こうしてブログやSNSで綴っても
何の影響力も無い自分の発信が
いつまで経っても広がりを見せない事から限界を感じる事も多いし、

前回載せた内容と別途載せた
自身の高IQ高EQギフテッド特性の
可能性などを踏まえると、

自分と同じように深い考えを持つ者が
そこまで多くない事に気づくだけでなく
他者の至らなさについても痛感するので、

そういう人達へのメッセージとしても

敢えて特殊な死に方をする事で
マスコミなどが注目する事を計算して

多くの人が自分が書き残した
重要なメッセージに
目を向けて貰う事を考えつつあるのだが

少なくとも自分は自分の幸福と
命よりも
人としての責任を重んじるので

自分が関わったフォロワーなどが
愚かな陰謀論を信じるあまり
方向性を間違えるだけでなく、

悪影響を拡散し続ける事に胸を痛めているし

そういう光景を見る度に、

相手の愚かさについての強い憤りと共に
それを防げなかった無力感と自責の念に駆られてしまうし、

自分の死を通して目を覚まして欲しい…
くらいに考える事が普通にあって

最悪道連れにしてから死ぬ…

みたいな事を考える事も少なくはない。
(あくまで感情の比喩で
相手の問題行動に対して
それくらい思い詰めてしまう…という意味)

特に相手の行動の問題としては
前回の指摘のように
具体的な加害性としても考えるからこそ

自分が大切にしている公共性や社会性に於いては

「人心を惑わす悪辣な行為」と捉えるので

仮に本人達に
発達障害やパーソナリティー障害故の

妄想や妄信によって現実的な 
論理的思考が出来なくなってるとしても

いくら病気や障害が理由だからと
容認出来ないし

犠牲者が出るならば断じて許してはいけないだろう。


自分としては当時イイネなどを貰った
人もいるから、感謝の念もあるので

当然人間的な心や情からも一部の
「恩」を感じつつ、

仮にそれを踏まえても
正直彼らの愚かな情報発信については
許し難いとは思うし、


自分の精神性の背景にある事として、
子供の頃に母親の自死を通して抱いた

「自分が止めれなかった事への強い
後悔の念」

から生じる強い責任感と
他人の事を蔑ろにする相手に感じる
義憤からも

身命を賭してでも
「何とかしなければ…」
という気持ちには駆られる。