月別アーカイブ / 2019年02月

人間の弱さの中には、自分が罪を犯す弱さがあると同時に、他人の弱さを裁こうとする弱さもあります。そして私たちは、そういう弱さを持っている自分に、折々でいいから気づくことがたいせつなのです。(愛することは許されること)
愛と励ましの言葉366日、2月26日の渡辺和子先生の言葉です。
愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫) | 渡辺 和子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで渡辺 和子の愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
他人の弱さばかりを見がちな自分に気づく。


大事なことです。


自分も弱いが他人も弱い。


強くありたいと思いますがいつでもというわけにはいきませんね。


あの人何かあったのかなぁとか思いやる気持ちを持ちたいものですね。


今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。


今日の論語はこちらです。
君子は徳を懐う|2月26日のことです。
君子は徳を懐う 子曰わく、君子は徳を懐い、小人は土を懐う。君子は刑を懐い、小人は恵を懐う。(里仁第四) しのた …
11543.info
「論語」一日一言 | 伊與田 覺 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊與田 覺の「論語」一日一言。アマゾンならポイント還元本が多数。伊與田 覺作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「論語」一日一言もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
今日の孟子はこちらです。
歯に如くはなし|2月26日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
歯に如くはなし 郷党は歯に如くはなし。(公孫丑下二章) きょうとうはしにしくはなし。(こうそんちゅうげにしょう) 【訳】 世間では重ねた年齢が最も尊ばれる。 〇松陰は、「孟子」の「三尊(爵位・年齢・道徳)」に関して、当時の長州藩士の風潮を、「爵位の尊さは知っているが、道徳の大切さを知らない。道徳の大切は知っていても、年齢を重ねた老輩・長者の尊さを知らない」と嘆いている。 孟子一日一言、2月26日の言葉です。 年齢を尊ぶこと。 権威よりも、道徳よりも、大事。 実際最近の日本の状態はどうでしょうか。 日本の経済発展を支えた年齢層が上がっていきだんだん高齢となっている。 実際メディアは問題点ばかりをあげているかもしれませんね。 もっと尊重することをしなければなりませんね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ) | 川口雅昭 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで川口雅昭の「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。川口雅昭作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
今日の倫理はこちらです。
逃げるから苦しい|2月26日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
逃げるから苦しい 行き詰っては打ち開け、開けてはまた行きづまる、それが人生の進行の相であり、ここに妙味がある。なにを、自ら求めて苦しんでいるのだろう。 事情の苦しみ、境遇のもだえ、これは自分で苦しむから苦しいのである。心を落ち着けて、その苦しみの中にじっと入りこんでゆく心になれば・・あらふしぎ、苦しみは苦しみでなくなる。 逃げるから、苦しい。逃れようともだえるから、悩むのである。「よし何でも来い」と、進んで喜んで、苦難に立ち向かう。ここに、光明の天地が開ける。 2月26日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)の今日も言葉です。 おー、たしかにそうです。 逃げるな、負けるなと思うのであります。 時間がないということもうまくいかないということも実際逃げたり悩んだりするからいけないんですね。 全部を受けて立つという気概でいれば何も怖くない。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話 | 倫理研究所 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで倫理研究所の丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話。アマゾンならポイント還元本が多数。倫理研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
昨年の自分はこちらです。
人間は弱い🧑 : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
人間の弱さの中には、自分が罪を犯す弱さがあると同時に、他人の弱さを裁こうとする弱さもあります。そして私たちは、そういう弱さを持っている自分に、折々でいいから気づくことがたいせつなのです。(愛することは許されること)愛と励ましの言葉366日、2月26日の渡辺和子
lineblog.me
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5227.HEIC
明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に

心を許す親友がつくれない。信用できる部下が少ない。信頼できる配偶者ではないと嘆く人たちは、裏切られてもいいから、背負い投げをくってもよいから、思い切って相手を信頼したことがあるだろうか。一度、裏切られた後に、もう一度信頼する愚かさを実行したのだろうか。(美しい人に)


なかなかできないことです。


裏切られることはありますが距離がどうしてもあきます。


それでも信頼することをしなければならないんですね。


もう一度やられれば自分が再起不能になるかもしれないことにビクついてしまいます。


愚かさとしたたかさも必要かもしれません。


したたかさがあるとダメなのかな。


今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。


今日の論語はこちらです。
適も無く、莫も無し|2月25日のことです。
適も無く、莫も無し 子曰わく、君子の天下に於けるや、敵も無く、莫も無し。義に之れ與に比う。(里仁第四) しのた …
11543.info
「論語」一日一言 | 伊與田 覺 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊與田 覺の「論語」一日一言。アマゾンならポイント還元本が多数。伊與田 覺作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「論語」一日一言もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
今日の孟子はこちらです。
助け|2月25日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
助け 道を得たる者は助け多く、道を失へる者は助け寡し。(公孫丑下首章) みちをえたるものはたすけおおく、みちをうしなへるものはたすけすくなし。(こうそんいしもしゅしょう) 【訳】 正しい道義の道を行っている者は自然と助けが多く、仁義の道を失った者は助けが少ない。 孟子一日一言、2月25日、今日の言葉です。 とうとうこの日がやってきました。 長かったような一年でした。 孟子、論語まだまだですが孟子も一年やりました。 改めて感じるのはこつこつ継続することの大切さです。 人からの助けによって今の自分はなりたっている。 そのことをしっかり受け止め今日を生きねばなりません。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ) | 川口雅昭 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで川口雅昭の「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。川口雅昭作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
今日の倫理はこちらです。
自信は仕事の推進力|2月25日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
自信は仕事の推進力 自信のないことは失敗する。 練習するということは、その仕事なり、競技なりに慣れて間違いないようにするのが、その形から見たところで、その実は、信念をつけるのである。 きっと出来るぞ、きっとやるぞ、と動かぬ信念が成就させる。 自信はモーターの馬力である、仕事の推進力である。形はまだ出来ていないが、心ではもう出来上がっているのである。 2月25日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)今日の言葉です。 なぜに練習が必要かということでしょうね。 小さなことからこつこつ同じことをやれる子とやれない子がいます。 きっとおもしろくないんでしょうね。 部活動や習い事はその土台となるものを作るものなのでしょうね。 学校からの宿題や家庭学習もそうなんだと思います。 自信になるほど続けるのはちょっと大変ですが習慣なると意外と出来るものです。 今日一日朗らか安らかに喜んで進んで働きます。 明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話 | 倫理研究所 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで倫理研究所の丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話。アマゾンならポイント還元本が多数。倫理研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
昨年の自分はこちらです。
愚かさの実行 : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
心を許す親友がつくれない。信用できる部下が少ない。信頼できる配偶者ではないと嘆く人たちは、裏切られてもいいから、背負い投げをくってもよいから、思い切って相手を信頼したことがあるだろうか。一度、裏切られた後に、もう一度信頼する愚かさを実行したのだろうか。(
lineblog.me
明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5223.HEIC

人間の愛というもの、一定の大きさの器に入った水のように、その一部を汲むと残りが減るといったものではりません。むしろ、泉のように、汲めば汲むほど、澄んだ水が湧き出て、使わなければ涸れてしまう性質をもっています。(美しい人)
愛と励ましの言葉366日、2月24日の渡辺和子先生の言葉です。
愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫) | 渡辺 和子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで渡辺 和子の愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
たくさん使うしかありませんね。


与えて与えまくればさらに湧き出る。


好循環がまっているんですね。


与えることに躊躇しているほど人生は長くもないかもと思うんです。


見返りなども期待しなくていいんです。


溢れ出るし使わなければ涸れてしまう。


そういうのが愛なんでしょうね。


今日の論語はこちらです。

「論語」一日一言 | 伊與田 覺 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊與田 覺の「論語」一日一言。アマゾンならポイント還元本が多数。伊與田 覺作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「論語」一日一言もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp

今日の孟子はこちらです。
人の和|2月24日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
人の和 天の時は地の利を如かず、地の利は人の和に如かず。(公孫丑下首章) 【訳】 (全てのことを行う場合には)天の時は大切だが、地の利(山河や城池の堅固であること)には及ばない。更に、そんな地の利も、人の和(人々の心がよく和合し、団結していること)には及ばない。 孟子一日一言、2月24日の言葉です。 何よりも人が団結してやることにはかなわない。 人間はひとりの力は弱いのですが集団で団結するとどの動物よりも優れている。 それはたしかにと思うところです。 だからこそ人の和を保つために思いやりは必要不可欠なのでしょうね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ) | 川口雅昭 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで川口雅昭の「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。川口雅昭作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
今日の倫理はこちらです。
歌に生きる心|2月24日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
歌に生きる心 歌に生きる心を分解してみると、まず見ることから始まる(聞くことも同様)。 対象をじっと見るのである。そのままに、感情をまじえず、あるがままに、虚心に、平静に。 これを正しくすることにより、次第に心の鏡が澄み、対象の感覚的観察を正しく、すみやかに得て、対象の生命にふれる。 このとき、己れが動き、対象が動き、交流融合、渾然合一して、もはや我もなく、対象もなきに至る。 この合一が歌の境地である。 2月24日の丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話) 物事に本当の集中をしている時にはこういう心境になるのでしょうね。 歌(短歌や俳句)のことは私はあまりわかりませんがそういうことなのでしょう。 仕事も本当の集中が出来ている時は何か考えているという感覚もなくなる。 そういう環境に身を置くことも大切かもしれません。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話 | 倫理研究所 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで倫理研究所の丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話。アマゾンならポイント還元本が多数。倫理研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp
昨年の自分はこちらです。
湧き出るので心配ない : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
人間の愛というもの、一定の大きさの器に入った水のように、その一部を汲むと残りが減るといったものではりません。むしろ、泉のように、汲めば汲むほど、澄んだ水が湧き出て、使わなければ涸れてしまう性質をもっています。(美しい人)愛と励ましの言葉366日、2月24日の渡
lineblog.me
明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5219.HEIC

↑このページのトップへ