月別アーカイブ / 2019年03月

昨日は渋谷CRAWLでライブ。ご来場ありがとうございました。楽しんでくれてる人が多く見えて、こちらも自然と熱くなる。一回一回ぐんぐん確立されて進化していくので是非また見に来て欲しい。MCでは事前に言っていたお知らせをさせてもらいました。まとめるとこんな感じ ↓

・リード曲 "FLAWLESS YOUTH" ミュージックビデオ 公開 【 https://youtu.be/WGeaBGhVPnk 】
・初のツアー「FLAWLESS YOUTH TOUR 2019」開催決定
・ツアーファイナル東京は 高田馬場 CLUB PHASE にてワンマン
・ワンマン恒例「限定 おみやげチケット」物販にて先行販売開始
・今回はおみやげチケットの通販も行います (3/30 10:00~ 発売)

初のツアー、ぜひ来て下さい。一般発売も3/30 10:00~です。フェイズでワンマン、絶対ソールドさせたい。何が何でも売りきりたい。よろしくお願いします。

曲を世に送り出す日 (現代で言うと発表のツイートをする日、YouTubeで公開する日) は精神的体力を物凄く消耗する。曲にしてみれば誕生日みたいなものに当たるから、映像しかり告知の方法しかり、一番良い形で送り出してあげたいと毎回思う。ようやくフローレス・ユースも世に出せた。一体何年越しなんだろう。毎回言うのだが曲は自分の子供の様なものなので、頑張ってこいっていう気になる。その曲が色んな誰かの希望になれたら、これ以上嬉しい事はない。ツイート等、拡散に協力してくれる皆さん、本当にありがとうございます。

プロットを見に来るお客さんは横で繋がってない人が非常に多い。一人で来る人、結構いる。これから毎回プロット好きな友達と参戦出来るように全国的に有名になって見せますので、もう少しだけ辛抱して下さい。

LINE BLOGはコメントに対するいいね機能がないので❤︎とか押せませんが、全部読んでます。ガンガン書いちゃって下さい。とても嬉しいです。ありがとう。


3/17 福岡 TENJIN ONTAQ 2019
3/18 鹿児島 SR HALL
3/20 大分 club TOPS

九州で三本のライブを行ってきました。ライブを見てくれた皆さん、まだ誰も知らないであろう僕らのライブを見てくれて、興味を持ってくれて本当にありがとう。やはり九州はご飯が美味しいです。鹿児島で行った焼肉屋の店主がゴリゴリに墨入っててイカツかった。なんでも昔パンクバンドをやっていたらしい。おにぐ美味しかった。

色々な事が起きて、色々な事を考えた6日間だった。いくつかの事はまだ考え切れていないし消化も出来ていない。これからの人生でも考え続けるだろうし、消化する事はきっとないと思う。消化してはいけないと思う。三本だけだったが、道中を含めて自分には忘れる事の出来ないツアーになった。

そういえば先日、2nd Mini Album「FLAWLESS YOUTH」から「PRAY」のミュージック・ビデオを公開しました。祈りという意味で"プレイ"と発音するのが近いのですが、どうしても"プライ"と呼んでしまう。たぶんGBAの名作ゲーム黄金の太陽の影響かと思われます。でも正式には"プレイ"発音でお願いします。この曲は過去のプロットも含めて完璧な一曲になったと思う。過去の全ての試みの集積という意味でも、要素という意味でも。本当にいい曲です、これからもずっと演奏することでしょう。これで心置きなく次へ進める。


■Plot Scraps / PRAY (Music Video)
https://youtu.be/WIw9umwHorA

■毎日やるべき事を全うする、そんな事がどうしてこんなに難しいのだろう。と毎日の様に考える。

■物凄く小さな音量で音楽を聴くことが多い。iPhoneの最小音でも少し大きいと感じる。あと眠る時や作業中のBGMに常軌を逸するほどスローな音楽が聴きたいのだが、良い物が無い。YouTubeに眠る時用のBGM集やクラシック、ヒーリング音楽など色々あるが全部自分が求める物ではない。音量も音圧もあり過ぎる。これはもう自分で作って自分で聴くしかない。

■気が付けば震災から8年、8年前も友達とスタジオに入っていた。それからの歳月も、直近過ごした一年間も、やはりまだまだ長い時間に思える。50代60代の人の過ごす一年は矢のように過ぎる物なのだろうか。にわかには信じ難い。今日も僕はスタジオに入ってバンドをしている。

■ES-335が欲しい。赤いのかバーストの。できる限り古くて高い奴。カウカウファイナンスでトゴでお金を借りるしかない。

■久しぶりに部屋でぼーっとしてみた。毎年三月はそんな気分になる。何も考えない事はとても難しいし、出来たとしても限られた余生を有限に使わんという刹那的な有り触れた愚かしさに苛まれるだけだ。何も考えていない時間が人生でどれだけあっただろうか。しかし真に何も考えないというのは一体どういった感覚なのだろうか、時間の経過すら知覚しない境地が存在するのだろうか、それでは最早何も考えない意味があるのだろうか。これはもう寺に座禅しに行くしかない。

■たべっこどうぶつはいつだって美味しい。

↑このページのトップへ