月別アーカイブ / 2008年09月

ロンドンに着いた日の夜、
愛犬みーちゃんが、
ベッドに潜り込んできた。

…目が覚めた。

ここはロンドン!!!
ありえない~がーん
朝、実家にTELした
母は言う、みーちゃんは元気だと…


おかしい~、おかしい~、
絶対、何かあったはず…第六感!?
本能!?
みーちゃんが、最期に
私に、会いに来たんだと思った・・・



数ヶ月後、アメリカの大学に留学していた
いとこ(Uちゃん)が
1ヶ月の滞在予定で遊びに来た💕



Uちゃんが来て一週間目の事だった…
市内観光をして
楽しく帰宅した二人に待っていたのは、
日本からのTELだった。


ベルの音は、Flatの外からも、聞こえていた。
ルームメイトは帰って
(この頃友達と、Flat Shareしていた)
来てないのかと思った。


つづく

ピカデリーの隣
Green Parkにある
In〇〇natio〇〇〇 ho〇〇 が
最初の語学学校だった。

日本人が多いなか
幸い(?)クラスには
日本人はいなかった。
(いやでも、
オールイングリッシュ漬けになる
チャンスw)


自己紹介をした。
年を言ったらみんなが驚いたショック!
日本人って本当、若く見えるんだね💦
Barに行っても、必ずパスポートで
年を確認出来ないと
お酒出してくれないし・・・がーん。

クラスにオーストリアから来た
自称an Actor「Nobdy know!」がいた。
話す英語は拙いし、
外見も子供だし、
「like a Child」と言って
私の真似をするようになった。
トホホだった・・・


ある日のLessonで泣いてしまったしょぼん
あのオーストリア人とペアを組んだ。
彼の名前はピーターと言った。
またしても名前の呼び方が、
子供っぽいと言って真似をする。
今思えば、クラスに一人はいる、
ただのいじめっ子タイプだったのにねぇ~


先生が慰めてくれた。
しかも、日本語で!
「えっ、日本語話せるのアップ
先生は日本に住んでたことがあるんだって!
日本や日本人の事をよく理解していて
ロンドンに来て、初めて癒された~


先生はそれから日本語を
話すことはなかったけど
英語を勉強する事が楽しくなった!
先生ありがとうニコニコ

次の日、三人でピカデリーへ出掛けた。
初めて、ロンドンの地下鉄(Tube)に乗った。
エスカレーターが木で出来ていて
深く 深く、地下に潜って行った


映画館で、初めて全席指定を経験した
大きなポップコーンとコーク
(今じゃ、日本でも当たり前なんだけどね)
…とっても、感動した!


映画が始まった。
「Understandアップ
「No~ショック!

そして、猛勉強の日々が始まった…

↑このページのトップへ