月別アーカイブ / 2018年05月

人生の重さは、必ずしも人生の長さと比例せず、その人の過ごす時間の質にかかっている。時間の使い方は、生命の使い方なのだ。とすれば、永遠につながるような時間にすること、換言すれば、時間に愛を込めて生きることがたいせつになる。

愛と励ましの言葉 5月31日の渡辺和子の言葉です。

どう時間を使っていくのかということは非常に重要な問題です。

まずは決めることが大切ですね。

何日までに何をするのか。5W3Hですね。

なぜ(Wey)

いつまでに(When)

何を(What)

誰が(Who)

どこで(Where)

どのように(How)

いくらで(How Much)

どのくらい(How Many)

具体的に決めていくことで時間はとても愛あるものになります。

命を燃やしてがんばるしかありませんね。

経営者は。

今日の論語はこちらです。
危邦には入らず|5月31日のことです。 | 株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋
危邦には入らず 邦道有るに(くにみちあるに)、貧しくて且つ賤しきは恥なり(まずしくてかついやしきははじなり)。・・・
11543.info
今日の孟子はこちらです。
危邦には入らず|5月31日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
危邦には入らず 邦道有るに(くにみちあるに)、貧しくて且つ賤しきは恥なり(まずしくてかついやしきははじなり)。邦道無きに(くにみちなきに)、富み且つ貴きは恥なり(とみかつたっときははじなり)。(泰伯第八) 「国に道が行われているに、貧しくて地位の低いのは恥である。国に道が行われず乱れているのに、豊かで高い地位にあるのも恥である」 5月31日の論語一日一話でした。 "自分が正しいと信じた道を歩みたい"と論語コンプリートにあります。 会社でいうと正しい商売をしているのに儲かってない状態ともいえますね。 また、不正を行って商売をして儲けているような状態はとも感じます。 そうなっていきますと適正な利益をもらってしっかりとお客様のために商売をしなければなりませんね。 日々の学びが大切ですね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
今日の倫理はこちらです。
朗らかになる法|5月31日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
朗らかになる法 まず何よりも、朗らかな声を出す、言ってしまう、表現する。 世の中のユーモアは、笑いは、詩は、歌は、漫画は、音楽は、世を朗らかにするために現れた神の奏楽である。 上を向く。空を仰ぐ。胸をはる。腰をまっすぐにのばす。足を高くあげて大股に歩く。窓を開く。家を明るくする。薄着をする。体を動かす。外に出る。歩く。走ってみる。 ハイキング・登山・海水浴・旅行・休憩・遊び、すべての娯楽、これは地球上を朗らかにするためにあるのであろう。 丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、5月31日の言葉です。 朗らかはとか笑顔とかは意識しないといけませんね。 今日は朗らかに過ごす、笑顔を絶やさない。 私の真顔はとても仏頂面ですので今日は天気も良いし意識したいと思います。 朗らかの連鎖がひろがるといいですね。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
昨年の自分はこちらです。
時間に愛を込めることが大切なことなんですね〜。 : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
人生の重さは、必ずしも人生の長さと比例せず、その人の過ごす時間の質にかかっている。時間の使い方は、生命の使い方なのだ。とすれば、永遠につながるような時間にすること、換言すれば、時間に愛を込めて生きることがたいせつになる。愛と励ましの言葉 5月31日の渡辺和子
lineblog.me
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2112.HEIC

弱い時こそ喜びましょう。神の力は人の弱さの中で働きます。

5月30日、愛と励ましの言葉366日渡部和子先生の本日の言葉です。

自分が強いと思っていても自分がポジティブと思っていてもいつでも同じでいられないですね。

傷つくこともあるし、受け入れできないこともあります。

そんな時にこそ何かが働くことはありますね。

苦労、苦難は人生にはつきものです。

いつも幸せとうこともありません。

いろんな感情があっていいのだと思います。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

今日の論語はこちらです。
危邦には入らず|5月30日のことです。 | 株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋
危邦には入らず 子曰わく(しのたまわく)、篤く信じて学を好み(あつくしんじてがくをこのみ)、死を守りて道を善く・・・
11543.info
今日の孟子はこちらです。
天下を服す|5月30日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
天下を服す 善を以て人を服する者は、未だ能く人を服するものにあらざるなり。善を以て人を養ひて、然る後に能く天下を服す。天下心服せずして王たる者は未だ之れあらざるなり。(離婁下十六章) ぜんをもってひとをふくするものは、いまだよくひとをふくするものにあらざるなり。ぜんをもってひとをやしないて、しかるのちによくてんかをふくす。てんかしんぷくせずしておうたるものはいまだこれあらざるなり。(りろうしもだいじゅうろくしょう) 【訳】 他者を心服させようと下心からよきことを行って真に人を心服させた者は、未だかつて一人もいない。日頃からよきことを行い、他者を教え導き、感化していけば、自然 に天下中の人々を心服させることができる天下中の人々が心服しないのに王となった者は、未だかつて一人もいない。 孟子一日一言、5月30日の言葉です。 日頃のよき行いとはどういうことでしょうか。 世のため人のためにできることというのはなんでしょうか。 会社としてはやはりお客様や働く人のために一生懸命に働くことなんでしょうか。 お客様には誠心誠意に接し、働く人のためには教育環境を整えて学ぶ姿勢をつくる。 まずは自分からですね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
今日の倫理はこちらです。
人は我が心の反映|5月30日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
人は我が心の反映 子の欠点を改めようとすれば、その原因は子にはなく親自身にある。子を気にせず、自分を改めようと努める。 取引の相手に、金払いのよくない商人があるとすれば、これは己の金払いに対する賤しい心の反映であると知って、ただそれをよろこんで己を改める。 この時子は、相手は、指一本ふれず理想の子となり、よき取引先となる。 万象は我が師、人は我が心の反映である。己を改めたときのみ、先方に現われた影が消えうせる。 丸山敏雄一日一話の5月30日の言葉です。 自分を改めなければなりませんね。 まずは自分からすぐに人のせいにしようという自分がいます。 いつも思いますが自分の気持ちを客観視しなければなりません。 一番近い人の言葉は一番傷つきますが一番に受け入れなければなりません。 相手は変わらない自分の感情を変えるしかありません。 そうすれば自然と運もも引き寄せできるかもしれません。 今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。
nmrs.jp
昨年の自分はこちらです。
人は自分の心を反映しています😬 : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
子の欠点を改めようとすれば、その原因は子にはなく親自身にある。子を気にせず、自分を改めようと努める。取引の相手に、金払いのよくない商人があるとすれば、これは己の金払いに対する賤しい心の反映であると知って、ただそれをよろこんで己を改める。この時子は、相手は
lineblog.me
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2096.HEIC

物事は反対から考えてみると納得できることがあるものだ。何か「損した」と思うようなことを、それではもし自分がしなかったらとしたら何を「得したのか」と考えてみることである。

愛と励ましの言葉 5月29日の渡辺和子先生の言葉です。

表があれば裏もあるものですね。

よく考えがよぎるのは時間ですね。

損したと思う時がありますが、本当に損したのかどうか。

やりたいことはありますがほんとうにやっていたのか。

失敗したという時もあります。

名入ればっかりしていますから失敗もありますね。

やり直した時本当に損したのか。

実はよい教訓を得ている場合があります。

何年も前の仕事でも失敗していると覚えているものです。

そんなとき実は得していたんじゃないかと思いますね。

反対も考えてみることが大事ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

今日の論語はこちらです。
三年学びて穀に至らざる|5月29日のことです。 | 株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋
三年学びて穀に至らざる 子曰わく(しのたまわく)、三年学びて穀に至らざるは(さんねんまなびてこくにいたらざるは・・・
11543.info
今日の持孟子はこちらです。
博・詳・約|5月29日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
博・詳・約 博ろく学びて詳らかに之れを説くは、将に以て反って約を説かんとするなり。(離婁下十五章) ひろくまなびてつまびらかにこれをとくは、まさにもってかえってやくをとかんとするなり。(りろうしもじゅうごしょう) 【訳】 博く学んで事細かに説明するのは、(己の博識をひけらかすためではなく)反対に、その本源に立ち返って、要旨をはっきりと説明して、分からせたいためである。 孟子一日一言、5月29日のことです。 一番の学びは何かと考えるとたくさんの人に伝えようと思うことだと感じます。 伝えようと思うとおのずと学ぶことができていくしより博く学びますね。 本(もと)をしっかりと再認識することが大切です。 会社でいえば創業の精神を今一度思うことかもしれません。 日々の仕事(実践)から学び、みんなに伝えていくことも大事ですね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
今日の倫理はこちらです。
ほんとうの働きとは|5月29日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
ほんとうの働きとは 生きているということは、動いているといことである。 動くのは、働くのである。その働きが、運動が、雑であるときは、はたらきと見える。 ああ今日は働いているな、という間は、まだなまけることのほうが多く、まれに仕事をすると、はたらきと見える。 すなわち働きが、次第にほんとうの働きとなり、いよいよ純になって来ると、遊んでいるように見える。自転車になれた人が、よきアスファルトの道を疾走するとき、まるであそびと見える。 5月29日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、の今日の言葉です。 まだまだ働く人ですね。 あそんでいるように見えるまでいけばほんとうの働きで疲れもしないんでしょうね。 生きるは動く、動くは働く、働くがあそびに見える。 最初は合わない動きも続けることで働くになって年々そのみちのプロになりあそびの境地になる。 あきらめてはいけませんね。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
昨年の自分はこちらです。
物事を真逆から考えて見ましょう🙀 : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
物事は反対から考えてみると納得できることがあるものだ。何か「損した」と思うようなことを、それではもし自分がしなかったらとしたら何を「得したのか」と考えてみることである。愛と励ましの言葉 5月29日の渡辺和子さんの言葉です。損したなぁーと思うことことはどんな時
lineblog.me
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2078.HEIC

↑このページのトップへ