原作も読破してる程のハリーポッターファンなのですが、最近映画全8作のクオリティの高さをジワジワ思い返してて震えてます。原作を読んでいた時に想像してたイメージ映像と、近くても超してきて遠くても更新されてて、監督も何回か変わってる気がするけど全部センスいいし最高です。もう一回全部見直しパーティーしたい。

 毎回毎回、このご時世にブログって…生配信やラジオ動画とかSNSに少しの長文とかを書けば代替可能だし…
と思うが、そんな代物を読みに来る人は、かなり書き手に興味がある人ということになるので、その人にだけ向けて書けばいい、その人に向けるということは多少ニッチな話題を繰り出しても許されるどころか喜ばれる可能性もあるか…そうか…と毎回納得のし直しが必要になりますが、今日も元気にブログを綴ります。

 本当はコラム的に何か読み物として文章を置きたい欲求があるのだけど、そんな時間はないのでこのブログは散文的に適当にざっくばらんに書いていきますよ。そいえば、そのために作ったnoteも完全放置中だな…ドビーは悪い子…。ちゃんとしたコラムはそっちに書きたいんだけどね。フゴフゴ。

 自主企画シリーズ『BOYS ON THE RUN の vol.5』がとっくの前に発表されました。いよいよ今週の日曜日に開催。お知らせもしたいと思っているので是非来て欲しいな。最近はJYPさんのありがたいお言葉にすっかりメンタルをやられたり救われたりしてしまいながらも、ライブでの表現を追求しているので、かなり面白いものを見せれると思いますので、騙されたと思ってマストで来てくださいね。出演してくれる「indischord」&「森良太バンド編成」(同じ名前)、本当に感謝。indischord ギターのオジーにJazzmasterを借りるのねん♪

 あ、直近のトピックで言うと『BOYS vol.5』の終わった後に配信シングル『アンサー』がリリースされます。
アゲアゲな曲なんで絶対チェックして貰いたい。現状、まじで世界で一番かっこいいと思ってる曲だよ。

 色々とSNSに放ちたい物もあるのだけど、やはり作曲期間は曲に集中してしまうので、ネットに低浮上な感じになってしまうのが歯痒い所。

 最近はレコーディングのスケジュールがタイト過ぎて、作詞作曲にかかりっきりになっていました。ストックから作るよりも、現在の引き出しから無理やり100%まで持っていく方がいい結果が生まれてて、2〜3週間前に出来た曲をすぐに歌詞書いてレコーディング、という曲もある。自分の作曲スタイルにしては割と異例。ラスト一曲で苦戦してたけど、なんとか今にハマる曲が出てきて助かった。無理やり書いても、気持ちが乗ってないと後でロクなことにならないので、今のテンションで書く事が不可欠。楽しみにしてて欲しいです。

 完全放置プレイ中のこのBLOG、前回の記事を見たら『My FRAGMENTS+』のリリース前の記事じゃないの。
アルバムリリース&ツアーの感想などはラジオを聴いてくれたら嬉しいです。富樫先生待たせ過ぎとか書いてるけど、公式Twitterを始めて原稿の進捗を報告してくれるなんて、この時点で誰が予想しただろうか。そういえば初のテレビ出演もあったなぁ…『Love music』ありがとうございました。


もうちょっと小まめに書かないとダメですね。(書かない)
今後はも少し頻繁に更新していきたいと思います。(しない)
あぁ、今日も星が綺麗だぁ。(見えない)

それではまた来週。(B.C.18000)

書く。(書く)





御久絞利DEATH。

連続な自主企画、11月のツーマン&12月のワンマンが終わりました。自主企画は、こういうイベントになったらいいな、と終わった後の結果を考えて企画するのですが、どちらも想像していた通りメモリアルな日にできて、とても良かったです。レコ発やツアーファイナルやその他、自主企画はその地点までの活動を総括する・歴史に一旦線を引く行いだと思っているので、上手く催せるのは自分の人生にとっても良い作用で一杯です。ライブに来てくれた皆さん、一緒に演ってくれたyeti let you notice、本当にありがとうございます。

ワンマンでは 1st Full Album『My FRAGMENTS +』のリリースを発表しました。一切の言い訳がない、完璧なファーストアルバムが完成しました。ジジイになって死んだ後、この作品のCDを棺に入れて焼いてもらう予定なほどに自信作です。これまでの活動の全てが、混濁しつつも一本筋が通った状態でお届け出来ると思います。僕らのデモCD時代が好きだった人にもお勧めできる内容です。実際、あらゆる意味において最強の曲ではないかと自負している曲があるのですが、皆が好きになる様な曲ではないかもしれないけど、過去の全てがバランスよく混ざった、そんな曲も収録されます。最高に無茶でポップな、これがプロット・スクラップスじゃいと、新宿西口で咆哮できるくらいの名作です。

リリースツアーも勿論周りますので、全国の皆さんに再会できる日を楽しみにしています。アルバム & ツアーの詳細は追って告知していきますので、ワクワクしながらお待ち下さい。

ちなみに 3/2 は僕の誕生日なので、誕生日プレゼント (CDの購入)、奮ってお待ちしております。

そういえば先日、庵野秀明展に行きました。ガキんちょの頃に行った仮面ライダー&ウルトラマンの展覧会、展示物が怖くて泣いてしまっていましたが、時を経て仮面ライダーよりデカくなったのは、なんとも言えぬ感慨がありました。殆どの展示物は目にした事がある物でしたが、シンエヴァのコーナーの前田監督の設定資料には驚かされました。結構な核心に迫る内容でした。しかし、自分が求めていたカラー10周年記念展の最後の謎の設定資料がなくて少し残念でした。完結してしまった今、監督本人とエンカウントして直接聞くしか知る方法が無くなってしまった…。

しかし最近、謎のままでいい事も人生にはあるなと思うのです。解けた瞬間にカタルシスはあるが、それはその時限りの物で、解けなければ永遠に謎を楽しむ事ができる。エヴァがQのまま止まっていた事は、それはそれで楽しい時間だった。

でも、物には限度があるのですよ、富樫先生。


p.s.
Kleiner Feiglingというドイツ生まれの小さなお酒にハマったので、常に持ち歩こうと思います。



おひさ絞りです。

2021年も「気付けば、もう11月、早いねぇ〜」

一体あと何回この台詞を人生に於いて云うのであろうか。

近況報告などは YouTubeのラジオ & Twitter & Instagram で補完しているので、

書き出す度に、このブログの存在意義を、己に問い直してしまう始末。

でも不特定多数が、一字一句このブログを読み漁る事はまずないなので、

ここを読んでいる人はある程度私に興味があって見ているはず、そう思うと…

少しだけ、頑張れる。(by モレナ=プルード)


ライブが何本か決まっているのですが、自主企画が二本あります。

11/7(日)「BOYS ON THE RUN vol.4 〜冬のなかよしツーマン編〜」

旧友である yeti let you notice と、伝説に残す一日にしようと思います。

ちょっと昔のモードでやってみたり、お互いコラボしあう曲や、来場者限定プレゼントもある、いろいろメモリアルな日です。


12/5(日) PLOT SCRAPS Oneman Live「大切なお知らせ 2021」

この日は直接聞いて欲しい、ワクワクなお知らせがあって、ぜひライブと併せて楽しみに来て欲しいです。

セトリ的にはオールタイムベスト的に、集大成のロングセットで演奏します。


どちらもずーっと記憶に残る一日にしてみせるので、是非お越しください。

良い日曜日になるはず。


今回はお知らせ的な更新ですが、もう少し頻繁に書こうと思う。(←通算20回目くらい)

なぜなら此処は多少は自分に興味がある人が見てくれているはずなのだから...



p.s.

なぜ、なぜエヴァは終わってしまったのですか?



↑このページのトップへ