚悟のほど、何とぞ…🙇
(やっと歌詞太郎さんでます。(笑))

アイスタの大トリが歌詞太郎さんだとわかり、ヤル気が出てきた私…(ૢ˃ꌂ˂⁎) ウシシ…でしたが、たぶんそれ以上にヤル気だったのは歌詞太郎さん本人と歌詞太郎バンドの皆さんだよねぇ…と思ったリハーサル。
機材入れ換えたあと、他の出演者バンドは軽く音を出して確かめる程度でしたが、歌詞太郎バンドは本番さながらにパラボラの演奏を始めちゃうから(それも1サビ終わるまでを2回)、「え?!始まるの❓❗」と立ち上がる人が続出。
めっちゃ嬉しい💕でも、それはそれで、休憩を妨げる罠〰️💦ᐤᑋᔪ(°ᐤ°)ᔭワナナノネー

この時点で柴田さんをガン見です。(笑)
黒いニット帽が、今日も素敵です✨
ステージ上は薄暗いけど、心の目も開眼してガン見。もちろん、はたっぷさんも❗
たぶん、位置的にはたっぷさんはライブが始まると見えなくなる場所(歌詞太郎さんの真後ろ)なので、よーく見ておかないと。

そして、長女に「ニヤニヤしすぎ。わかるけど、落ち着け」とか言われる。
へっ!(`Δ´)
どの口がそんなこと言うかね?
ちょこざいな、返り討ちにしてくれるわ!という気持ちで「ふぅ〰️ん…そういうこと言うかね〰️?( ˘•ω•˘ )ホホー」と呟くと「あ〰️♪ららら〰️♪楽しむのが一番だよね🎵(;A´▽`」だってさ。
んだべ?楽しんだ人が勝ちだべさ🎶

そして、いよいよ、歌詞太郎さんの出番です〰️❗
キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!(2回目)

カーキ色のジャケットに白シャツとジーンズ。
今回、長女を連れていって、一番良かったのはコレ👇
_20190402_220018.JPG
色付けまでは出来なくて💦
でも、絵が描けるって便利ね🎵こんな、格好でしたよ。(狐面は持たないと誰だかわんかんないんだとよ。トホホ(;つД`))

ステージ袖から現れて、静かにスタンドマイク前へ。
一曲目。「ピエロ」
今度は、私が…
カシタロサーンヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァ!
叫んでしまったよ。(笑)
みんなから見えるように、台に上ったり端から端まで動き回ってくれたりするから、いつも以上に見える❗(○_○)!!
拝む間もなく(笑)、ノリノリ親子🎶

二曲目。「少女レイ」
しらゆりで話題になってた歌だったので、歌ってくれないかなぁ…と密かに思ってたら来ちゃいましたよ❗
もちろん、ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァですよ。
(もう黄色い声は出ません。)
前奏が始まるとステージで観客に背を向けて立ち、例の笑い声は後ろ向きのまま、少し俯いた感じで…。
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ💕
これは、黄色い声援(笑)がでちゃうでしょ?もうほんと、家にいたとしたら、床に倒れこんで悶絶ものよ?うっかりしたら、家族に救急車呼ばれちゃうレベルよ?
生きてて良かった✨(笑)
しらゆりの時は「何かに憑依されているような」と表現している人もいましたが、今回は楽しそうでした。笑顔だったしね🎵

~MC①~(うろ覚え警報発令!)
「こんばんは!伊東歌詞太郎です!」といつもの言葉から始まるMC。
「フェスだから自分を知らない人もいるだろうから、自己紹介をしようと思っていた。自己紹介をしないと友達になれないから。東京では自己紹介したら、もう友達だから、よろしく」みたいな話をしてました。
リハーサルの音出しで拍手してくれるなんて感動した〰️✨って言いながら「最近は2曲終わってから挨拶するんですけど、しばらく歌えない時期があって…そしたら、歌えることが嬉しくて嬉しくて…感極まっちゃうんだよね。あー!これは反省点なんです」と。
自分で「涙もろくなった」と言ってました。
そして「ほんと、反省点なんだって💦もう、別の話しよう❗」と、コニーちゃんのからだの心配をし始める歌詞太郎さん。
「心配だってことをちゃんと伝えてあげないと。来年のアイスタが、彼になにかがあってできなくなっちゃったとしたら悲しいじゃん。彼も健康になりたいと言ってました」…一年ぶりくらいにあったら、不健康なレベルになっていた(たぶん、大きさが)ようです。
この優しさが歌詞太郎さんですよね~🎵親子で何度も頷いちゃいました。
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
だって、こんな楽しいフェスが今回で最後なんてもったいなさすぎるもの。(笑)
「こんな長丁場のフェスで最後まで残ってる人は、絶対に音楽が好きな人だと思う❗僕も音楽が大好き、曲を作るのが好き、歌うことが好き、そしてなによりもライブが大好きです❗4,000円のチケットを買ってもらったら、7万円分くらいのものを見せなくちゃいけないと思ってる❗」んだそうです。
ありがたい…( ;ᯅ;  )

三曲目「さよならだけが人生だ」
実は、生歌で聞くのは初めてです🎶
長女は知らない歌だったようですが、じっくり聞いて「かっしーの声に合ってる」との評価。
だーかーらー…
知ってるってば!もう!(笑)
この歌が流れ始めると、あちらこちらからすすり泣く声が…。
ふと隣の隣の隣の若者を見ると、歌詞太郎タオルで顔を覆って泣いている…。

…あれ?
あの人、さっきヘドバンしてた…。(笑)

あんなに激しくヘドバンしてたのにね…ギャップが激しいわぁ。…( ゚□゚)…
でも、歌詞太郎さんのファンもヘドバンやってたんだと思うと、なんか隣からの攻撃も少し許せるかな?

~MC②~
フェスでオリジナル曲を歌ってしまうと開場が盛り上がらない、という意見について「僕は違う考えを持っている。知らない曲で盛り上げることができるなら、曲を知ってたらもっと楽しめると思うんだよね!」とすごく楽しそう。
一緒になって、にやにやしちゃう〰️。(笑)
「しばらく歌えない時期があったから、歌えるようになったら、いや、なる前からも曲をたくさん作った。東京でワンマンライブやったときに、こっそりCD作って、当日まで内緒にして物販に並べたの。そしたら『えー!CDあるじゃん!』ってみんなが慌てふためいてて。(笑)それに味をしめて、大阪ワンマンでもまたCDをこそーっと並べて…。(笑)年末のツアーでもう一回同じことやったら、もんみんな察してて『どうせCDあるんでしょ、ほらねー』みたいになってた」
とてもとても楽しそうに話ながら、今日も物販にCDとかグッズを置いているから見ていってほしいと。
「知らない曲を歌う僕は鬼なんです、鬼。『は?なに言ってんだ?』って思ってるでしょ❓❗」との急展開に、会場から笑い声が。'`,、('∀`) '`,、
「でも、みんながCDとか買って曲を覚えてくれたら、みんなが金棒になるんだよ!鬼に金棒!わかる?!」
いきなりの持論展開(笑)に、一瞬会場がキョトン(?_?)となったけど、結末まで話をしたとたんに、たくさんの拍手が。
そして、会心のガッツポーズ❗(笑)
(ง˶ •̀ ̬•́˶)ง←こんな感じに穏やかな笑顔✨
身ぶり手振りで一生懸命説明してたのは可愛かったし、あいかわらず、そんな歌詞太郎さんをニコニコと見守る柴田さんが…。
このステージには天使しかおらん…。
神様✨ありがとうございます…
_| ̄|○(号泣)

四曲目。「ムーンウォーカー」
この辺りから、柵の前辺りに急に人が集まりはじめて(なんでだろ?)しまい、ステージがなかなか見えない💦
でも、ちょうど柴田さんが見える位置としては完璧✨だったので、歌詞太郎さんが柴田さん側に来るたびに、お二人が笑顔を向けあってたり、熱唱する歌詞太郎さんを見守る柴田さんが見れたりしました。
いやー…眼福✨眼福✨
そして、この曲だったと思うんだけど(記憶が曖昧)、曲の途中にはたっぷさんが立ち上がって、みんなに手拍子を促していた。もう、どーしたって盛り上がらないわけがない❗
歌詞太郎さんも拳を突き上げたり、腕を叩いて手拍子をもとめたり…盛り上がりは絶好調🎵‹‹\( ´ω`)/››₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

~MC③~
…正直、このあたりの記憶は本気で怪しい。っていうか、歌詞太郎さんの言葉自体を、ほぼ覚えていない。(笑)
なので、適当チョップな事を書いてたら許してください!m(。≧Д≦。)m

「歌えない時期があったから、お客さんがいなくても、歌を歌えることが幸せ。でもやっぱり、目の前で歌を聞いてくれる人がいるのは最高に幸せなんだよ❗」
そういってまた感極まった感じになってたのが印象的でした。
最近の歌詞太郎さん、昔に比べると感情表現が分かりやすくなったと思いません?いや、正直で分かりやすい方なんですけど(笑)、以前は「色々な感情を抱えているけれど、表面に現れにくい人」というイメージだったんですよね。(あくまでも、私のイメージです💦)
うーんと…泣きたいけど泣けない…とか、どちらかというと、自分を卑下したような発言をしちゃうとか…。心の中を隠そうとするというか…。
…伝われ〰️💦๛ก(ー̀ωー́ก)(笑)
それが少しずつ無くなって、自分を見せることができるようになったのかな〰️?
なんか、今の歌詞太郎さんの方が、カッコいい✨(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧←結局、この語彙力。(笑)
「自分が思ってないことを書いても、ステージにたつと全部ばれてしまう。だから、僕は思ったことだけを書いて歌う。それが綺麗事だと言われても。…綺麗事って綺麗なんだから、それでよくない?って思うんだよね。」って、歌詞太郎さんらしいことを言ってたな〰️🎵(詳細は忘れちゃったけど💦)

五曲目。「magic music」
「音楽は魔法だ!」
ほんと、その通りです❗(笑)
歌詞太郎さんのことを知ってる人も知らない人も全然関係なく、みんな盛り上がってた。音楽は世界共通なんだな〰️って思う。

そろそろラストだなぁ(楽しい時間はなぜこんなに早くすぎるのか❓❗)と思いつついたら、恒例のビジュアル系バンドの話になり(笑)
「いけんのかー?!(Yeah!)
  いけんのかぁ〰️❓❗(Yeah!!)
いっけんのかぁぁぁ❗❗⤴️
(Yeah!!!!!)」ありました。(笑)
…たぶん、このタイミング辺りだったと思う…だめだー💦ぶっ飛んでんな💦

六曲目。「僕だけのロックスター」
「メジャーデビューします❗」
そう、はっきり言ってくれる歌詞太郎さんを全力で応援しようと思う。
となりのカップル(笑)が「え?メジャーデビューしてるよね?」と言ってて「色々あって、今はインディーズなんだ❗インディーズなんだよぉぉぉぉぉ…(꒦ິ⌑꒦ີ)」と語りたかった。迷惑だからしないけど。(笑)
曲の間にバンド紹介。
「伊東歌詞太郎でした、ありがとうございましたー!」からのラスサビ❗
私も娘も、手拍子と拳を突き上げて(挙げ方も親譲り(笑))力一杯応援しました。
ちなみに「偉い人はNO!NO!足りん」のとこは、しっかり中指たてていらっしゃいましたよ。(笑)

ステージが無人になってからも、鳴りやまない拍手。徐々に一定のテンポにまとまり、段々と早くなっていく。
アンコールの声がかからなくてもアンコールだとわかる。ものすごい一体感が気持ちいい🎵
…そして、なにかを忘れている感。
なんだろー?なんだべなー?とアンコールをしながら考える。
…思い出せん…(´・ω・`)ショボン…

~アンコール~
「アンコールありがとうございます❗手拍子でアンコールってフェスらしいよね。アンコールって絶対じゃないんだよ。だから、アンコールありがとう❗」みたいなことを言ってたような…(;A´▽`)アハハハ

「パラボラ~ガリレオの夢~」
…?…???……はっ!💡
あーーー❗❗わかった❗
パラボラを忘れてた❗
さっき音出しリハーサルで演奏してたのに、歌ってないじゃーん!(;゚□゚)ソレダー

あー。すっきりした。(笑)
セトリに入っていない曲をリハで聞かせてくれるなんて、にくい男だねぇ〰️✨

そして夢のような時間は終演。
でも、寂しくない。満足感しかない。
長女も「楽しかった。もう終わっちゃったって感じ。また来たいね❗」と大喜び✨
…ほっほっほ。母の思惑通り✨
これで、父ちゃんを味方にしたも同然❗
餞別、増えろ。(笑)


ようやく、フェスレポ完結です。
こんなに長い駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました💕
感動の半分も伝わってない気がしますが、少しでも想像してもらえたら嬉しいです🎵

最後までお読みいただきありがとうございました💕
またね🎵