物事は反対から考えてみると納得できることがあるものだ。何か「損した」と思うようなことを、それではもし自分がしなかったらとしたら何を「得したのか」と考えてみることである。

愛と励ましの言葉 5月29日の渡辺和子さんの言葉です。

損したなぁーと思うことことはどんな時でしょうか。

たとえば、昨日の運動会は「得したなぁー」と感じました。

前日に大雨で中止が確定だと思いましたので、無事に運動会ができてよかったです。

逆の場合がありますね。

前日が晴天で当日が雨の場合は「損したなぁー」と感じると思うんです。

どっちの場合でも逆の場面を思うことは相手の立場に立つことの養成ですね。

それを繰り返して「思いやり」を養うんですね。

今日も一日、がんばりまーす。

今日の論語はこちらですね〜💁‍♂️