月別アーカイブ / 2017年03月

美しさは、そして飽きることのない魅力は、あからさまにな露出の中にはない。人間の美しさは、やはり人間的な「磨き」の中からしか生まれて来ないのだ。

愛と励ましの言葉366日 3月31日に渡辺和子さんの言葉です。

人間を磨く。心を磨く。

いっぺんに磨くことは出来ないし、いっぺんに磨いてもまた汚れるので毎日少しづつでも磨くことが重要ですね。

そういう意味では朝の時間はとても重要で頭は冴えています。

朝が一番ですね~。

夜のダラダラな1時間は朝の10分にも劣ると感じることもありますね。

困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。

鍵山秀三郎さんの本のなかに

「大切なことに近道はない」とありました。

下降の川は広くて渡れないが上流にいけば川幅は狭くなるので確実100%渡れる。

橋を架けることや船を探すことに時間ををかけるよりも、自分でもできることに具体的に動くことが重要。

毎日のちょっとの努力がのちのち大きなものになるということですね~。

今日も1日がんばります。

昨日は、水野染工場で勉強させて頂きました。ありがとうございます😀

どのような自分であろうとも、「これが自分なのだ」と認めて、自分と"すなお"にで出会う時、人は自由にになります。

愛と励ましの言葉366日 3月30日の渡辺和子さんの言葉です。

自分を責めることを繰り返すことで出来ない自分が出来上がります。

小さなことでも一つづつ真面目に取り組んで続けることを達成することが重要ですね。

困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある(鍵山秀三郎さん)の中に

勇気がいるのは最初だけというのがあります。

たとえば落ちているゴミを拾うこと。困った人を助けること。

最初だけ勇気を振り絞れば案外人は見ていない。それからは自然体で始められる。とありました。

善いことをはじめるときの勇気は、最初だけあれば十分。

しかし、悪いことを始めるときは同じ勇気でも最初から最後まで付きまとう。

「善いこと」「悪いこと」始めるときに使う勇気の違いです。

悪いことに使う勇気ほどばからしいものはありませんね。

義は人の道なり。

義を見てせざるは勇なきなり。

正義の道を貫き勇気をもって行動したいですね。

今日も一日がんばりまーす。


自分でさえ時々わからなくなってしまう「自身」を、自分以外の人にすっかり理解してもらうと思うことがまず間違いであり、相手を理解しつくせると思うことは、大それた思い上がりである。

愛と励ましの言葉366日 3月29日の渡辺和子さんの言葉です。

時々どころか実のところ全然わかっていないんじゃないかと感じることもあります。

なぜ、意識していなと思考は悪い方に行くのでしょうか?幼児期に形成される潜在意識とは、いかに強いものなのでしょう。

時間がないと感じながらも今すべきことではないことに時間を使うことがあります。

毎日、難しいですね。

自分が理解していない自分なのですが、以外と他人から見ると人が変わっていく姿がわかるようです。

今日も一日がんばります

「継続は力なり」と言われますが、無理は長続きしません。「鬼の上司」は、短期的に業績を向上出来ても、どこかで息切れしてしまいます。
Succeedとい英語の動詞には「成功する」という意味の他に、「継承する、継続する」という意味があります。つまり、長く続ける方法というのは、理にかなった、正攻法のアプローチなのではないでしょうか?その意味でコーチングはマネジメントの王道とえるでしょう。

コーチング一日一話 今日から始める「気づき」の365項目の3月29日に書いてありました。

理にかなった正攻法という言葉がなんか好きでした。

ブログはセルフコーチングに役にたっているかもしれませんね。

LINEブログの見た目が変わってますので達人のサイトで変更点は確認して下さいね

↑このページのトップへ