人を敬う

世間では、人を敬うということは、つまらないことで、それは意気地のない人間のすることででもあるかのように、考えられるようですが、これは大間違いです。それというのも、自分の貧寒なことに気付かないで、自己より優れたものに対しても、相手の持っているすべてを受け入れて、自分の内容を豊富にしようとしないのは、その人の生命が強いからではなくて、逆にその生命が、すでに動脈硬化症に陥って、その弾力性と飛躍性とを失っている何よりの証拠です。【484】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

生命力という部分では、人間はどちらかというと生命力が強い生き物だと思います。

それを発揮できないでいるかもしれません。

いろんなものの表裏一体、陰陽ということを考えますと。不幸と幸福もあるかもしれません。

生と死という部分もそうなのでしょう。

様々に考えながら弾力というものを多少なりとも身につけて変な角をもたないようにいきたいと思います。