苦労の注意点

苦労ということについて、気をつけねばならぬのは、なるほど人間は、苦労によってその甘さとお目出たさとはとれましょうが、しかしうっかりすると、人間がひねくれたり冷たくなる危険があるわけです。そこで苦労の結果、かような点に陥ることなく、しみじみとした心のうるおいと、暖みとが出るようになるためには、平素から人間の道というものについて深く考え、かつ教えを受けておかねばならぬと思うわけです。【442】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

苦労というのは実際に多々あるものですが、学生時代の葛藤などはそういう意味では良い苦労なんでしょうね。

自分が辛いとか苦しいとか感じるものを苦労というのでしょうね。

人によってその感じ方も様々なんだと感じます。

どう受け止めてどう実践するかという点が、うるおいとか暖かみになるほうが当然良いですね。

道を求めている場合はそうなるということなんでしょうね。