月別アーカイブ / 2021年12月

よくわからんでやってますが中身は一緒です

難しいですね

しかしチャレンジです

毎日出来たら1ヶ月後はいいことあるかもしれないしね

故人の尽くす一つの途

(故人に尽くす一つの途)故人の書き残したもの、並びに生前故人と親しかった人々の、故人に対する思い出などを書き集めて、それを何らかの形で印刷して、故人の生前を知っている人々の間に頒つということであります。

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

立派な人の言葉は残すべきだと思いますが、言行録などはその人の言葉を覚えている人もそうとうすごいと思うのです。

論語など様々ありますが、そういう言葉を残してくれる人覚えて本にしてくれる人どちらもすごい。

そういうことの一部を読んでるんだと実感しないといけませんね。

ありがたやです。

今日も一日がんばります。

肉体が滅びても

一人の偉大な教師の存在によって、二十年、三十年、否、時には四、五十年の後に、その地方が根本から立ち直って、そこに新たなる民風が起こるというのでなければならぬでしょう。その時、その種子をまき、苗を育てた教育者の肉体は、すでにこの地上にはないでしょう。しかもその精神は、脈々としてその地方の中心人物たちの心の底深く根を下ろして、その地方の改革の根本動力として働くのであります。

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

毎日、一章を読まなければ全体の意味をしっかりとは掴めないとは思います。この教授録は。

章によってはまったく記憶にないものですね~。

私も先生には恵まれたとはいいにくいですが、小学校の低学年と高校の先生は覚えています。

考えてみると本質を教えてくれたということかもしれませんね。

何の為にこれが必要なのか。

これがわからないとモチベーションは上がらないわけです。

自分でなんでも終わるように考えてはいけないですよね。

今日も一日がんばります。


↑このページのトップへ