月別アーカイブ / 2017年10月

一人の人間が人格であるということは、自ら考え、選び、選んだことに責任を持つ存在であるということである。自由のきびしさを経験することなしに、人は人格になり得ないのだ。

愛と励ましの言葉366日、10月28日の渡辺和子さんの言葉です。

自由というのはきびしいものです。

自由を手にすると自己責任が発生します。

考えて考えて自分で選択していかなければなりません。

乗りこえられる障害しか目の前には現れないということがあります。

すべては自分事ととらえて前向きに生きるしかありませんね。

いろいろとうまくいかないことがありますが時間は経過していきます。

今日の論語はこちらです💁💁
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9712.JPG

別人格として個人個人の間には、決して完全な理解、一致はあり得ないという事実を、醒めた目で冷静にうけとめないといけないのだ。それと同時に、温かい心で、自分と異なる相手を優しく受けとめ、許しながら、そして自分もすでに許されているのだと謙虚に呟きながら生きてゆきたいと思う。

愛と励ましの言葉366日、10月27日の渡辺和子さんの言葉です。

そうですね。完全な理解は親子や兄弟だからといっても無理ですね。

そのことは冷静に受けとめなければいけません。

忙しくなってくると、なぜ人は人のせいにして逃げようととするんでしょうね。

いけません。

許しましょう。どんな状態でも。

言葉も重要です。

相手が変わることはありませんね。自分を変えましょう。

素直な気持ちで聞きましょう。

とぶつぶつ言いながら今日も一日過ごしたいと思います。

人間とは勝手な生物ですね~。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね〜

あれもこれも同時に進行して頭パニックですね〜。しかしピカピカの金のシートは高いです。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9699.JPG

前向きの気持ちこそが、私たちの人生の間に遭遇するすべての人、すべての事柄との出会いを、マイナスのものともせず、プラスのものに変えてゆくのでしょう。

愛と励ましの言葉366日、10月26日の渡辺和子さんの言葉です。

13の徳目という朝の朝礼につかう小冊子がありますが、毎日今日はこの徳目を集中して実践しますと朝宣言します。

そのなかに前向きがあります。

「常に前向きな考え方で知恵と創造性を発揮します」とあります。

凡人の私の場合はただなんでも前向きやるばっかりですが、知恵と創造性を出すようにがんばらなければいけません。

昨日は旭川市長との懇談会ということお話を聞きましたが、長く市長をやる秘訣は無難にことをこなすことなのかもしれません。

今日も一日がんばります。

かばの糞を混ぜた紙が日本製紙に売ってると市長さんいってたなぁ。

調べてみよう。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9707.JPG

↑このページのトップへ