疲れて帰ってきても「お帰りなさい」という温かい言葉がかけてもらえない時、それが言えない相手の立場にたって「ただいま」と言うのは勇気が要ります。でも、このような小さな勇気の積み重ねのみが、いつか自分の周囲に愛と平和を生むのです。

愛と励ましの言葉366日 渡辺和子さんの3月23日の言葉です。

愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
www.amazon.co.jp

そんな時イラっとしないで何かあったのかなぁと考えてあげる。

大事なことです。

人それぞれに毎日いろいろなことが起こります。

自分が少し考え方を変えるだけで愛と平和が生まれる。

プラス思考で相手を敬いたいものです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

今日の論語はこちらです。

君子の道四有り|3月23日のことです。
君子の道四有り 子、子産を謂う。君子の道四有り。其の己の行うや恭、其の上に事うるや敬、其の民を養うや恵、其の民 …
11543.info
「論語」一日一言
「論語」一日一言
www.amazon.co.jp

今日の孟子はこちらです。
天下の為めに人を得る|3月23日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
天下の為めに人を得る 人に分つに財を以てする、之れを恵と謂ふ。(中略)天下の為に人を得る者は、之れを仁と謂ふ。是の故に天下を以て人を与ふるは易く、天下の為めに人を得るは難し。(滕文公上第四章) ひとにわかつにざいをもってする、これをけいという。(ちゅうりゃく)てんかのためにひとをうるものは、これをじんという。このゆえにてんかをもってひとにあたうるはやすく、てんかのためにひとをうるはかたし。(とうぶんこうかみよんしょう) 【訳】 人に財物を与えることを恵という。(中略)天下のために立派な人材を得ることを仁とう(この世の中で一番むずかしいのは仁である)。よって、天下を他者に譲り与えることは(最大の恵であるが、堯や舜にとっては)いとも簡単なことであり、天下のために立派な人物を得る仁こそ、最も困難なことだったのである。 孟子一日一言、3月23日の言葉です。 物を与えるということは決めれば出来ること。 通常の人には難しいことかもしれませんが。 人というのはもっとも難しい。それは仕事でもそうです。 人材の育成はいかに難しいのか。 自分の子供にすらなかなか伝わらないの他人に物事を伝えることはいかに難しいか。 しかし、それを伝える努力を怠ってはいけなんでしょうね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
www.amazon.co.jp

今日の倫理はこちらです。

生命の糸 |3月23日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
生命の糸 春風をはらんで、青空高く、いくつかのタコがあがっている。タコは風のまにまに上がったり下がったりおよぎまわっている。しかし、いつも一本の糸によって持ち主の手につかまれている。 人もまたこのように、造物主によって、グイとつかまれているものがある。それは生命の糸(根元)である。 この糸は、目にみえない。しかし、脈うっておる、大宇宙と同じリズムで。これをいき(息)という。これが造物主(大宇宙)より、人間につらなる生命の根であり、連絡の糸である。 丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)3月23日の言葉です。 呼吸というのはとっても大事です。 しかし、なんとあたりまえなことか。 息をしていない、心臓が動いていない。 あまり想像できないくらいです。 連絡がきれないようにするためにはどうするべきか。 規則正しく自然に法則にしたがうのがいいんでしょうね。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
www.amazon.co.jp

昨年の自分はこちらです。
相手の立場に : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
疲れて帰ってきても「お帰りなさい」という温かい言葉がかけてもらえない時、それが言えない相手の立場にたって「ただいま」と言うのは勇気が要ります。でも、このような小さな勇気の積み重ねのみが、いつか自分の周囲に愛と平和を生むのです。愛と励ましの言葉366日 渡辺和
lineblog.me

明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5450.HEIC

私たちは自分の欲求がほんとうに必要なものなのか、または他人と比較した結果として、不必要に生じたものなのかを見極めることを忘れてはならない。

愛と励ましの言葉366日 渡辺和子先生の3月22日の言葉です。

愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
www.amazon.co.jp

自分の欲求が本当に必要か。

たしかに考えるべきことです。

必要以上にお酒を飲んだり、ご飯を食べたり。

よくあります。

大盛といってみたくなるときが。

それがいけないんでしょうね。

栄養は十分たりてますよ(笑)

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

今日の論語はこちらです。

何を以て之を文と謂う|3月22日のことです。
何を以て之を文と謂う 子貢曰わく、孔文子は何を以て之を文と謂うや、子路曰わく、敏にして学を好み、下問を恥じず、 …
11543.info
「論語」一日一言
「論語」一日一言
www.amazon.co.jp


今日の孟子はこちらです。

教ふるに人倫を以て|3月22日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
教ふるに人倫を以て 人の道あるや、飽食暖衣、逸居して教なければ、則ち禽獣に近し。聖人之れを憂ふるあり、契をして司徒たらしめる教ふるに人倫を以てして、父子親あり、君臣義あり、夫婦別あり、長幼序あり、朋友信あり。(滕文公上第四章) 【訳】 人は衣食が足り、怠けて教育を受けないと、全く鳥や獣のようになってします。聖人はこれを心配して、(舜の家臣)契を教育担当の役人とし、人々に人の道を教えさせた。(こうして)父子には親愛、君臣には礼儀、夫婦には区別、長幼には順序、親友の間には信義があるというようになった。(とうぶんこうかみだいよんしょう) 孟子一日一言、3月22日の言葉です。 鳥や獣のようになる。 このことはきっと自分の欲望だけに生きるようになるということなんでしょうね。 その欲に負けないようにならなければ人間生活は送れませんね。 世界中の人が自分のことしか考えなかったらきっと絶滅してるでしょう。 親を思い、先祖を思い、家族を思い、友人を思うからこそ世界はきっと成り立ってるんでしょうね。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
www.amazon.co.jp

今日の倫理はこちらです。

生命の糸|3月22日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
生命の糸 家庭の不和も、事業の失敗も、時にふりかかる不時の災難も、一つとして、心のあやまり、生活不自然さを教える危険信号、そのまま幸福の門でないものはない。 人は本来、雑念を去り生活を自然にもどせば、自然と同じリズムに乗って(大自然と調子がそろって)、宇宙の本体といき(呼吸)が通い、少しもとらわれた私心がないので、いちいち苦難の意義が、出あった一瞬さっとわかる。 自然に住む動物は、皆こうした能力をもっている。 丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)3月22日の言葉です。 このところの問題点はきっと何かの不自然さが表れているのでしょうね。 雑念たっぷりかもしれません。 それを修正していくしかありませんね。 将来に残していけるようにがんばります。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
www.amazon.co.jp

昨年の自分はこちらです。
欲しがる気持ちにちょっと待った : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
私たちは自分の欲求がほんとうに必要なものなのか、または他人と比較した結果として、不必要に生じたものなのかを見極めることを忘れてはならない。愛と励ましの言葉366日 渡辺和子先生の3月22日の言葉です。そうですね。自分の欲求については考える必要があります。なぜ必
lineblog.me

明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5449.HEIC

教育者は「忘れられて喜べる人」でなければならない。教え子が自分をこえて成長し、教師を忘れるまでに新しい人生にうちこんでいる姿を心から喜び、祝福する心こそは教育者の心であろう。(美しい人に)

愛と励ましの言葉366日、3月21日の渡辺和子先生の言葉です。

愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
愛と励ましの言葉366日 (PHP文庫)
www.amazon.co.jp

なんとかお役目を果たした卒業式でした。

学校の先生は毎年こういう行事を行うのですからすごいなぁと思います。

子供たちの晴れの姿を見て感動できる。

そして私は涙腺が弱くなっているかもしれませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

今日の論語はこちらです。

唯聞く有らんことを怒る|3月21日のことです。
唯聞く有らんことを怒る 子路、聞くこと有りて、未だ之を行うこと能わざれば、唯聞く有らんことを怒る。(公冶長第五 …
11543.info
「論語」一日一言
「論語」一日一言
www.amazon.co.jp

今日の孟子はこちらです。
門を過ぐるも而も入らず|3月21日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
門を過ぐるも而も入らず 禹、外に八年、三たび其の門を過ぐるも而も入らず。(滕文公上第四章) う、そとにはちねん、みたびそのもんをすぐるもしかもはいらず。(とうぶんこうかみだいよんしょう) 【訳】 禹は(治水に取り組み)我が家を後にして八年、東奔西走した。その間、三回ほど我が家の前を通ったが、一度も立ち寄らなかった。 3月21日、孟子一日一言です。 これほどまでの信念が必要だということなんでしょうね。 家に寄るとどうしても気持ちが折れるほどの大事業だったんでしょうね。 たくさんの人が死んだり怪我をしたりしたんでしょうね 自分だけがという気持ちもあったかもしれませんね。 後世に残るほどの大事業は辛い事もあるんだと思います。 今日も一日がんばります。
nmrs.jp
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
「孟子」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
www.amazon.co.jp

今日の倫理はこちらです。

生命の不滅|3月21日のことです。 | 株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
生命の不滅 生命の不滅というのことは、種において、族によって、祖孫を通じてはじめて不滅であって、祖先なき子孫はなく、子孫なくして生命の不滅なる理由がない。 宇宙の大生命は、不断の創造である、自在の生成である。何の不自由もない。 我らが祖先を思い祖先を祭るは、精神の世界に、親を蘇生させ亡き子を迎え来るのである。すなわち、我が心に死者が生きかえるのある。 丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)3月21日の言葉です。 先祖を想う。 そんな時間も時には必要です。 親がいて先祖がいて自分がいる。 そういう連鎖が続いているなかの自分。 自分一人で生まれてきたわけじゃない。 今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。
nmrs.jp
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
丸山敏雄一日一話―幸せになるための366話
www.amazon.co.jp

昨年の自分はこちらです。
流れる水に文字を書く : 窪田 幸雄@名入れ印刷ばっかりする贈答品屋さん
教育者は「忘れられて喜べる人」でなければならない。教え子が自分をこえて成長し、教師を忘れるまでに新しい人生にうちこんでいる姿を心から喜び、祝福する心こそは教育者の心であろう。(美しい人に)愛と励ましの言葉366日、3月21日の渡辺和子先生の言葉です。逆もまたあ
lineblog.me

明るい笑顔の「ありがとう」の架け橋に
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5422.HEIC

↑このページのトップへ