謙遜

真に謙遜いうことは、その人が内に確固たるものを持っていなくてはできないことではないかということであります。言い換えれば、人は自ら信ずることろがあってこそ、始めて謙遜に成り得ると思うのです。【204】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

謙遜と卑屈という問題についての話です。

この短い文章でこれを理解するのは不可能なことなのですが、真の謙遜は自らを律するということにあるのでしょうね。

常に自分の心に矢印を向けていないとこうはなれない。

50歳、60歳、70歳になっても常に自分の心に注力していれば少しは真の謙遜がわかるかもしれません。

とにかく人間はすぐに怠ける心をもっている。

そう思ってしまうのです。