月別アーカイブ / 2020年08月


米中による覇権争いの関係で
トランプは露骨なまでに
「中国を悪」と断定したい様子が伝わっていて
この問題以前のHuawei潰しとか

中国優勢の5Gが健康に害があるかのような情報さえも

出処を調べたら
アメリカによる中国潰しの思惑があるように思えてならない。


更に言えば
狂信的なトランプ支持の組織があって
その連中の背景にはプロテスタントの
原理主義もあり

本気で創造論を信じるだけでなく
今回のコロナも絡めて

「感染者は悪魔崇拝者」

かのように流布してる構図もあるので
そういった背景を知らない
インターネットユーザーなどは

宗教的思想まで絡んだ
とんでもない流れに
巻き込まれてる人が多いように見える。


アラブの春とかジャスミン革命の背景にも
SNSなどによる情報操作の流れで

操りたい国の国民をネットを通じて外側から誘導し

誘導された相手国の国民が
アメリカにとって都合が悪い政権を勝手に倒してくれるような流れを作ってる構図があるのは言われてるだけに

今のネットの裏側も透けて見える 


IMG_20200823_104540.jpg
IMG_20200823_104545.jpg

例えば
トランプが歴代大統領とは違い

「思った事を口走る」からこそ分かりやすいのであるが

「中国 ウイルス 」などと
大々的にアピールしているものの

仮にエボラが世界に蔓延したとして
アフリカの特定の国を名指しし

「○○ウイルス」と言うだろうか?

アフリカから広まったHIVでさえも
そう呼ばれていない。

(余談だが第1次世界大戦で米兵から広まった感染症なのに、
アメリカによる責任転嫁から
スペイン風邪と名付けられたのも有名な話)


なので
そうした流れから読み取れば
トランプはアメリカ資本の邪魔になる
中国と習近平政権を潰したくて仕方ない
人間と言えるので

世界に向けた「中国=悪」という
印象操作を積極的に行おうとする
意図も見えてくるし

気に入らないからと
露骨に牙を剥いているのも伝わるのではないか?

以前ネット界隈で言われていた
「コロナの生物兵器説」については
今の段階では何とも言い難いものの

仮に相手国を貶める意図で
人工ウイルスをばら撒こうとする者がいるならば

中国の食文化を見ると
アフリカなどと同じく野生動物を食する関係で

未知の感染症が出ても不思議ではない
中国の環境要因は目をつけられやすいだろうから
自分としてはアメリカに対して疑念を持っている。


現実問題としては
習近平と中国政府による
情報公開を含めた対応の遅れなどはあったし

WHOのペドロスが自国の
エチオピアと中国の経済的な繋がりから
忖度した部分もあったかも知れないが


もし仮に
元々トランプが中国を追い込む政策をしていなければ

習近平も他国との連携がしやすく
情報公開も早かった可能性は指摘したい。



あとは
トランプと背景にある宗教的思想が
選民思想とも繋がっているとすれば

プロテスタントを含めた原理主義ほど
異なる思想や宗教や文化を
「邪教や悪魔崇拝」と絡めやすく

事実としても聖典に出てくる魔王というのは「魔王=異教の神」の事なので
実はとんでもない独善的な思想にも繋がりやすい。


下記の「キリスト教と異教」についての項目を見れば分かりやすいが


キリスト教は愛や寛容さを訴えながらも
その後の政治や思想に都合よく利用されて
改変されて来た歴史もあるので

権威を示す分かりやすい形で
魔女狩りや悪魔祓いのエクソシストがいた
事実を注視する必要がある。


なので
現代に至るキリスト教の流れを知れば
「異教は堕落の象徴でキリスト教だけが正義」という

独善的な思想観念にも繋がりやすく

キリスト教を国家の基盤にする
アメリカとその国民の意識として

「アメリカ合衆国こそが世界の警察で
選ばれた優良国家」
くらいに思い込んでいる人々も実際に多い。


なのでトランプは特に
白人至上主義的な思想を背景に
人種差別的な発言も露骨だが、


背景には宗教的なイデオロギーなどが
多大な影響を及ぼしている事は伺い知れるし

今回の自国のコロナの問題すら
宗教観と絡めて

「生き延びた人が選ばれた人類」という
妄信的な選民思想に繋げようとしているようにも見える。


もっとも
社会の流れに取り込まれるだけで
疑問を持てない人ほど
本質を見抜けないだろうけど、

自分は90年代にやたらと
この国の文化やメディアが
アメリカ優遇になっていて

「ハリウッドやメジャーリーグがある
アメリカはNo.1」

みたいな
情報操作が行われていた流れがあるのに
気付いていた。


自分は中学の時にたまたま見ていた紅白で

長渕剛が歌っていた
「親知らず」
という楽曲の歌詞を聞いた時に
色んな流れが見えた気がして

「この国の中で当たり前になってる流れはなんか変だ?」

と疑問を持って世の中を見るようになったが

疑問を持てずに
周りに流されていると本質が見えなくなるだろう。




ちなみに当時から
湾岸戦争みたいな問題があって

アメリカが主導する世界の混乱があったし

そうした流れがあるにも関わらず
「ここがヘンだよ日本人」という番組では
ケビン・クローンというアジア系アメリカ人が


「アメリカは世界の警察だ!」
と本気で主張していた事で

アメリカの本性が見えた気がした。


その前の流れからも当時の日本のメディアは
「アメリカ万歳」
みたいな情報発信を行っていたし

既にアメリカ資本が様々なメディアを通じて入り込んでいて

日本人の精神性に多大な影響を及ぼしていた流れも見えていたし

同年代すら享楽主義的になって
日本人的な実直さを失った者が多かった。


自分が産まれる前の歴史を紐解くと

日中国交正常化や
日ソ共同宣言の流れの時も

アメリカが時に分かりやすく、
時に遠回しな形で

日本と隣国との協力関係の構築を
邪魔していたし

フルシチョフと北方領土返還の話しが進んでいた時に

米国側が
「ソ連と仲良くすると沖縄は還さない」
日本に圧力かけたのは有名である。


日中国交正常化の時も
パンダ外交でかなり良い雰囲気だったのに、

南京大虐殺の暴露本が出回り
虐殺事件についての
虚偽の発言までする人物が出て来た事で

中国人の反日感情が煽られた流れもあったし

「これまでのアメリカのやり方」
知っていれば

国交回復のタイミングで
中国系アメリカ人アイリス・チャンが
「レイ プ オブ南京」 
という暴露本を出したというのも
あまりに出来すぎているから
実に裏があるだろう。


中東の問題も
アメリカが世界の警察のように
独善的に振舞った事で

パレスチナ問題の原因になったし、

イラクの問題すら
アメリカ(ブッシュ政権)が
サダム・フセインを排除したいあまりに

大量破壊兵器の存在さえでっち上げてまで
フセインを殺害する大義名分にしたので

人種差別的思考が影響し
捕虜虐待も日常的に行われていた事実もある。


キリスト教的な一部の過激思想も絡めると

他国の文化や宗教を破壊しても
罪悪感すら持たない独善性がある事で

「民主化=アメリカにとって都合が良い
資本介入」

の為の
アラブの春のような誘導で

相手国の国民のマインドコントロールくらいは常套手段のように出来るだろうし

米国の悪質さは知った方が良い。


そもそもで言えば江戸時代後期

元禄文化を代表するように
日本はある程度国がまとまっていたのに

幕末の黒船来航で
国内が二分して内乱状態になり

国力が低下したのも
アメリカによる策略があったし、

明治新政府から
日本の政治は権力闘争の流れで
腐敗し始めた事も
歴史を知ってれば読み取れるはず。


だからこそ
対米独立や
対米自立の流れが必要なはずだが

アメリカ政府に異を唱える政治家ほど
地位を失うとか
志半ばで亡くなる状況も実際にあるし


日本政府の中枢に腐敗の根源があるからこそ

国を1から作り替えるくらいしなければ
誰かしらの意向が生き続けてしまって

権力の集中は免れないだろう


それと 
日本人的な性質も相まって

「うちの家が今の地位にあるのは○○さんの家族にお世話になったからこそなので
手助けしなさい」

みたいな癒着がある事で

狂信的な安倍擁護の取り巻きがいるならばこそ
下記のように
数の論理で総裁選の立候補者を潰す根回しがあったとしても不思議ではない。


そうした流れからも
既に民主主義として機能しておらず

資本による影響で
多数決の票すら左右される危険性というのは

アメリカの全米ライフル協会が
金の力で銃反対の政治家を潰して来た構図と同じであり

結局は資本主義によるカネの力は
圧倒的で
それによる人の選別にも繋がってしまっている。


とはいえ
ネットの普及でアメリカ有利な情報により
既に世界が巻き込まれている

日本国内でも本来は目にしなくて済んだはずの情報も広まっていて

更にはフェイクニュースとか
CGなどの技術を駆使したフェイク動画も 
拡散されすぎているから

正しい情報を見抜けない人が
更に歪んだ思想に嵌る構図も危険視してい る

 
自分の見立てでは
前述の日中国交正常化を潰された
流れと同じく


日本人が中国人や韓国人を、

韓国人や中国人が日本人を敵視する
ネット記事の情報源も

出処をきちんと調べる必要があると感じていて

最悪全部米国の掌で踊らされている
可能性すらもあるし

中国のようにネット規制をする意味も見える。


Twitterでさえも

特定の情報を発信する側に対して
色んな角度から真偽のほどを判断するよりは

ある程度共感出来てしまえる内容なら
それを鵜呑みにして

「大変な事が起きてる!」

みたいになりやすい  

自己の確立が未熟で
メンタルが弱めのユーザーが多いのも
見ていれば分かるので

そういった人ほど
心理を悪用されやすい。


狂信的なトランプ支持者の
日本人グループの人間と
何人かやり取りしても

元々不安や恐怖感が強くて
更には現実社会では満たされておらず

多かれ少なかれ
精神的な問題を抱えている
通称メンヘラ的な人も多かったので

特に判断力が低い社会的弱者というのは
流されやすいので
権力にも利用されやすい。


カルト宗教などもその典型的だが

人の心の弱味とか
ある種のトラウマなどに漬け込んで
親切な人間を装って近寄り

救済と称して
宗教観や思想を植え付けるのが基本だし、

同じ手法がTwitter上にも蔓延していて
自分が既に
マインドコントロールにハマってる事にさえ
気付いてないーザーも多い。


とりあえず言えるのは
Twitterやネットであまりにも偏った情報を
まことしやかに拡散する

下記で貼った画像みたいな事を本気で言う
ユーザーの言い分は鵜呑みにしない方が良いし

精神医学の観点から見ても
整合性が取れず妄想などが出やすい
何らかの問題を抱えてる可能性もある



そういったタイプほど
「テレビや新聞は見るな!」

みたいに言うが

内容の切り取りがあったり
偏向報道があったとしても

例えばテレビは放送倫理検証委員会や
倫理関係の団体がチェックしてる関係で

もし嘘情報を流せば
局内で厳しく処分されるので
嘘情報はネットよりは遥かに少ないと言える。


寧ろYouTubeや
ネット記事も含めた内容だと

例えばテレビ番組製作者が局から処分されるみたいな状況も無いあまりに

無責任な状態で
情報をタレ流せる問題があるし

情報の出処が情報操作や印象操作による
誘導目的だと

内容を鵜呑みにした場合は
社会的影響も含めて
かなり危険な状況にもなりやすい。


中国共産党と習近平の考えについて
自分なりに考察した事があるが

例えばHSP的な共感性を活かして
習近平の立場に立って色々分析すると
見えてくる事がある。


実際問題
独裁とか強権的に見られがちな
中国共産党と習近平ではあるが
かなり誤解を受けやすい感じはしていて

中国の歴史から考察しても
国名が数十年とか
百年単位で変わって来たような

中々まとまらなかった国内の背景があるし

いざまとまろうとしても
イギリスなどによる外圧や干渉で
アヘンを蔓延させられて国をめちゃくちゃにされたり

その後も盧溝橋事件などから
外圧を受けた被害感情は大きいだろう。

なので
中国国内を豊かにしつつ

秩序の乱れが無く
中国国民が
安全に暮らせる社会にしたいからこその

技術を駆使した監視社会や
共産党内の不正や汚職を厳しく処罰する…

といった部分からも
習氏なりに国を纏めたくて必死なのは伝わって来る。

ウイグルへの弾圧などにしても
宗教的影響を恐れるが故だろう。

例えばウイグル族の背景には
イスラム教があるし

人類史で見ても
宗教的なイデオロギーの影響は
大きくなりやすい事からも

イスラムが原理主義的になって
反政府勢力になったり
テロ集団になる事は実際に起きてきただけに

習近平としても 
の部分への影響力を恐れる事で

「ただの弾圧」を行っているというよりは

イスラム教による影響を最小限に抑える意味での
思想教育を行いたい裏事情があるように見える。


本人が
「こういう考えがあるからこそこういう政策を行ってます」
みたいに国民に周知させる為の
本でも出せば

「中国国内を統治したいからこそ」
の考えも伝わる気がするのだが

習近平にしか分からない色々な思惑があるだろうし

香港などの問題にしても
反発されたくないなら

「理解を求める為の丁寧なアナウンス」
は必要不可欠だろうし

そういった部分が出来てないから

「中国共産党に○○な事をされてしまう!」
かのような
疑念だけが生まれやすいのだろう。

交通ルールへの取り組みにしても

一定以上の違反を犯した者の
名前と顔が街の電光掲示板に晒される…

といった事があるのだが

それについても

事故によるマナー違反や
犠牲者を生み出したくないからこそ…

と読み取れるし

一見やりすぎに見える事でも

社会を良くしたいとか
倫理を取り戻したい気持ち故だろう。

前回と重複するが 
日本でさえも
経済発展による過渡期には

モラルやマナーがめちゃくちゃな時期もあって

前回の東京オリンピックの為に
明確な制度やルールが出来たとはいえ

それまではゴミ問題にしても
環境汚染にしても対応が出来てなくて 
当時の街は相当酷かったそうだから

中国人のマナーの問題を切り取り
民度が低いみたいに
ネガキャン的に取り上げられるとしても

昔の日本人と比べても
全然人の事は言えない

習近平の話に戻して考えても

倫理を取り戻したい故の考えややり方は

生類憐みの令を推し進めた
徳川綱吉のやり方にも似てる気がする。


ちなみに綱吉の時代は

捨て子が多かったり
行き倒れた人がそのまま放置されて
道端に死体が転がっていたりと

道徳心が損なわれていた背景もあったようで

「生類憐みの令」により
生き物を大切にする事で

文字通り
「他者への思いやりを持とう」
といった教育的な思惑があったにも関わらず

凡人には理解出来ず反発も多かったそうだ。


そう考えると
理念や思いが理解されず
反発される中で

より厳しくなっていった…

とすれば 
香港の実情なども加味して

習近平と似た感じもするし

自分からすると実際は真面目で
国への思いが強いはずが

それが上手く伝えられない不器用な人にさえ
見えてしまう。


とはいえ
自分の場合は過去にも綴ったように

経済発展によるモノとカネの豊かさが人間の幸せだとは思ってないし

人間至上主義的な考えがある限りは
世界が平和になりにくいと考えるので

習近平やトランプや安倍晋三などとも
真逆の思想ではあるが…

「中国=悪」みたいな固定概念が強い
選民思想のネトウヨ的な者ほど

上記のツイートに対して
難癖をつける
気持ち悪いリプライをしているが

個人的に思うのは
米国寄りの資本主義の関係で

米国資本から仕事を請け負ってる
メディアが

アメリカを持ち上げて
中国を悪く見せる印象操作を行ってる
感じもするので

あまり固定概念で見ない方が良いように思う。


当然賛否は別れるだろうけど

例えば人間に
多くのテクノロジーを与えつつ
社会が複雑化すればするほど

それによる秩序の乱れが起きやすくなるだけに

性善説的に個人の判断に委ねても
ろくな事が無くて

寧ろ治安維持の面から考えれば

中国のように監視社会になるのは
必然的だと感じる。


それに
自由と権利を履き違えて

アメリカ式な新自由主義を
信奉する者ほど
中国を悪く言いがちな気がしていて

好き嫌いはあるとしても

個人的には
トランプよりも習近平の方が
余程ちゃんとしてる印象だし

デモ関係にしても
「中国共産党に〇〇される!」
みたいな被害妄想も何割かは含まれてるように見える

もっとも
中国共産党が国内統治に必死なあまり
一部やりすぎてる部分はあるとは
思うが…

自分が習近平なら
「こういう意図があるからやっています」


厳しさの裏にある具体的な意図も
国民に周知させようとはするだろう…

寧ろアメリカのように
身勝手な

グローバルスタンダード
(アメリカンスタンダード)を

諸外国に押し付けた挙句

「お前達の国はろくでもない」
と決めつけて

内政干渉する
「超独善的」なやり方が好きではないし


例えるなら 
何かの宗教を信じる信者が幸せなように
北朝鮮のような国についても

他国に迷惑かけないなら
ほっといてやれば良いのに…
とはたまに思ってしまう。

当然
自分達の価値観だけで見れば
劣悪な環境に見えるとしても

北朝鮮で生まれ育って
それで満足出来る人がいるなら

よその国があれこれ言うのも
何か違う気がするし

例えば色んな虫がいる中で
独自の暮らし方をしてる
その虫だけが気に入らないからと

害虫と決めつけるかのような
状況にも思えなくはない。


中国の話しに戻すと
中国人のマナーや公衆衛生がどうとか
言う人もいるが

都市で育った人と地方出身者との違いもあるらしいし

同じ観点で見れば
前回の東京オリンピック前の日本だって

実はモラルなどは
こまで徹底されておらず

色んな意味で街が汚染されていたので
途上段階ならではの実情はあるだろう。


中国嫌いな人ほど
中国人が野蛮などと言いたがるが

確かにマナーが悪い中国人がいても

同じレベルの事をするアメリカ人や
日本人だって実在するのだし

「木を見て森を見ず」的になったり

公平に見ようとしない
視野の狭い相手は好きではない。

↑このページのトップへ