■毎日やるべき事を全うする、そんな事がどうしてこんなに難しいのだろう。と毎日の様に考える。

■物凄く小さな音量で音楽を聴くことが多い。iPhoneの最小音でも少し大きいと感じる。あと眠る時や作業中のBGMに常軌を逸するほどスローな音楽が聴きたいのだが、良い物が無い。YouTubeに眠る時用のBGM集やクラシック、ヒーリング音楽など色々あるが全部自分が求める物ではない。音量も音圧もあり過ぎる。これはもう自分で作って自分で聴くしかない。

■気が付けば震災から8年、8年前も友達とスタジオに入っていた。それからの歳月も、直近過ごした一年間も、やはりまだまだ長い時間に思える。50代60代の人の過ごす一年は矢のように過ぎる物なのだろうか。にわかには信じ難い。今日も僕はスタジオに入ってバンドをしている。

■ES-335が欲しい。赤いのかバーストの。できる限り古くて高い奴。カウカウファイナンスでトゴでお金を借りるしかない。

■久しぶりに部屋でぼーっとしてみた。毎年三月はそんな気分になる。何も考えない事はとても難しいし、出来たとしても限られた余生を有限に使わんという刹那的な有り触れた愚かしさに苛まれるだけだ。何も考えていない時間が人生でどれだけあっただろうか。しかし真に何も考えないというのは一体どういった感覚なのだろうか、時間の経過すら知覚しない境地が存在するのだろうか、それでは最早何も考えない意味があるのだろうか。これはもう寺に座禅しに行くしかない。

■たべっこどうぶつはいつだって美味しい。