月別アーカイブ / 2017年04月

今こそ、隣人愛が、以前にもまして必要となっているのだ。それは、「生きていてもいいですよ」「あなたは、たいせつな人なのですよ」というメッセージを伝える愛である。

愛と励ましの言葉366日 4月30日の渡辺和子さんの言葉です。

人はそれぞれ大切な人です。

以前にも増してというのはそれだけ人に対して無頓着になっているんでしょう。

私にはよくわかりませんが、ニュースなどを見ているとそれこそ「隣人愛」の少なさが痛ましいことになっているように感じますね。

今日の論語はこちらでしたー。

子曰く(しのたまわく)、疏食を喰い水を飲み(そしをくらいみずをのみ)、肘を曲げて之を枕とす(ひじをまげこれをまくらとす)。楽しみも亦其の中に在り(たのしみもまたそのなかにあり)。不義にして富み且つ貴きは(ふぎにしてとみたっときは)、我に於て浮雲を如し(われにおいてふうんのごとし)。(述而第七)

先師が言われた。
「粗末な食べ物を食べ、冷水を飲み、肘を曲げて枕にして寝ているような貧乏生活の中にも楽しみはあるものだ。不義を行って財産を得ても、自分に置いては、浮雲のようなものだ」

悪銭、身につかずですね。

どんな生活の中にも楽しみがあるものです。正しいと思う生活をすることが大切なんでしょう。



コーチャンフォーに行って、論語コンプリート(野中寝太郎 誠文社)を買って解読中です。

伊與田覺先生の「論語」一日一話(致知出版社)は理解出来ないことがあるので。

そういえば、現代訳仮名論語(論語普及会)の中の言葉が一日一話になっていました。

子曰く、吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知り、六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず。

孔子様ですら40歳で物の道理、生き方に迷うことが無くなったということですから。

まだまだ理解するのは先のことですね~。

40歳頃までに生き方の迷いを去りたい。

まだまだ先かもしれません。

今日も一日頑張ります。






論語は日本では宗教ではない気がしますが、中国では宗教なのでしょうか?儒教

また、調べる必要がありそうです。

紀元前の前からこのようなことを考えている人がいるとしたら聖書よりもずっと前。

今の所、論語には神様、仏様はいないような感じがします。


なつかしい噴水。 #あさひかわ #lineブログ #lineblog #旭川 #噴水

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

手ごたえのある人生、それは、苦しみを伴う人生でしかありません。苦しみを恐れるよりも、その苦しみをふさわしく受けとめ得ないことを恐れて生きていきたいと思います。

愛と励ましの言葉366日 4月29日の渡辺和子さんの言葉です。

いろいろ大変なこともあります。しかし苦しいことや辛いことがなくなることはありません。

手ごたえのある生活を送りたいですね~。

一日の行動の予定を立てて、それをひとつひとつこなし切るということですら、苦しみを伴うこともあります。しかし、達成したときの喜びをまた格別なものです。

一つの事柄からも学び、苦しみ、いろいろ感じるのは大切なことですね〜

今日の論語はこちらでした。

子の慎む所は、斉、戦、疾(しのつつしむところは、さい、せん、しつ)(述而第七)

先師が慎んだ上にも慎まれたのは、潔斎と戦争と病気であった。

潔斎という言葉自体をまず知りませんでした。。(法会・写経・神事などの前に、酒肉の飲食その他の行為を慎み、沐浴(もくよく)などして心身を清めること。物忌み。「潔斎して祭事に臨む」)

慎む。あやまちがないように気をつける。

常識の中で慎むことは慎まなければなりません。

常識とはどのようなものか

「智(知恵)、情(情愛)、意(意志)」の三つがバランスを保って、均等の成長したものが完全な常識であろう。

ごく一般的な人情に通じて、世間の考え方を理解し、物事をうまく処理できる能力が、常識に他ならない。

強い意志のうえに、聡明な知恵を持ち、これを情愛で調節する。さらに三つをバランスよく配合して、大きく成長させていってこそ、初めて完全な常識となる。

渋沢栄一の論語と算盤の中にあります。

常識のある大人になりたいですね~。

今日も一日がんばります。

なかなか上手くいかない時もありますね〜〜(^^) #lineblog #lineブログ #旭川 #あさひかわ #名入ればっかりする贈答品屋さん #オリジナルマグカップ

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

昨日の私は、今日の私をまだ見てなかったし、今日の私は、明日の私がどうなるかまだ知りません。

愛と励ましの言葉366日 4月28日の渡辺和子さんの言葉です。

現在を精一杯頑張るしかないですね。

明日の私がどうなるかはわかりませんが、今日の私が精一杯がんばらないと明日の私はがっかりするでしょう。

そうならないためにも今日の私は精一杯、今の時間を大切に過ごすことが必要ですね。

といつも考えていますが、なかなか難しいですね~。

今日も一日がんばります。

今日の論語はこちらでした。

子路曰く(しろいわく)、子三軍を行らば(しさんぐんをやらば)、則ち誰と與にせん(すなわちだれとともにせん)、子曰わく(しのたまわく)、暴虎馮河(ばっこひょうが)、死して悔いなき者は(ししてくいなきものは)、吾與 にせざるなり(われともにせざるなり)。必ずや事に臨みて懼れ(かならずやことにのぞみておそれ)謀を好みて成さん者なり(はかりごとをこのみてなさんものなり)(述而第七)

子路は先師に尋ねた。
「もし全軍を動かして戦うときは、先生は誰と共になさいますか」
先師が答えられた。
「虎を手打ちにして、大河を徒歩で渡り、死んでも悔いないような無謀な者と私は一緒にしない。誰かと一緒と言うなら、戦に臨んで恐れるくらいに計画を綿密にしてやり遂げようとする者とだなあ」

う~ん難しいですね。論語のコメントは。

目処がついてよかった〜。 #lineブログ #lineblog #旭川 #あさひかわ #名入ればっかりする贈答品屋さん

A post shared by 窪田幸雄@名入れ印刷ばっかりしてる贈答品屋さん (@sachio_kubota) on

↑このページのトップへ