やり通すか否か

大体物事というものは、七割か七割五分辺りまでいくと、辛くなるものです。富士登山といえば、胸突き八丁です。そこをしゃにむにやり通すか否かによって、人間の別が生じるんです。ですからたとえフラフラになっても、ぶっ倒れるまでやり抜くんです。そしてこのような頑張りことそ、最後の勝敗を決するんです。【386】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

やり通すにはまずやることをしっかり決めないといけません。

そこに大きな問題があるような気がします。

願望、夢、志の違いというものをTiktokでみました。

願望は根がない。

夢は根がある。

夢は下に下に根を張ることによって上に伸びる。

なるほど深いじゃないですか。

そして夢は自分事で志は国家、社会のことといっておりました。

使ってはいけない言葉がこの志と大和魂だそうです。

日本人は日本人らしさをうまく利用しないといけないと感じます。

徹底せよ

とにかく人間は徹底しなければ駄目です。もし徹底することができなければ、普通の人間です。【387】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

この章は質問という部分ですが、寝る間も惜しんで没頭できる人とうのは凄いと思いますね。

寝ないで議論をかわす経験というのはなかなかないのですが実際味わうと深いものがあるのは確かなことです。

どうにも、だんだんと文面が教授のようになっていうるような気がしますがそれもまたよしですね(笑)

今回は野口英世の伝記の話でしたので言われるがまま読むということが必要なのでしょう。

まったくもって今日読む感想と明日読む感想が違うように日々変化するものです。

となると人の感じ方はまったく違うのは当然で現在の旭川市は-13℃ですが私にしてみれば大したことでもない。

しかし、他の人にしてみれば違うというように様々ですよ。

それを知っていなければいけませんよね。

みんな違うのですよ。


すべてためになる

現在の自分にとって、一見いかにためにならないように見える事柄が起こっても、それは必ずや神が私にとって、それを絶対に必要と思し召されるが故に、かくは与え給うたのであると信ずるのであります【434】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

最善観、オプティミズムという部分ですが、いいことも、悪いことももあるということで理解しました。

人生のとか地球とか大きな部分は最善に出来ているということですね。

今苦しくてもずっと苦しいわけではない。

必ずやよいこともあるということであまり悲観的ならずに今の仕事をしっかりとやるしかないのでしょうね。

なるほど

そうなるとちょっと1月の働きは悪い自分だと感じています。


↑このページのトップへ