前回予告したように
自分なりに考察した内容を綴りたいと思う。
この人の「多動力」的な考えからは
起業家に多いとされる
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の影響が垣間見えるのだが




もっともADHDは集団行動や
形にハマるのが苦手な要素があったり
場合によれば夜型になりやすく
朝が苦手で定時に起きられない事で
会社組織に従属しきれず
(人に従う事も好まない傾向)

必然的に自分のタイミングで仕事が
出来るような自営業を選ぶ事も実際にあるように見ている。
(自律神経の影響でADHDだと交感神経が活発になりやすく、休む為の副交感神経への切り替えがスムーズではない事で夜早く寝て休むという事をしにくいのだろう)

そして前回触れた
反抗挑戦性障害のような
危険な攻撃性も見え隠れしていて





日本人だからこそ他者を尊重して
言葉をオブラートに包むとか
本音を隠して慎ましくする…
みたいな美徳があるはずが

表現や言論の自由において
「公共の福祉に反しない範囲で
自由が認められる」
(口語訳するなら他人に迷惑をかけたり
傷つけない範囲で自己実現して良い)
という定義があるのに
自由の定義を捉え違いして

「我慢なんかせずに
思った事なら何を言っても良い」
ハッキリし過ぎている部分からも

ADHD以外にもアスペルガー気質も複合された結果
自己愛性人格障害のように
気に入らない相手には排他的になりやすいのではないか?

そう考えると
彼は打算的なASDのアスペルガー気質も持っているのだろうし
ASD的な脳の神経回路に
情緒的な問題が出るADHD傾向も混じる事で
「反抗挑戦性障害」のようになり
言って良い事と悪い事の区別もつかないくらいに
気に入らない相手に対しては暴言も吐けるのだろう

「日本人は我慢しすぎる」みたいな主張からも
ASDだと人の気持ちを理解し難く
他者をモノのように捉える場合もあり

日本人的な慎ましさや恥の文化を無駄と捉えやすく
「本音を言って何が悪い!」かのような居直りにも映る

それに自由と権利が認められたとしても
「公共の福祉に反しない範囲で認められる」との法的な規定もあり

口語訳するならば
「他者に迷惑をかけない範囲で認められる」と読み取れるはずだが

自由と権利を履き違えて
「何をやっても良い自由」みたいに勘違いしてるし

ASD気質などを拗らせた挙句
「自己愛性人格障害」のようになった
タイプに見える

彼は一部の知識を詰め込む事に特化した
アスペルガー(ASD)気質と

新し物好きながらも
脳の前頭葉も弱く
情動的なADHD傾向の脳の神経伝達が
複合したタイプだと分析していて

(歴史的に見ると人の気持ちを理解できずキレやすく殺戮を好む暴君でもあった
織田信長やヒトラータイプともいえる)

更に言えば
ASDタイプというのは  
空気を読んで相手主体で他者と協調しようと努めるような日本人的な「和の精神」などの
感覚を持ち難く
(逆に欧米的な自分主体による個人主義を好む)

ASD要素が強ければ強いほど
他者目線の欠如もしやすいので

堀江氏の場合もASDだからこそ
言って良い事と悪い事の区別もつかないとか
思った事を口走るとしても不思議ではなく

ASDは脳の共感性を司る機能も弱い事で 

彼は人の気持ちを理解出来ない
根本的な問題を抱えている人物だと見ているし

高学歴者にASDタイプや
ADHDに起業家が多いとされる事から

高学歴で起業家でもある彼の背景としては
一定の部分で辻褄が合ってるし

個人的には脳科学的な観点で彼の脳を 調べたいくらいで

ASDやADHDと酷似する
脳の使用領域と神経回路なんだと推察する

発達障害的な脳は遺伝するので
子供の頃に親から虐待まがいの事をされた話からも
「○○でなければならない」というASD的な親の偏りが虐待に繋がった可能性も指摘したい

(発達障害と独善的な毒親の関連性)

誰もがそうなのだが
生まれつきの脳の性質や作りは
人それぞれ微妙に異なるし
神経伝達や神経細胞の構成の細かい
差異が思考パターンにも影響するので

そういったメカニズムは後天的な人格と
それに関連する価値観に直結するし

「脳=その人の精神性=考えや心の在り方」という構図からも

脳の機能的な問題はその人の生き方や 言動に対して多大な影響を及ぼすからこそ
偏った脳の場合は情報処理への影響から
「認知の歪み」にも繋がる中で
後天的な人格障害にもなりやすく

彼の場合は共感性も低い中で
自分以外の他人を正当に評価し許容する事もしにくく
更に自分が勉強で評価されて高学歴になり
起業しても成功を納めてしまった事で

自分は他人より優れていて自分より劣っていて価値観が合わない相手は
マウントをとって馬鹿にしたり見下して良い存在」
かのような認識で世の中を見ているのだろうし自己愛性人格障害の可能性も否定できない

※アスペルガー傾向の高学歴者に
自己愛が強く他者を見下すタイプが多くみられるので
アスペルガーにとって有利な受験制度(試験内容)などの影響が彼らにとっては
「レベルの高い学校に入れた自分が
他の人よりも優れていて選ばれた存在である」かのような勘違いによって
時に人を見下し差別すら出来るような 
尊大さにも繋がっているのではないか?


彼については以前から情緒的な問題など
普通ではない感じはしていたが

下記の内容なんかを専門的に読み取れば



動き回る事を制限された事を地獄のようだったと形容する部分なんかは

自分がこれまで指摘した
ADHDによる多動性が起因している可能性も高く
ADHDなどは制限や拘束されることを極端に嫌う部分があるし 

「いまだにぼくも、よくわからないことで人を怒らせてしまったり、人の行動がまったく理解出来なかったりする」

という部分などは
自分主体で物事を捉えがちになり

共感性が低く、人を傷つけやすい
典型的なアスペルガー要素だと言えるだろう。


更に言えば
炎上によって拡散を狙う意図があるとしても
他者に対して馬鹿だのアホだのと言ったり
気に入らない相手をクズ扱いするような部分は
本来持つべき大人としての影響力についての意識の欠落ともとれる
それを見たアイデンティティが確立しきれない者ほど
「ホリエモンがやってるなら同じ事をしても良い」
かのような考えに繋がるとすれば
この人の行きすぎた言動の問題は悪影響だと言えるし
この人物は悪質性もあってかなり罪深いと感じる。



そして自信過剰で不遜な態度と
人を不快にする暴言の数々など
誰かに似ているとは思わないだろうか?






一国のリーダーでありながらも
固定概念が強く
排他的で自分中心で物事を考え
気に入らなければ他人を徹底的に攻撃する
世界を混乱に導くような
かの国の悪しき暴君と全く同じ性質の
持ち主なのである。

ヒトラーとトランプの共通性も
度々言われているし
堀江貴文氏も支持者が多いが

そういった支持者の中には
「言葉をオブラートに包むとか
日本人的に空気を読んで行動するよりも
思った事を言う方が良くて
他人に合わせて我慢はしたくない」

みたいにエゴを正当化し個人主義を重視するタイプもいて

本音と建前を使い分けれない
似たもの同士としても
悪い意味で呼応しやすいのだろうし

例えばSNSなどでも
同じ観念を持つアスペルガー同士の方が互いに共感しやすく

独善的な者同士で
寄ってたかって気に入らない発言者に対して
徹底的に叩いたり攻撃する光景が実際に多いし

トランプにしても堀江氏にしても
SNSなどを見ればみるほど支持者の多くが攻撃的なのであるが

脳の問題が影響する事で
似た脳の機能だからこそ特定の思想観念や価値基準にもなって
仲間意識を持ちやすいという事についても研究の余地があるだろうし

きちんと研究すれば
人類史の問題が見えるかも知れず

脳の情報処理に問題がある個体が
リーダーになる事で人々に影響を及ぼし
争いや戦争の引き金になったかもしれない問題の根源などが見えてくるかも知れない。

 
ちなみに下記の内容は
ドナルド・トランプや
堀江貴文氏にも当てはまりそうに思うし
(場合によれば
この国の総理大臣や一部の政府関係者なども)

先天的な発達障害がある事で
二次障害の人格障害として表面化する事が明らかになってるからこそ

元々アスペルガーがある事で
それが起因した認知の歪みによって
時に学校の成績が良く、社会的成功まで収めた事で
「自分は認められて当然で
自分の考えも全て正しく、
自分と違う考えや価値観は全て愚劣」

かのような
自己万能感が影響した
強烈な自己愛が育つ中で、

尊大型のアスペルガー(ASD)と
自己愛性パーソナリティ障害の
両方を持ってる人がいても不思議ではない。


最後にこの国の裏側にある
ろくでもない部分や
堀江氏との関連性についても説明されている動画があるのだが
(陰謀論要素が強い発信者の内容だから良くない誘導に繋がる事を懸念して敢えて載せないが)

政権との癒着からの問題行動についても言われているし

実際問題、彼が関わったロケット開発についても
現政権による資金提供があった事で
十分な利害関係で結びついた相手にだけは対応を変えるようなサイコパスのような性質が無いとは言いきれないだろう。

年金デモ参加者を「税金泥棒」と罵ったホリエモンこと堀江貴文氏、自身が経営に関与する会社に税金が投入されていた - ロジ・レポート
6月16日、東京都内で「年金返せ」デモが開催された。 金融庁の審議会が提出した報告書の内容やそれについての政府の対応に抗議するデモで、主催者発表で約2000人が参加した。 老後の生活の要であるにもかかわらず、これまでも様々な不正が発覚し、制度崩壊まで囁かれる年金。ただでさえ不安が募っているのに、今回さらに、年金だけでは2000万円足りない、というようなことを言われたら怒るのも当然だろう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 切実な問題意識を持って行われたこの年金デモについて、堀江貴文さんが驚くべきツイートをした。 ほんとそんな時…
logicalplz.hatenablog.com

あとは堀江氏のような資本家と
この国の政府は深い繋がりがあったり

特定の思想や宗教観が政治に入り込んでいて
それらの影響が国家運営にも
少なからず影響している事を
どれだけの国民が知っているのか?

と疑問を投げかけたいし

実態はどうであれ
森友問題にしても自殺者が出たり

堀江氏が繋がっている人物も↓のリンクの説明のように謎の死を遂げている部分などからも


政治家や財界人、芸能界も含めて
全てが繋がっている事は言われているし
この国の金と権力の流れそのものが
まともな感じはしない。


(追記)
このブログを書いた大分後で
堀江氏が餃子店とのトラブルを引き起こして話題になりましたが

その事についての考察が
↓のような内容です

『餃子店とのトラブルにしても

本当に頭が良いなら抽象的概念として
凡その部分でマスク着用についての
常識的範囲を理解して 

いちいち店側と衝突するような
コミュニケーションを取らずに済んだはずで
「言わなくても分かるだろ?」

という事に対して空気が読めないのは
賢いとは言い難い人物である

特に
「自分は間違いを犯す事もある…」

という前提がある発達障害当事者だと
救いようがあるが

勉強にしても仕事にしても一定以上の
実績と社会的評価を得た場合

自己愛性人格障害的なって
成功してる自分が間違う訳が無くて
自分と異なる考えは馬鹿な証拠」くらいに尊大になる人ほど悪質で危険と思う

特にカサンドラ症候群
になったような

一部のアスペルガー の被害者の人ほど

自分の言い分と
今回の堀江氏の最大の問題
一部のアスペルガータイプ 
(尊大型や大仰型など)が
無自覚に人を追い詰める性質については
理解しやすいはず。

(アスペルガーも色々タイプがあって
実際にトラブルメーカーなタイプもある)』