月別アーカイブ / 2017年10月

閉ざされて、絶えず自分のまわりに高い塀をめぐらして、入るひとをいちいちチェックして、自分の素顔を見せまいとする、そういう生活は開かれた存在としての人間の在り方ではなく、人間を不自由にし、人間の成長を妨げます。

愛と励ましの言葉366日、10月25日の渡辺和子さんの言葉です。

私も以前はそういうタイプの人間だったかもしれません。しかし訓練によって少しずつ変えられるんだと思います。

毎日毎日なにかを続けてみることやダイエットしてみるとかそんな自分の決め事を守れていくと人間は少しずつポジティブに変化していくものですね。

高い塀をめぐらせていても人間関係から逃れることはできません。

成長するためにも自分にやさしくなるためにも決め事をやることですね~。

とかいいつつ今日の朝はなんにもできませんでしたー。

今日中ということだけを達成しので

それはそれでよしとします。

明日も朝からがんばります。

今日の論語はこちら💁‍♂️💁です。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9695.JPG

毎日というものをただ年をとっただけで過ごしたのではあまりにも悲しいと思います。年をとるとともに、なにかが身についてきている。そして、それがいわゆる垢であってほしくない。人生の経験というものを栄養にしたと思います。

愛と励ましの言葉366日、10月24日の渡辺和子さんの言葉です。

毎日年を取っていきますね。

しかも一日があまりにも早い。

ほんとうに一分一秒を大切にしなければなりませんね。

少しずつでも何かを学び身につけていきたいです。

ところで、旭川も雪が積もりましたが、タイヤ交換もしなければなりませんね。

雪が降ると気が焦りますがそんな季節です。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね💁‍♂️
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9692.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9676.JPG

神の愛とは、苦しみを一切、人間から遠ざけることによって表されるのではないと知らねばなるまい。事故、災難、不幸の多くが、人間の自由の行使の結果として引き起こされていることを思う時、私たちは、無責任にそれらを神に押し付けてはならないのである。

愛と励ましの言葉366日、10月23日の渡辺和子さんの言葉です。

なぜ人はすぐに人のせいにするようになってしまうのでしょうか。

小さい頃かそういう思考の訓練をしてしまうのでしょうね。

それを治すのは結構難しいことのような気もします。

たぶん、瞬時考えてしますことはどうしようもないのですが、それをダメとすぐに戻すことしか自分にはできないとも思います。

客観的に自分を見る訓練を日々しなければなりませんね。

今日も一日がんばります。

旭川も雪が降りそうです。

商店街の除雪機もバケットになり除雪が早くでかきるかもしれませんね〜。

シャッターは難しいですが。

↑このページのトップへ