月別アーカイブ / 2021年12月

真に徹して生きる

人生はしばしば申すように、二度と再び繰り返し得ないものであります。したがってまた死・生の悟りと言っても、結局はこの許された地上の生活を、真に徹して生きることの他ないでしょう。

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

論語に吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず・・・とあります。

この修身教授録は40才代にして教えているのですからこれまたすごいことです。

二宮尊徳と吉田松陰をこよなく愛する面もあり、教育者としての在り方を教えてくれるものであると思います。

若い時に誰に会うか、どんな本に出会うにかで結構違ってくると思います。

たくさんのことにチャレンジしていくことが大切です。

人生二度なしです。

ありがとうございます。

すべては因縁

世の中のことは、すべて因縁でありまして、諸君らがこの学校に入学したということ、また私がこの学校に職を奉じたということ、さたにまた今後一年間を、諸君らと共に過ごすようになったということなど、そのいずれもがすべて因縁であって、深く考えれば、自分の力で得たことは何もないのです。かく考えて来ますと、お互いにこの因縁の持つ無限の意味をよく考えて、深くこれを生かさなければならぬと思うのです。

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

教授の授業は生徒がすべて筆記していったので、このように本が残り有り難い限りですよね。

今の時代は動画や録音もありますので楽になった分なかなか頭に残らないという感じもします。

だれでも本を出せ、動画なども残せる時代です。

そういう時代に自分も合わせていかないといけないのだとなんだか感じた今日の言葉でした。

しかし、道徳だけは変わらないとも感じます。

永遠を思う

人は夜空を仰ぐ時、初めて深く永遠を思うものです。同時に永遠を思うとき、人は翻ってゆかり深き人々を思うものであります。

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

夜空を仰ぐような時間を作っていかなければいけないですね。

画面を見ているか、下ばっかり見ている気もします。

今年のお休みは夜空を眺めてみようと思います。

寒い日がいいですね


↑このページのトップへ