今システム的に可能であれば・・^ ^

ライブを自分の持っているスタジオから配信出来ないかと考え・・スタッフとミーティングを始めました。

それもトークライブやコメントだけではなく、しっかりとしたメニューを唄うフルスケールのライブを・・

スタジオの利点は、レコーディングレベルのアウトボードをライブで使える事。


最小限の人間(スタジオブースの中に2〜3人)でソロライブ配信が出来ないものかと・・


ビジネス的な側面より・・


今一番怖いのは自分自身がライブの生の緊張感の中にしばらく入れていない事・・


そしてこの自粛の時間の長さが(終わり)まだ見えて来ない事・・


レコーディングはあれからも重ねていますが、やはりありのままのライブを観てもらう事こそが本当の自分のあり方だと思っています。


自分のクオリティやモチベーション、さらなる高みを目指す為にもライブは生命線かと考えています・・


そしてモニターを通してのライブかもしれませんが・・

自粛中の皆んなの気持ちをあたためる事ができたならそれは自分にとってとても幸せな時間です。


換気をしっかりできる環境・・スタッフも・・演奏する人間も・・数人づつ空間を離したり、隔てたり・・と考えています。


ライブ会場の様な演出はできません・・が、


音楽の持つ熱量や緊張感は伝えられるのではないかと思います。


音質の追求などまだ時間はかかりそうですが、実現する日を楽しみに・・


今は頑張って良いソロアルバムを作って行きたいと思います。