師の教え

自分の一生の目標を何と立てるかということも、結局はその人が、師の人格に照らされて初めて見出されるものであって、人間は師をはなれては、生涯の目標も立たないと言ってよいでしょう。
またいかなる書物を愛読するかということも、結局は師の教えの光に照らされて、おのずから見えて来ることでしょう。【71】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

師は誰ですかと尋ねられると困りますね。

これはいつかも考えたことがあるような気もします。

唐突に尊敬する人、師と呼べる人は誰ですかと尋ねられないとも限りませんよね。

座右の銘はなんですかとか将来の目標はなんですかとか10年度どうなりたいですかとか。

これらをしっかり明確に答えて反論することというのはないと思います。

考えるのは本人なんですから。

そういうことをいつでも答えられるようにしておきたいと思いますよね。

でも、その時読んでいる本に結構引っ張れるんですがね。