みなさんこんにちは😊😊
メイクアップアーティストのRyuhoです👻

今年も残すところ、1ヶ月半になりましたね。

個人的には毎年12月は来年スタートダッシュするための準備なので、11月が終われば今年が終わる感覚です(笑)

体調に気をつけて、1日1日感謝しながら2017年を終えようと思います🙆‍♂️

さて、今回も前回に引き続き、「時代に左右されない眉の描き方」の後編をお伝えしたいと思います☝🏻


まずは前回の記事⬇︎

前回のポイントをもう一度見て頂いて、思い出して見てください。


「眉山」から「眉尻」まで終わったら、次は「眉山」から「眉頭」までをつくっていきます。


しかし、ここでポイントが1つ!!


「眉山」から「眉頭」まで描き始めるのですが、この時、スタートするのは眉山の下の部分から描きます☝🏻

そして、「眉山」から「眉頭」まで毛に逆らって描いていきます。

そうすることで、眉の下の肌と馴染むのです。

それと、眉頭を変に目立たせない目的もあります。


なぜ、眉の下の部分から描くのかというと、

ここのラインを出すことによって、顔立ちがしまってきます。

眉下のラインは、しめると美人度が上がるので、眉は上のラインではなく、下のラインを意識しましょう☝🏻

そしてパウダーをのせたら、前回と同じくまたスクリューブラシで同じ数だけなぞります。

しかし、この時はパウダーは毛に逆らうのですが、スクリューは毛の流れに沿って、つまり眉頭からなぞってください。

これでパウダーは終わりです。


いかかでしたでしょうか?


このあと、少しだけポイントがあるのですが、また次回お伝えしますので、前回と合わせて、もう1度眉の描き方を見直してみてください😊

(日にちあけないように頑張りますね(笑))

では、また次回をお楽しみに!



(こないだ成人式の前撮りしました☆)
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5554.JPG



ぜひチェックしてみてください🙌🏻

みなさんこんにちは🙌🏻
メイクアップアーティストのRyuhoです😊

随分と肌寒くなってきまして、いよいよ「冬の到来か、、、」って感じですが、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ忘年会シーズンにもなってきますね🍺
お酒の飲み過ぎにはご注意ください😂

てへ❤️w


というわけで(笑)

今回は本当に永久保存版!!

実際にRyuhoがオススメする「眉の描き方」をお伝えします!!

少し長くなるので2回に分けてお伝えさせて頂きます。

今回は前編です🙆‍♂️

まずは前回の記事⬇︎

前回は、スクリューブラシを使って、
「眉の土壌を整える」
ことをお伝えさせてもらいました😊

そして、アイブロウパウダーを使うことをお伝えしましたね☝🏻


では、実際にパウダーをのせていきましょう😊


まず、どこからのせるのかということですが

1番始めは、「眉山」からのせていきます。


「眉頭」ではありません。

なので、まずは「眉山」を決めます。


今トレンドの眉は、「平行眉」や「タレ眉」ですが、僕がオススメする「究極のナチュラルメイク」は、時代や年齢に左右されないメイクです。

もちろん、眉も時代に左右されない描き方をお伝えします。


始めは
眉山から眉尻に
パウダーをのせていきましょう。


そうして、眉山の位置を決めていきます。


ここでとても大事なのが、

パウダーを1、2、3と、3回のせたら、スクリューブラシでその上を1、2、3、と3回なでます。


パウダーをのせた数だけスクリューでなでるのです☝🏻


そして、もう1つ大事なのが、

必ず左右同時進行で描きます。

片方の眉だけ完成させて、もう片方にいくのは、左右が対象に描けない理由の1つです☝🏻

必ず同時進行で描いてください。

これを繰り返して眉を作っていきます。


なぜ、スクリューでなでるのかということですが、これをすることによって、皮膚とパウダーが馴染みます。


例えば、先ほどお伝えしたように、「パウダーを3回のせたら、スクリューで3回なでる」ということを、2〜3回繰り返すことによって、ふわっと浮き出すように柔らかい質感の自然な眉に仕上がります☝🏻

パウダーをのせただけでは出来ない、
「生まれつきのふんわり感」
をスクリューブラシによって出すことが出来ます。


で、眉山から眉尻まで終わったら、次は眉山から眉頭までを作っていきます。


今回はここまでです😂
次回後編でお伝えしたいと思います☝🏻

では🙌🏻

p0kMRW2Yte.jpg



*youtube番組 「男がメイクして何が悪い」 大好評配信中。


みなさんこんにちは😊🙌🏻

メイクアップアーティストのRyuho(リュウホ)です。

アーチストではなく、アーティストです(笑)

アーチストと書くとなんか、、、
やめときます(笑)

というか、どっちでもいいです(笑)


さて、今回も引き続き「眉」についてです☝🏻

アイブロウに関しては、ここに書ききれないぐらいお伝えしたいことがあるので、まだまだ続きます(笑)

どうかお付き合いください🙏🏻


まずは前回の記事🔽

前回は眉を描く上で、必需品の道具をお伝えさせてもらいました☝🏻


今回から、実際に具体的に眉を描く手順をお伝えしたいと思います。


まずはみなさん、眉を描くのに何を使われてますか?

ペンシル、リキッド、パウダー、マスカラ、、、
色々アイテムはあると思います。

僕は「究極のナチュラルメイク」を推していますから、その中でも僕がオススメするのは、

ふんわりとした自然な印象の柔らかい眉を描くのに、アイブロウパウダーが一番いいです☝🏻

そして、色は、自分の髪の毛ぐらいの明るさ、それも毛先ぐらいの明るさがベストです。

少し明るめでも大丈夫です🙆‍♂️
 

ほとんどのアイブロウパウダーはパレットになっていて、少なくとも3色ぐらいは必ず入っているので、混ぜて手の甲でチェックし、明るめの色を作るといいです。


そして、ここからが今日の本題です☝🏻


まず、眉を描く前に、前回お伝えしたスクリューブラシで、眉の下の皮膚をなでます。

「眉の土壌を整える」ような感じです☝🏻

実は、この作業が非常に重要で、するとしないですごく変わります。


なぜか?


ここまでのメーキャップで、下地やファンデなどを顔にのせてきたと思います。
で、それは眉毛の下の皮膚にもついているはずです。

実はこれをスクリューブラシでとっていくのです。

眉の下の皮膚に、下地やファンデがついていたり、眉が濡れている状態だと、パウダーが過剰についたり、色ムラやダマができたりします。

そしてそのままつけると、眉を描くアイブロウブラシに、水分や油分が付着して、ブラシをダメにしてしまうということもあります。

なので、眉を描く前にスクリューブラシでなでることがすごく重要になってくるのです。

このひと手間が、「究極のナチュラルメイク」への近道なのです☝🏻

みなさん、ぜひ眉を描く前の習慣にしてみてください。

パウダーがキレイにのってくれると思います。


では、今回はこのへんで🙏🏻
次回は具体的な眉の描き方をお伝えします。
お楽しみに🙌🏻😊

FYcZQ9vlCP.jpg

*youtube番組 「男がメイクして何が悪い」 大好評配信中。

*毎週水曜日夜23時、インターネットラジオRadiCroにて、「リュウちゃん寝る!?〜美容師の寝言〜」 絶賛オンエアー中。

ぜひチェックして見てください🙏🏻

↑このページのトップへ