月別アーカイブ / 2017年05月

人生の重さは、必ずしも人生の長さと比例せず、その人の過ごす時間の質にかかっている。時間の使い方は、生命の使い方なのだ。とすれば、永遠につながるような時間にすること、換言すれば、時間に愛を込めて生きることがたいせつになる。

愛と励ましの言葉 5月31日の渡辺和子の言葉です。

今、この時間を生きることに集中していくことが、いかに大切かと考えてしまいます。

この5月ということを考えても時間を本当に有効に使ったのでしょうか。

時間というものだけはどうやっても取り返しがつないので過去に囚われてばかりは居られませんね。

家族に時間をしっかりと使いたいなぁと感じました。

今日で5月も終わりです。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらですね〜💁


27度って。 暑いしょや😵 #旭川#あさひかわ #lineブログ

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

子の欠点を改めようとすれば、その原因は子にはなく親自身にある。子を気にせず、自分を改めようと努める。
取引の相手に、金払いのよくない商人があるとすれば、これは己の金払いに対する賤しい心の反映であると知って、ただそれをよろこんで己を改める。
この時子は、相手は、指一本ふれず理想の子となり、よき取引先となる。
万象は我が師、人は我が心の反映である。己を改めたときのみ、先方に現われた影が消えうせる。

丸山敏雄一日一話の5月30日の言葉です。

万象は我が師。

そうなんですよね~。

そう思っていてもなかなか難しいものです。

バランスも重要なんですよね~。極度に「万象は我が師」を実践するとちょっと奥さんにはうざがられます。

自分の心の問題と家族の生活の問題は非常に複雑ですね。

自分だけが学び実践していこうとしても世の中は自分一人ではないですからいろいろなことを言われます。

正しい道を実践していくための試練なのでしょうか。

せっかく勉強したのでメモだけでもしておこうっと。

千日の稽古を持って鍛となし、万日の稽古を持って錬となす。

空をみ道とし、道を空とみる。

一生の間、欲心を思わず。

一理に達すれば万法に通ず。

身を浅く思ひ、世を深く思ふ。

心、常に、道を離れず。

武士は己を知る者のために死す。

道において死いとわず思う。

初めの少しのゆがみが、あとには大きくゆがむものである。

我、事において後悔せず。

宮本武蔵の言葉ですね~。

いっぺんには覚えられないので少しずつ覚える努力をします。

今日の論語はこちらですねこちらです💁


なかなかのテーマですね〜(^^)。 #lineブログ #旭川 #あさひかわ #論語

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on



物事は反対から考えてみると納得できることがあるものだ。何か「損した」と思うようなことを、それではもし自分がしなかったらとしたら何を「得したのか」と考えてみることである。

愛と励ましの言葉 5月29日の渡辺和子さんの言葉です。

損したなぁーと思うことことはどんな時でしょうか。

たとえば、昨日の運動会は「得したなぁー」と感じました。

前日に大雨で中止が確定だと思いましたので、無事に運動会ができてよかったです。

逆の場合がありますね。

前日が晴天で当日が雨の場合は「損したなぁー」と感じると思うんです。

どっちの場合でも逆の場面を思うことは相手の立場に立つことの養成ですね。

それを繰り返して「思いやり」を養うんですね。

今日も一日、がんばりまーす。

今日の論語はこちらですね〜💁‍♂️


↑このページのトップへ