月別アーカイブ / 2020年04月

#おは戦20423am #愛拶0423 #旭川 #朝勉 #朝活 #コーチング #反復練習

スキルは反復練習、アート(直感的技)は一回勝負

どっちも大事ですよね。スキルがあれば安心して一定の質を保てるし、アートは新鮮でインパクトの強い刺激をくれます。ところが、スキルに関しては練習が可能だけど、アートは練習できません。「正しい」という指令ではなく、「直感」を信頼して任せてみることはいつも冒険です。わくわくしますね。その冒険の結果が良かったのがアートで、悪かったのはアートの準備だと思います。

4月23日、コーチング一日一話(今日から始める「気づき」の365項目)の言葉です。

おはようございます。

今日の言葉から何を気づくか

ということ。

反復練習も実際はそう簡単ではありませんね。

同じことを毎日続けることは強い意志が必要。

直感的なことに身を任せてみたいという思いはありますがなかなかチャレンジできない項目でもあります。

そう考えると直感的になにかするということも挑戦したくなってきます。

頭で考えないで行動するというのはなかなか難しいですがこれからもチャレンジします。

今日も一日がんばります
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9465.HEIC

#おは戦20422as #愛拶0422 #旭川 #朝勉 #朝活 #コーチング

周りの人をただでコーチとして使う

知り合いのMさんはしょっちゅう周りの人間、部下、友人、家族、誰にでも自分のアイディアに関する質問を投げかけます。「これどう思う?」そして肯定的反応があると「よし使えるな!」、否定的反応だと「これボツだな」。自身がない時にはやさしめの人をつかまえて、厳しくチェックしたい時はうるさ型を捕まえて、と、うまく相手を選んでいます。周りの人はコーチとして使われたことに気づいていません。

4月22日、コーチング一日一話(今日から始める「気づき」の365項目)の言葉です。

おはようございます。

周りの人をコーチとして使う。

意識したことはあまりありませんが自然とそういうことはしているかもしれません。

しかし、今、気づいてしまったのですが都合のよい人を選んでいる。

これでは問題がありまね。

自分で経営しているとどうしてもイエスマンに行きがちです。

社外の人、苦手な人からの意見が最も大事。

常にコーチングモードを意識して思考を作っていくことが大切かもしれません。

今日も一日がんばります。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9460.HEIC

#おは戦20421ak #愛拶0421 #旭川 #朝勉 #朝活 #コーチング #コミュニケーション

ブレイク

コーチング中の話が錯綜して、軸を見失ったままだらだら続けてしまうことがあります。そういう時はブレイクを取ります。単純に休憩してもいいし、簡単な瞑想をしてもいいし、三分取りますから、ここまで話したことを振り返ってみてください。と言ってもいいでしょう。そして再開した時はたいてい「やっぱり・・・」と、本人が一番重要だと思っていることが口から出てきます。時には「話す」より「黙る」が賢いですね。

4月21日、コーチング一日一話(今日から始める「気づき」の365項目)の言葉です。

おはようございます。

だらだらは経験したことがあります。

ブレイクはとても重要な時間。

自分の考えをはっきりさせることにつながる大事な時間ですね。

質問を考えてもらう。

答えは自分の中にしかありませんね。

今日も一日がんばります。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9454.HEIC

↑このページのトップへ