月別アーカイブ / 2019年11月


自分は
昔から援助交際や不倫や浮気のような事に対しての憤りもあって

コミュニケーションアプリや
出会い系のような場所で

下記のような持論を載せる事が多かった

「自分は相手の人生を背負うぐらいの覚悟がなかったら女を抱いてはいけない!
という考え方なので

こういう場所で繋がって
ちゃんと好きになって付き合うならまだしも、
好きでもない相手と安易なことが出来る人は軽蔑するな…

そういう人達って
ちゃんとした恋愛が出来る自信がないから
手っ取り早くカラダの関係みたいな目的で繋がろうとするんだろうけど

それって凄くカッコ悪いし、
誠実に相手を愛せない人ほど
それまでの人生で
人として大事な事を学べなくて
どこか欠落したまま大人になってるんだろうから

誰かと結ばれて人の親になる資格すらもないと思う…

それに
その相手を大事に育てた家族の
立場なら 
そんないい加減な事を誰かにされたら平気じゃないでしょ?

だからこそ誠実に相手の事を
考えれなきゃダメだと思うし

考えが足りないなら
いくら二十歳越えても精神年齢は 低いと思うから

深く物事を考えれるようになってから恋愛をしたり
相手を探した方が良いんじゃないかと…

女の子の場合は特に
こういう場所で知り合って
相手の事もあまり知らないのに
簡単に会うのはやめておいた方が良いと思うし

自分の心とカラダは大事にして欲しいです。」


ちなみに 
これくらい考える背景としては

自分自身の親が自分勝手な生き方をしていた事で
周りに迷惑をかけたり
子供を巻き込む状況を目の当たりにしてきた事で

不誠実な事や
人を傷つけるような裏切りに対しての嫌悪感を持ちやすく

その分、義憤に駆られるような
義侠心や 
強い正義感や責任感もあるようには思う。

なので昔からとはいえ
コミュニケーションアプリでは
自分が誰かと繋がる事を考えるよりも

事件に巻き込まれたり
間違った道に進んで
不幸になる人達を減らさないと...
 
みたいに考えやすいので

良くない事をしている人がいれば
見ず知らずの人でもカラダを張ってでも止めたいと思うし

自分の中では
そういった感覚が普通になっている。


誰もが笑って暮らせる平和な世の中ならば

今の自分のように
他の人の事を心配し過ぎるほど
心配しながら生きなくて済んだように思うけど

自分自身の親のように
本人の未熟さの問題がありながらも
救えなかった人がいたり

毒親育ちの深刻な発達障害者の
彼女との出会いによって

人が方向性を間違うだけで
取り返しのつかない状況になることを知ったり

自分がいくら手を差し伸べても
届かなかった中で

次に出会った同じく毒親育ちの相手についても

自分なりの責任感による
心配や配慮から

本人がどうにもならなくなる前に何とかしなきゃ...

といった責任感から
色々言ったものの

こちらの意図や
本心を理解して貰えずに
相手が離れていった事もあったし


1人になった今でも
他人の心配ばかりしているので

正直
この世界が平和になって
自分みたいに考える人間が居なくても済むようになって欲しいが

現実はそうではなくて

最近のようにインターネットを介した事件が起きたら
自分なりの使命感から
そういった状況を未然に阻止する為になんとかしようと考えるし


時にテレビのニュースや
そういったアプリや掲示板を見ているだけでも
人の悲しみや苦しみや
残酷な現実が自分の中に入りすぎる事もあって


更にそれについて 
1人で色々抱えようとし過ぎて 
疲れる事が多い...




沢尻エリカの報道を見ていると
瞼を閉じる時に
一瞬白目っぽくなる事があって
発達障害者支援の立場からすると

発達障害者でも同じように瞼を閉じる時に先に眼球が回転して白目になる人がいるし

かといって発達障害者全てが
障害者障害者してる訳ではないから

彼女の情緒的な問題を見た場合は
それに影響する
「情緒をコントロールしきれず
落ち着けない心(脳)」の問題として

なんらかの発達障害の可能性があるのかも知れない

(※一部の発達障害は好きな事には「過集中」になりやすい事から
演技に入り込む事が得意な人もいるだろう。)

これはあくまで自分の推論による
前書きでしかないが
ADHDなどの発達障害と
薬物やアルコール依存、性依存、
ギャンブル依存
などとの関連性は言われているので
留意しても良いだろう。


あとは下記リンクのように
反抗挑戦性障害とADHDの関連性も言われているし
情緒的な問題が顕著な場合は
大人になってからでも
素行不良として表面化するケースもあるだろうし
過去に話題になった
沢尻エリカの「別に...」発言なども
ADHDが起因した反抗挑戦性障害の影響と考えれば辻褄が合ってくる。


本題としては
沢尻エリカの報道以前から

ダンスと繋がりの深い
クラブのような場所では
その音楽性やファッション性とも
関連しやすい
違法薬物使用者や
売人との接点が生まれやすい場所なのは昔から言われている事だし

ノリ重視の
ダンス&ダンスミュージックと

高揚感を与える
アルコール&ドラッグは 

系統的にも類似性があって
近い要素がある事で
ワンセットになりやすいのだろう。


更なる問題としては
文科省が中学校から導入した
「ダンス必修化」については
ダンスを親しみやすくする反面

若者にとって
クラブみたいな場所への
抵抗も無くなるとすれば

必然的に薬物汚染を広げる方針を国が決めてると言えるし  

安倍政権は以前から
日本人をダメにする事を推し進めようとしているので看過できない。

文部科学省の役人や有識者と呼ばれる人達が
子供の表現力の向上という建前で
ダンス必修化を推し進めたのだろうが
既に別の弊害もあるようだし

下記リンクの最後で書かれている 
「スポーツなんて各種目、学校教育に採用してもらうために、袖の下合戦。
単にダンスが一番多く額を払っただけ。
それを、政治家に様々な便宜を図ってもらってるマスゴミ達が必死で隠してるだけの、単純な構図ですね。」
という内容からも

経済活動の裏にある
政府と資本家による
黒い意図が見え隠れしている


兎にも角にも
薬物との接点が出来やすい
クラブのような場所が存在するのは事実なので

ダンスの影響を受けた若者が
間接的にそういったクラブのような場所に対してのハードルが下がる事で、
薬物との接点が増える事の
リスクまでには考えが及ばないとすれば
文部科学省の人間は
先読みして考えれない 
思考力の問題があるのではないか?
(※下記リンクのように 
省庁に入るような高学歴者と
ASDの関連性は
少なからずあるだろうし一部の
ASDは先読みしたり見当識を持って考える能力が低い者も多くいる)


別の見方をすれば
日本人がダメになって欲しい者に
よる意図があるようにさえ見えるし、
当然日本人が堕落して

何が正しくて間違っているかも
分からない者が増えて

ノリ重視な享楽主義による
物事を深く考えれない者が増えていき
彼らが大人と認められてしまい
選挙権を行使すれば

必然的に
目に映る部分だけの損得勘定で
物事を判断しやすいだろうし

そうなると票獲得の為に
バラマキ政策を行う政党に
より多くの票が集まる構図さえも
出来やすくなり

真実が見通せない思考力が低い者ほど
その裏にある相手の野心にまでは
気付けないまま
「〇〇無償化」「〇〇優遇」の言葉にまんまと食いついてしまって

やりたい放題な権力者に票を投じる事で
この国を潰す後押しを
している事に気付いた方が良い。


愚者は経験に学び
賢者は歴史に学ぶというが

歴史から学ぶ要素としては

アヘン戦争の時には
相手国の国力を低下させる目的で
意図的にアヘンを蔓延させる事で

内側から相手国を壊すやり方が
実際に行われていたし



それと同じ構図としても
堕落し考えが足りない国民が増えていき
日本人の民度が下がれば下がるほど
日本人がアメリカ主導の
日本政府のやり方にも疑問を持てなくなるとすれば

アメリカのように日本を都合良く
コントロールしたい側の者にとっては
日本がより一層扱いやすい国になっていく事は明白であり



安倍政権や自民党などは
日本をアメリカに切り売りする為の政策をしているようにしか見え

改めて言うが
「日本をダメにする流れ」さえも
意図的に作られているように
見える。


自分が発達障害者と関わって
思う事は

彼らの中には普通の人よりも 
出来ないことや劣った部分があったり
確固たる自分が持てず 

アイデンティティが確立しきれなくて
自分が何者か分からない感覚がある事で
承認欲求が強い人もいるが

ASDの
自閉スペクトラム症などは特に

相手の良かれとの思いからの指摘や
前向きな議論の為の反対意見さえも 

「自分を受け入れて貰えずに
否定されて攻撃までされた!」

かのように曲解して捉えつつ

「攻撃されたから
仕返しをするのも当然の行為」

かのように過剰反応して

時に相手を逆恨みしつつ
敵意を向けて来るケースもあるし

発達障害の特集で見た
ASDの自閉スペクトラムと
ADHDの注意欠陥・多動性障害
LDの学習障害がある当事者の
ケースだと

良かれとの思いで
自分に指摘したり
ダメ出しした相手に対して

「この人はそういう人で
決して自分の敵ではない」

と意識して考えない限りは
 
「敵だと捉えて殺意を抱く」

といった趣旨の発言を聞いて
発達障害に理解があっても
正直ゾッとした部分はあったし


自分が嘗て
自閉スペクトラム症の要素が
強い相手と交際した時の経験としても

こちらの人間的な情や
分かって欲しいからこその
対応すら曲解された挙句

SNSなどで悪口を書かれて
気持ちを踏みにじられた事もあったし

(※実際の出来事だと
相手が飛び降りをしようとしたのに
気付いて咄嗟に止めた後で
こちらの驚きや悲しさや
心配する気持ち故の人間的な情が強く出た事で
相手の頬を平手で叩いた後で
抱きしめるという流れの
愛情があるからこその行動さえも

「叩かれた」という部分だけを
切り取って情報処理するような
こちらの意図を全く読み取れない状況を見た時には
自閉スペクトラム症に関しては
仮に同じような情動的な親の思いによる行為すらも全く通じず
「親の心子知らず」のようになる事の
連続の中で
子育ての失敗にもつながる問題が
垣間見えたし

自閉症児に関しては他の発達障害児と比べて子育てが相当難しく
普通の子育てをするよりも
親のストレスが遥かにかかりやすいように見えた。

ちなみに下記リンクのように以前記載した
自傷した後で傷口から出てきた自分の脂肪を食べる人というのは以前の交際相手で
発達障害やメンタルの問題に理解があっても明らかな異常性を感じたし
自らのカラダを毎回縫合するくらい切り刻む事を楽しみだすような子供を見た親は「子育てを失敗して悪魔を世に出してしまった」
かのような気持ちにもなって
気が変になってもおかしくないだろう。)

下記の内容も実際は自分と以前の交際相手との事に触れている



※下記リンクは近親者によるリアルな
言葉が載せられている


上記の事からも改めて思うのは
一部の発達障害者が抱える認知の歪みというのは
相手の良かれが通用せずに
時に意思疎通の問題すら生じさせるので
社会生活を送るうえで
深刻な問題を抱えているのは確実にあるだろうし

自分なども発達障害についての
知識や経験があっても
毎回正解が見えずに
本当にその対応で良かったのか?
自問自答する事が多く
知識などが全くない人にとっては
関わるリスクはそれなりに大きいようにも見える。


逆に発達障害のように
脳の情報処理の問題を抱えている
タイプが存在する事を学んでからの方が
明らかにおかしい事を言われた場合でも
「もしかしてこの人は
定型発達者(発達障害が無い人)
ではないのかも?」
という見当識を働かせれるようにもなって

相手の異常性を垣間見ても
さほど戸惑わずに済んでいるが
(人間なので腹が立つ事は当然ある)

例えばSNSのような匿名性の場所で
こちらが年齢などを公開していないにも関わらず

「私はあなたより年上なので」
と言い切って
(「多分年上だと思う」という憶測を伝えるならまだしも)

更に個人的な事を全部話してる訳ではないのに一部の情報だけで

「それは上手くいかないし
辞めておいた方が良い」

みたいな事を平然と言えるような  
デリカシーが無い相手とやり取りした時には 

腹立たしさを感じつつも
その人からは
普通の脳の情報処理能力が伴わない感じがしたので
それ以上関わるとストレスにしかならず 
良くない結果にしかならない...
みたいに
判断出来て深入りせずに済んだ事もあるが

やはりある程度の予備知識が無いと
定型発達者では無い事を知らずに関わって
時に振り回されたり 
文字通り痛い目を見てしまう事もあるだろうし

そういった違いを見抜ける人ばかりではないからこそ

発達障害を持って生まれた当事者が
認知の歪みが大きくなって
トラブルを起こすタイプになる前に
(※以前の相手のように深刻な人を間近で見たからこそ言える)

発達障害の早期発見と適切な治療や療育の為の枠組みを作って

他者と調和する為の協調性を身に付け社会適応がしやすくする為の
環境整備は必要に思える。

↑このページのトップへ