人間にはいろいろの力が与えられているけれども、その中で最もすばらしい力は、物事に意味を与えることのできる力ではないだろうか。苦しみにさえ価値を見出し、ありがたいと思うことができ、逆境においてさえほほえむことのできるのが人間である。

愛と励ましの言葉366日、10月29日の渡辺和子さんの言葉です。

人間は考えるんですね。

本能としても持っているのかもしれませんね。

しかも訓練で強化できるのが人間のいいところです。

物事に意味を見出して生きていくことができるのはすばらしいことです。

しかも、ある程度法則のようなものがあります。

それを知って行動できるかが問題のような気もします。

聖書にも、論語にも、コーランにもお経にも同じようなことが書いてあると思うんです。

神様うんぬんは別にしても人としての心の鍛え方が書いてあるような気がします。

知って行動することと、知ろうと思うことも大切ですね~。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね💁‍♂️
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9724.JPG