人生の重さは、必ずしも人生の長さと比例せず、その人の過ごす時間の質にかかっている。時間の使い方は、生命の使い方なのだ。とすれば、永遠につながるような時間にすること、換言すれば、時間に愛を込めて生きることがたいせつになる。

愛と励ましの言葉 5月31日の渡辺和子の言葉です。

今、この時間を生きることに集中していくことが、いかに大切かと考えてしまいます。

この5月ということを考えても時間を本当に有効に使ったのでしょうか。

時間というものだけはどうやっても取り返しがつないので過去に囚われてばかりは居られませんね。

家族に時間をしっかりと使いたいなぁと感じました。

今日で5月も終わりです。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね〜💁


27度って。 暑いしょや😵 #旭川#あさひかわ #lineブログ

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on