"財産"とみなし、いとおしく思えるような命の過ごし方というのは、決して不幸や苦しみと無縁の人生を指すものではなく、人生で出合う一つひとつのことを、ていねいに、自分らしく受けとめ、自分の"もの"としてゆく生き方のことだと思うのです。

愛と励ましの言葉366日、7月12日の渡辺和子さんの言葉です。


命の過ごし方、生き方が財産。


そんな風に感じるためにはそれこそ何事にも感じることが必要ですね。


今日、起きた朝にすら感謝しなければなりませんね。


昨日は笑顔の大切さを感じました。


歯を出すほどの笑顔が大切ですね。


今日も一日がんばります。


今日の論語はこちらです💁

今年も結局出来てない。 やるやる言ってる人はやらないと昨日言ったのがズキズキしますね。 #2018年カレンダー #カレンダー #カレンダー2018

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on