月別アーカイブ / 2022年04月

親切を受ける

人の親切に対しては、いい気になって甘えたりして、もたれてはいけないが、さりとてむげにこれを退けるのも本当ではない。そこで人様の親切は、ありがたくお受けするということが大切でしょう。ところが、このお受けするということは、自己が確立していないとなかなかできないことです。【388】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

この修身教授録というのは、実に味わい深い話です。

これを大学生に教えているとばかり思っていましたが、今の中学三年生にあたる生徒がこれを聞いていたみたいです。

なるほど、これはまた発見の一つでしっかりと覚えおかなければいけません。

この章は、質問をしなさいと先生が言ったところですが、親切にされるのがいい気持ちになれないということの回答なのですが、すごいなぁと感じます。

自己の確立がないと親切をありがたくお受けすることは出来ない。

やはり、心がどう動くかということになってくるんでしょうね。

親切を、親切だと認識も出来ないという思考の問題でもあると思います。

自己を確立していないと「素直」になれないということがあるのでしょうね。

尊敬する人は尊敬される人

人々から尊敬されるような人は、必ず自分より優れた人を尊敬しているものです。【486】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

何かを求めてやまない人というのは力強いのでしょうね。

すべては生命力の強さだと教授は言っていますが、そういう意味ではまだまだ生命力が弱いのかもしれませんね。

敬ということ尊敬が一番先に頭に浮かびます。

尊敬する人というのはたくさんいるもので、その人に滲みよっていくようなことを生命力というようです。

考えてみると見るからに生命力が強そうな人はいますよね。自分に合うものは求めてやまない。

誰でももっているかもしれませんが、そういうものを発動させるには何か心に響くものが必要ですね。

尊敬されたくて尊敬する人もいないとは思いますが、伝記を読むといいのかもしれませんね。

私は尊敬する人が多すぎです(笑)。


目下の人の信頼を得る

人間というものは、自分より目下の人から、思いやりのある人と慕われるような人間になるということ、必ずしも容易なことではないわけです。これは立場をかえて、諸君らが下級生から見られた場合、果たして懐かしまれ尊敬せられるか、それとも煙たがられるかということを、一つ自惚れ心を去って考えてみるがよいでしょう。【230】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

どんな人からでも信頼を得るということは容易なことではないわけです。

伝記となる人などは当然絶大なる信頼を集めているわけですからその人生から学ぶ必要があると思います。

教授のまさしくその一人であろうと思います。

現在も存命でたくさんの尊敬を集めている人がいるわけでそういう人を参考にしてみるというのも一つの手ではあろうかと思います。

今は、きっと困難な時代に突入しているだと思います。

たくさんの今までの秩序が段階的に壊されまた戻っていくようなことになるかもしれません。

教授の「真理は現実のただ中にあり」という言葉を思い出しました。

今の現実の中で信頼を得られるようにしなければとは思います。

↑このページのトップへ