月別アーカイブ / 2017年05月

どんなに便利な世の中になっても、すべてが自分の思うままになる人生は決してあり得ないでしょう。失意の自分を励まし、人生を力強く歩むことの出来る人は、幼時に母親の愛情を豊かに受けて、人にも世にも基本的な信頼を置くことを習った人です。

愛と励ましの言葉366日 5月22日の渡辺和子さんの言葉です。

どんなにお金があろうと、どんなに権威があろうと思うままというのはないでしょうね。

どんな状態の時でも人というのは何かを求めているものです。

力強く人生を歩むためには学びが必要なのですね~。

月曜日の朝もいいものですね。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね〜。


今日は、町内の資源回収でした〜。 紙の値段が下がってるとか。 #旭川 #あさひかわ #資源回收 #lineブログ #町内会

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

自分の姿を見つめることを恐れてはならない。いやむしろ愛してゆかねばならないのだ。気に入ろうと気に入るまいと、自分の姿である限り、否定してはならない。自分をいとおしむことのできる人は、「自分」というかけがえのない友を得た人ということができる。

愛と励ましの言葉366日 5月21日の渡辺和子さんの言葉です。

自分のことを好きになれないと人のことを思いやることが出来ないといいます。

常日頃、私なんてとか人のせいばかりにしているとそれが癖になる。

この癖は、顕在意識では修正しようとがんばりますが潜在意識の深いところまで及んでいます。

しかし、人はいつでも変わることもできます。

それはやっぱり苦労したり逆境に立たされないとなかなか難しいですね~。

でも、日々勉強することによって思考の癖は少しずつ修正できるかもしれません。

今日から論語はページを移動しようかなと思っていますがどうでしょうね。

LINEブログは毎日更新できていますが、他のは全然出来ていないので論語などを移動してみようかなと思っています。

ほんとに毎日更新することが一番大切ですね。

株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋
株式会社クボタ贈商は北海道旭川市でカレンダーやタオルを中心に名入れやプリントを主にしている贈答品屋さんです
11543.info

たいしたことない人間はとにかく一つでも多く毎日できることを増やすしかありません。

それがいずれ力になるときが来ると信じて少しずつです。

今日も一日頑張ります。

新しいものを見なければ心が動かない人じゃなくて、なんでもないものにも心がゆさぶられる人でいてください。

愛と励ましの言葉366日 渡辺和子さんの5月20日の言葉です。

昨日の論語を学ぶ会(実践論語勉強会)は子路第十三の一節でした。

速やかならんと欲すること母(な)かれ。速やかならんと欲すれば則(すなわ)ちに達せず。小利を見れば則(すなわ)ち大事ならず。

速やかに成果を挙げようと思うな。目先の利にとらわれないようにしなさい。
無理に早くしようと思えば、目標には達成できない。目先の利にとらわれると大きなことは完成しない。

論語から政治の話になったりと面白いですね。

普段の会話の中にすっと論語の言葉がおりてくるようになったりするとかっこいいなあと単純に思います。

勉強にはやはり先生が必要ですね~。また、少人数でのディスカッションは勉強になります。

歴史背景なども考えながら論語を学ぶのも楽しいそうですね。

今日の愛と励ましの言葉の「なんでもないことににも心がゆさぶられる人」。

普段の生活や人との会話のなかでも十分に学ぶことはあります。

学ぶというような意識をもっていれば心がゆさぶられることが増える気がしますね~。

今日の論語はこちらでした~。

曾子言いて曰わく(そうしいいていわく)鳥の将に死なんとするとき(とりのまさにしなんとするとき)、其の鳴くや哀し(そのなくやかなし)。人の将に死なんとするとき(ひとのまさにしなんとするとき)、其の言うや善し(そのゆうやよし)。(泰伯第八)

曾先生が言われてた。
「鳥が死ぬ前には、哀しげな声で鳴く。人が死ぬ前には、その言葉は善いと申します。(私の最後の言葉をよくお聞きください)」

今日も一日頑張ります

↑このページのトップへ