月別アーカイブ / 2019年06月

■先日、札幌COLONYでのライブを終えた。ファイナルを除くとツアー最後の公演。北海道に行くのは二回目だけど多くの人が来てくれて嬉しかった。僕らの入場だけで東京の平日の動員と変わらないくらい来てくれて、とても嬉しかった。また絶対行きます、MCの内容は内緒でお願いします。仙台、福岡、大阪、名古屋の皆さんも本当にありがとう。来てくれて嬉しかったです。一緒に回ってくれた対バンにも心から感謝を言いたい。愛に近いものが芽生えた。ツアーって、バンドっていいなって単純に思えた。これまで意図的に封印してきた遠征のライブで、事務所が決まってから積極的に遠征し始めたて、ここに来て初めてのツアーというのはとても遅いが、考えたからの今があるとも思えるし、何だかとても幸せです。7/5(金)、ワンマン是非来て下さい。楽しいよ。

■本日6月25日、シン・エヴァの冒頭10分の映像が7月6日に公開されると言う情報が公開された。それそれは、発狂しそうな程に嬉しく思う。正直戸惑っているのは、人生をかけて楽しみにしていた作品なので「結末が見たい」と「終わってほしくない」が激しくせめぎ合った気持ちでいる事。考察系のサイトも手の届く範囲は恐らく全て見漁ったと思う。そもそもの新劇場版の始まりも含めて、自分なりの終劇後の展開も想像した。準備は万全だが、「シン・エヴァの内容を知らない現在」と言うこの状態は、一度触れてしまったらもう二度と戻っては来ない。「知らない」「分からない」と言う感情はとても興奮するし、楽しいし、形容しがたい気持ちの良さがある物だ。人間は謎に惹かれる。人生をかけて楽しみな物は他にも幾つかあるが、それらに対して抱く感情も似ている。既に叶った物もあるが、やはり叶う前が一番気持ち良かったかなって思う。様な気がする。7/5のワンマンの次の日なので、打ち上げでメキシカンを鱈腹食べた後に、身体を清めて全裸&正座で待機したいと想う。公開1分前とか興奮でめっちゃ汗かきそう。

■このブログの初投稿が二月で、ちょっと読み返してみると既になんか面白いなって思う。その時何を考えたかって、単純に自分でも見ても面白い。文章で書き記す事って大切な事だなって思える。気持ちは頻繁に更新する気でいるので、今後もたまに覗いてくれたら嬉しいです、割と暇がないのよ。

まだ五月だというのに気温が30°を超えた。今までの感覚からいうと明らかな異常気象。だが熱気の充満した部屋で熱暴走するPCを叩きながら実際にその暑さを感じて思うのは、まぁそういう事もあるだろうという事。こうして凡ゆる事はぼんやりと塗り替えられていくんだろうなと思う。不思議な事や事態が飲み込めない事が減っている。地震とかもあるのでそういう類の感覚の怠惰さはあまりよろしくない予感がするけど、もしどこかからミサイルが放たれるなどして都市に甚大な被害が出る等した時の心のパニック状態は想像に難しくない。容易に価値観がひっくり返る程の恐怖だろう。価値観がひっくり返る感覚というのはとてもエキサイトで自分にとっては好ましい事だが、そういった事でなるのは嫌だな。

量子力学や天文関係の文書を読んでいると、目の前の全てが異常な光景に見えてくる。スーパーで野菜を選ぶおばちゃん、小雨が降り溜まった水、久しぶりに履いたスニーカーで小指が圧迫されて痛い事、古着のオンライン買取りサービス。自分を疑う自分がいる事。少なくとも全て疑う意識がここに、最低一つは存在するという事。不確定な事でも「これは感覚的にこうである可能性が高いかも」とイマジネーションを使って物事を捉えあり予測したりできるのが人間ではあるが、それが及ばない事も当然あって、及ばないエネルギーがこの異常な目の前の光景を作り上げたんだろうなと。これもまた想像による物。

現実の話をしている。

↑このページのトップへ