下記の内容は他からの転載で
アスペルガー症候群について記載されている内容である

「アスペルガー症候群とは、
発達障害の一種として我が国、現代では社会に根付いています。

アスペルガー症候群の一般的な症状
アスペルガー症候群は、発達障害の一種です。
知的障害を伴わない高機能自閉症と同じく広汎性発達障害に分類されているものです。

その大きな特徴や症状として、コミュニケーションが著しく苦手であるということがあげられます。

アスペルガー症候群の方は基本的に学習面、運動面の発達においては問題がありません。
言葉も流暢に話せますし計算もできます。
ぎこちなさはあるものの、走る、ジャンプなども一般的なレベルはこなせます。

しかし、言葉を発することはできますが、流れを読みながら会話をすることができないのです。

相手の気持ちを理解したり、何を求められているか察したりすることが非常に困難で、会話がちぐはぐになりがちです。

たとえば、「雨が降りそうだから注意してね」と言われても、何を注意すればいいのかわかりません。

「雨が降ると濡れてしまうから、傘を持って行ってね」と言えば理解できます。

このように言葉の奥を読むことが出来ず、人の希望や指示の意図を察することができないのです。

そのため、運動機能に問題はなくてもスポーツでチームプレイを行うことが困難になります。

また、予定外のことに対応できなかったり、見通しを立てられないという症状もあります。

加えて社会性の欠如もあります。
一般的なルールを理解したり実行したりすることができないのです。

たとえば、不幸があった人の前で笑ったり喜んだりしてしまいます。

その一方で、自分が決めたルールを守ることは得意です。
手順や作業フローなどに添えば、何度行っても、きっちりと同じ方法で実行できます。
むしろそれに固執し、違った方法をとることを嫌い、融通がきかないという欠点が顕わになることも往々にしてあります。
さらに、多くの音の中から任意のものを聞き取ることも苦手です。
数人が同時に話をしていると、それらが全て耳に入るのです。
その中から特定の声だけを集中して聞く、ということができません。
これを選択的注意ができないといいます。
このようにアスペルガー症候群の人は、学校、社会、家庭において、人と付き合っていく上で多くの問題を抱えています。
症状の程度は様々です。

軽度であるほど、自分の発達障害に気づかないまま大人になりがちです。
そういう人は、アスペルガーである自覚を持たないまま、なんとなく人とうまくやっていけない生き辛さを感じながら、生活を送ってしまうのです。

・症状は治療で抑えることができる

生きづらさをずっと抱えていると、社会生活に支障がでますし、うつ病や不安障害などの二次障害を発症することもあります。

アスペルガー症候群においては、専門医による治療でその症状を抑えることができます。

薬で症状を抑えることもできますし、認知行動療法によって、ネガティブな考え方を修正することもできます。

アスペルガー症候群の症状で悩みをかかえているなら、少しでも早く専門医で受診しましょう。

実際、アスペルガー症候群であるかどうかは、お医者さんでしか正式な診断はしないことになっています。そのため、確認するには病院に足を運ぶ必要があります。

でも、中々そう簡単に決心もつきませんよね。そこで、今回はアスペルガー症候群であるかの、3つの診断基準のポイントを紹介します

■アスペルガー症候群の診断基準の3つのポイント

1.相互に人との関係を築けるかどうかの基準ポイント

2.強固なこだわりに関する基準ポイント

3.除外項目の基準ポイント

それぞれについて詳しく見てみます。

1.相互に人との関係を築けるかに関する基準ポイント

a.ボディーランゲージや視線などで人と関係を築けない。

b.年相応の友だち関係が築けない。

c.興味のあること、楽しいことを人と共有したいと思わない。

2.強固なこだわりに関する基準ポイント

a.同じこと、マニアックなことに異常に集中し反復し続ける。

b.ある種の習慣や儀式に異常なほどのこだわりがある。

c.奇妙な癖、しぐさを常に繰り返し行わないといられない。

d.ある特定の物の一部へ異常なほどの熱を注ぐ。

3.除外項目の基準ポイント

a.小さい頃に言葉の遅れがなかった

b.知的な遅れがない

1の基準ポイントから2つ以上、2の基準ポイントから1つ以上当てはまり、さらに3の除外項目どちらも満たしていると、アスペルガー症候群と診断されます。
これは、あくまで医療機関でよく使われている診断基準のポイントですが、これを参考にご自身がアスペルガー症候群の可能性があるのかのチェックに、役立てて頂ければと思います。」

このアスペルガー症候群の特徴を踏まえつつ
下記の内容を参照して貰えると
勉強に特化したアスペルガー当事者が
東大などの高学歴者に複数いる事が分かるだろう。


しかしながら
上記のURLの中では
このような意見があった

「こういう人に国家のリーダーシップを任せることに大きな不安を感じているのは私だけではないと思う。
昨今のおさがわせ東大卒政治家は結局はアスペじゃないの?」
という内容があり
(実際に失言があった当時の今村復興大臣や山本地方創生大臣、
被災地で担当者におんぶされたり失言もあった務台政務次官、
記憶に新しい問題行動や問題発言などの豊田真由子議員や丸山穂高議員なども東大出身者である)
更に他の場所では

「東大の学生の33%が、アスペルガー症候群であるという現実
東大を卒業した優秀な学生たちの大半は、
日本国を支える官僚や大企業の社員へと進めるのですが、
何とその三人に一人がアスペルガー症候群に蝕まれているというのですから、日本国の将来には暗雲が垂れ込めているという事です
IQは高いが、社会性が伴わない幼児の強い人間と言うわけです
つまり「発達障害のエリート」たちが、
政治経済の中枢に送り込まれているというのです」

「最近の政治家たちは、酷い政治ばかり行っているが
何かおかしいと思っていたら
アスペルガー症候群の発達障害者ばかりとは・・・世も末だ」

といった具合に
些かアスペルガー症候群への
ヘイトのような内容ながらも

一部の指摘に対しては
アスペルガーの問題点について憂慮する自分も
アスペルガーのマイナスの特性が出たとすれば
官僚や政治家という責任ある役職に就いた場合の弊害も感じていて

例えば様々な立場の人との協調の中で物事を進めるよりも

時に独善的に、時に排他的になりながら
一部の価値観による仲間内だけで
自分達の都合が良くなるような
合理主義を優先させて政治すら扱われてしまう懸念をしているし

現在の安倍政権が
強行採決を用いてまで強引に法案などを取り決めたり
国民の声を聞かないまま様々な事を
推し進めようとしている事や

沖縄県民の民意や県民感情を無視して
辺野古基地反対活動をする人々に対して強制排除まで出来てしまうような
独裁的な流れからも

高学歴ながらも固定観念
他者との協調がしきれない人達による国家運営がなされている事を懸念していて

アスペルガー症候群が脳の機能的な
問題がありながらも
時に勉強に特化して知識を詰め込む事が得意になる中で
結果的に高学歴になり、そこから官僚など
国や社会の重要ポストにまでなるような
図式に関しては
既存の流れから見ても
「現代社会における、そうなりやすい構図
として
既に戦後の日本では来上がってしまっているように思うし

下記のように官僚や政治的立場の中にはアスペルガー症候群の人がいる事について既に指摘している人達も現れつつある



ちなみに過去に下記で書いたような
「咀嚼の回数を決めていて
他人にもそれを強要するとか
ソフトクリームの舐める角度に拘る...」
みたいな内容も実は東大出身で
ハーバードのロースクールを修了するような
官僚経験のある人の実際のエピソードなので
専門的に見ても明らかに定型発達者の感覚とはかけ離れたものだと言えるだろう

場合によれば
仮にアスペルガー症候群の政治家などが複数いるならば
現実的ではない方針や
庶民感覚とはかけ離れた考えを打ち出す事も起こりえるし

下記で指摘する人もいるように

決して賢いとは言えず
どこか考えが偏っているような
それ相応の能力や適性や人間性が伴わない人達がいるのは事実なので

そういった人達に
政治という大事な取り決めを任せてしまう中で
偏った方針転換がなされて
社会そのもののバランスを壊すような
状況が既に起きているのではないかと憂慮している