■あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。2020年。響きに未来感あり過ぎて、もはや逆に何も感じなくなってきた。

■ただいまレコーディングの真っ最中で、珍しく録りと同時進行でまだ制作中の曲が存在する。うちのバンドは今まではレコーディング期間前に完璧に歌詞・曲・アレンジを用意して臨んでいたのだが、今回は少し違う。聞くところによると毎回同時進行のバンドも少なくないようで。全く曲がないままスタジオを押さえてレコーディングに突入しているのにカッコいいフルアルバムを仕上げてしまうバンドも知っている。バンドによってやり方は様々だが、簡単にいうと初めて焦っている。

■歌詞の紡ぎ方を模索していく中、現在のスタイルは過去に無いほど時間がかかってしまう。否、正確に言語化すると、スタイルというより自分独自の作詞の完成形が分かっているから、それに即して制作すると今の技術では時間がかかってしまう、と言った所。でも自分なら絶対できると信じているし、きっと乗り越えられるはず。それは経験に基づいた現実的な予感。

■昨日は制作作業を一切忘れて、横浜美術館へオランジュリー美術館コレクションを見に行ったり、映えな白いオムレツを食べて後悔してみたりしていた。それはそれはリフレッシュな一日になった。休みという休みを作らずにずっとだらだら作り続けていたが、休みは取る時はガッと取った方がメリハリがついていいのかもしれない。

■今日から来週の歌入れまでに未完だった歌詞が一曲分完成する。それを乗り越えた時、次にブログを更新する時は恐らく、今までと違う景色が見える自分になっている。作詞が自分にとってそういう行いになっている。新しい視点が増える、新しい感覚が貰える、それはとても楽しみな事だ。

■きっといい音楽を届けますので楽しみにしていて下さい。

■しかし、徒然なるままに駄文を書いてはいますが、このブログ、もう少し分かりやすい内容にシフトする事も出来るのだが、迷う所。とりあえずはもう暫く思った事をそのままに書いていこうと思います。