敬について

敬とはどういうことかと申しますと、それは自分を空しうして、相手のすべてを受け入れようとする態度とも言えましょう。ところが相手のすべてを受け入れるとは、これを積極的に申せば、相手のすべてを吸収しようということです。
ところが、相手のすべてを吸収しようとすることは、これをさらに積極的に申せば、相手の一切を奪わずんば已まぬということだとも言えましょう。ですから真に徹底した敬というものは、生命の最も強い働きに他ならぬわけです。【483】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

相手のすべてを奪う勢いで敬う。

敬うということ一つとってもどう考えるかというの大事です。

すべてには意味があるとは思うのですが深く考えたとき、それを文章にした時どうなるかは難しいものです。

なんとなくわかるが言葉では表現しにくいということがあります。

なので教授は真理は唯現実の中にあるというのでしょう。

真に徹底して考えられる時には考えるべきだと思います。