■スタジオ以外の作業も含めて、先ほど「INVOKE」の全ての工程が終わった。あとはミックスを待つのみ。

■今回のコロナ騒動は人類が過去に対峙した疫病・感染症の経験とは少し異なる物で、例えば、この騒動により亡くなる人々の死因が直接的に病原菌だけではない事が多くなるかもしれないという事。それを防ぐためにあらゆる事、あらゆる判断をギリギリの状況で迫られる事になる。僕らも小さいとはいえその最中にいる。今後どんな窮地に立たされようと最適な解を求める思考を諦めてはいけない。今は情報なら片手で浴びる程手に入るが、その全てを疑い、悩む事。凝り固まり偏った思考には黙れない様に。自己を疑う事ができるのは人間は只の動物ではない所以と言っても良いかもしれないから。

■これを読んでくれている僕らのお客さんだけでなく、全ての人類がこれ以上の不幸を被らぬ様、祈ります。

■「INVOKE」本当に良いです。何があっても音源だけは予定通り届けられるので、きっとあと少しでお耳に入る時が来ると思います。楽しみに待ってて頂きたい。



■3rd mini album「INVOKE」が丁度二ヶ月後の5/20発売となります。「インヴォーク」と読みます。かつて無いほど〆切に迫るギリギリの作業中だけど、何としてもこの6曲を揃えたかったのです。間違いなく最高傑作だと個人的には思っています。ようやく新しい情報を発表できて嬉しい。お待たせしている人は大変お待たせしたし、お待たせしてない人にも、僕らの音楽に新しく出会ってくれる未だ見ぬ人達にも沢山届いてくれたら。ツアーもやりますので楽しみに待っていて下さい、よろしくお願いします。

■この前、アイデアが浮かぶかもと思い、夜景を見ながらチャリを漕ぎながら自販機のアイスをかじりながら走ってたけど、クマムシの「なんだし」が頭の中で延々リピートされるだけでなんの意味もない深夜ドライブになったので、全裸で弦を替えています。

■人生を映画・ドラマ・小説の様な物語とするなら今の辺りが一番面白い所になるのではないかと漠然と思ってる。大空へ羽ばたいて行くも、奈落の深い闇へと足を踏み外すも、人前に出る職業を選んでいるのだから、どちらにせよ誰かにそのサマを楽しんで欲しい。あり触れた言い回しだが良くも悪くも誰にも気にされないというのは嫌われるよりも酷い、自分にとってもそれは辛い物だ。自分が世に放つ物は勿論、苦しんだ事も全て人類の誰かの糧になるならそれはそれで嬉しい、可能なら自分も良い状態で居たいが、と思いながら全裸で洗面台を磨いています。

■とても多くの人を怒らせる事を言います。コーヒーをブラックで飲む人とウィスキーをストレートで行く人は、ほぼカッコつけだと思ってます。あんなに刺激的な物をそのまま行けるなんて、にわかには信じられません。論破して欲しいです、お願いします。

■全裸でコーヒーをドリップしてみたい。



■あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。2020年。響きに未来感あり過ぎて、もはや逆に何も感じなくなってきた。

■ただいまレコーディングの真っ最中で、珍しく録りと同時進行でまだ制作中の曲が存在する。うちのバンドは今まではレコーディング期間前に完璧に歌詞・曲・アレンジを用意して臨んでいたのだが、今回は少し違う。聞くところによると毎回同時進行のバンドも少なくないようで。全く曲がないままスタジオを押さえてレコーディングに突入しているのにカッコいいフルアルバムを仕上げてしまうバンドも知っている。バンドによってやり方は様々だが、簡単にいうと初めて焦っている。

■歌詞の紡ぎ方を模索していく中、現在のスタイルは過去に無いほど時間がかかってしまう。否、正確に言語化すると、スタイルというより自分独自の作詞の完成形が分かっているから、それに即して制作すると今の技術では時間がかかってしまう、と言った所。でも自分なら絶対できると信じているし、きっと乗り越えられるはず。それは経験に基づいた現実的な予感。

■昨日は制作作業を一切忘れて、横浜美術館へオランジュリー美術館コレクションを見に行ったり、映えな白いオムレツを食べて後悔してみたりしていた。それはそれはリフレッシュな一日になった。休みという休みを作らずにずっとだらだら作り続けていたが、休みは取る時はガッと取った方がメリハリがついていいのかもしれない。

■今日から来週の歌入れまでに未完だった歌詞が一曲分完成する。それを乗り越えた時、次にブログを更新する時は恐らく、今までと違う景色が見える自分になっている。作詞が自分にとってそういう行いになっている。新しい視点が増える、新しい感覚が貰える、それはとても楽しみな事だ。

■きっといい音楽を届けますので楽しみにしていて下さい。

■しかし、徒然なるままに駄文を書いてはいますが、このブログ、もう少し分かりやすい内容にシフトする事も出来るのだが、迷う所。とりあえずはもう暫く思った事をそのままに書いていこうと思います。



↑このページのトップへ