月別アーカイブ / 2017年05月

ぶつかりやすい相手との間には、ある程度、距離を置くのも一策である。車でも車間距離を取るように、適度な人間距離が、ぶつかり合いを防いでくれる時がある。それを、"賢さ"というのかもしれない。

愛と励ましの言葉366日 5月28日の渡辺和子さんの言葉です。

どうしても馬が合わないような気がする人がいます。

それではいかんと思って一歩ふみだしてみたりもします。

しかし、またなんだか傷つくことがある。

そんな人とはやはり多少距離をとることが必要ですね。

私の場合はその距離の取り方へたくそです。

自分の人生ですからいやなものはいやと言ったりちゃんとしないと自分を傷つけますね。

重々承知しております。

運動会の開催の連絡も来ましたた。

人間距離も大切ですが運動会はとっても寒そうです。

挨拶も考えなきゃいけませんね〜(^^)

今日も一日頑張ります。

晴れの国からのどんより空か。


今日の運動会はあったかいカッコしないとヤバそうですね〜。 お弁当まで天気が持つんだか😅 #運動会 #lineブログ #あさひかわ #旭川

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

運命にただもてあそばれるだけの、操り人形のような自分人生であってほしくない、すべてのことは、それなりの意味があると信じて、一つひとつのことを受けとめてゆきたい。

愛と励ましの言葉366日 渡辺和子さんの5月27日の言葉です。

すべてのことには意味がある。

このことは肝に命じる必要があると思いますね。

何かひとつ取っても意味を感じるというのは大切ですね。

自分に降りかかる困難や障害は自分以外の人には解決できませんから。

一つひとつに意味を感じるというか考えるというかしっかりと受け止める必要があんですね。

明日の運動会の行方が心配ですね〜。

やる事たまってますねー。

今から帰って頑張ります。

今日の論語はこちらですね〜💁


岡山城🏯でした。 #岡山城 #lineブログ

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

有無を言わず命令に従わせるところに自由はない。自ら判断して選ぶ余地がないからである。しかしながら、何の制約もないところにも、「選び、または、捨てる力」としての自由は育たない。

愛と励ましの言葉366日 5月26日の渡辺和子さんの言葉です。

生きている以上はなんらかの制約は必ずありますよね。

すべては自分の選択です。

ものを捨てるなどの捨てるはですが、頼まれごとを捨てることができません。

しかし、全部を自分が解決出来るわけではないのでしっかりと断ることも必要ですね〜。

選択を意識して今日も一日頑張ります。

今日の論語はこちらですね〜。


歩くといいこともあるよね〜。 #岡山 #lineブログ

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on


↑このページのトップへ