■「水銀灯ウォッチャー」のライブ動画が公開された。「pinky」「奇跡」と同じく7月のワンマンからの映像。気づけば約三年前の曲だけど、とてもギターが難しい良い曲なので是非見て下さい。

■ 1stをリリースした頃から二回目のワンマンまでもそうだが、そこから現在まで僕もメンバーもかなりの変容をしている。ライブのやり方も作曲の仕方も。例えばワンマンの頃、あれでもかなり減ってはいたのだが、現在はライブで殆ど同期を使わなくなった。これからまた増えるかもしれないけど。あんなに同期使いまくりたかったのに、心境の変化というのは如実だなと思う。何であれその時の考え方の上で、表現する上で最善の手段を取っている。ライブと向き合って来て今に至るまでではっきりと分かってくるのが、自分がボーカル&ギタリストとしても作曲者としても大分無茶をして来たなという事。メンバーあと二人くらいいた方が良かったのかもと思ったりもする。(ここまで来たらもうスリーピースで行ってやるけどね) そこを褒めて頂ける事もあるのだが、その当時の色々な思惑や行いに本質的な意味が伴っていたかと言われると口籠る。でもその歪さを持って歩んで来たんだなぁという事を最近は思い返す。ただそれだけ。それを思い返して誇る事もなければ後悔もない。あらゆる風景が変わってしまった。幸福も不幸もありません。ただ、一切は過ぎて行きます。

■ 次の作品に収録されるであろう曲のdemoをiTunesで並べて色々確認をしている。客観的にどう思うのかは分からないが、一皮剥けた新鮮な楽曲達だなと自分では思う。創作に限った話ではないけど、知らぬ間に自分の中に枷を設けているというのはよくある事で、そういった邪魔な物を見つけては潰して来れている感覚があって、だからかなと思う。

■「早く新しい作品をお届けしたい。だから速く手と頭を動かして毎日書いてます」というだけの日々なので、マジで何も起きてないしマジで書くことがない。なので今後はもうちょっと下らない事を中心に投稿していこうと思ってます。

■ キムチって噛んで「サクッ」から「辛!」までの時間が心地良いからどんどん箸が進んでしまう所あるよね。じわじわと辛味が襲って来て、辛いのは嫌なんだけど、「サクッ」から「辛!」の間は何故か辛くないから、もうちょっと大丈夫かもって思って次を食べてしまうよね。食べ終わって気付いた頃には舌がビリビリしてるよね。ビビりなのに薄目でホラー系映像を楽しむ行為に似てるよね。あとキムチとか味噌ラーメンとかネギってめっちゃクサいけど、食った後にS●Xできるカップルって存在するのかね。いたら尊敬しちゃうよね。

■ 見て。「水銀灯ウォッチャー (live)」
https://youtu.be/rDMUPIEOz1I

■ 来て。「BOYS ON THE RUN vol.1」11/24(日)
https://eplus.jp/sf/detail/3105720001-P0030001

未レコーディングなので現在もアレンジや歌詞が微妙に変わって行ってますが、ご了承下さい!タイトルは変わらないと思うけど万が一変わってもご容赦。



pinky (live version)
https://youtu.be/R_rtlOGmdjw

一生 このままでもいい
寝巻きのままで スーパーマーケット
見慣れた夜道 散歩して
帰って 朝焼け見ようね
朝食 食べたら 寝ちゃって
借りてた映画は また見れない
変わらない そんな日々です

君に会えない日が 続いた分だけ
分かち合いたい事が 増え過ぎて困るんだ
二人で一個の人生と 思えたのは
いつからでしょう

冗談めいた 二人の未来に 進めてるだろうか?
気づいたら 不安になる

一生 このままでもいい
下らないテレビで 笑い合って
コンビニで アイス選んで
朝まで スマブラしようね
無駄な 日々を 繰り返して
無駄に 死んじゃっても
君となら 君といれば 幸せ

タワーマンションに 住もうね
ホテルで 昼食を取って
ふらりと 飛行機に乗って
ドイツで ビール 飲もうね
そんな 可愛い約束も
今じゃ 全部 朧げだ

ごめんね

君は全てを 許してくれるけど
僕はなんだか 自分が許せないんだ

間違っていないよな?
このままでいいよな?
このままでいいのか?

ずっと 二人でいればいい
それだけを 君は望んでいた
同じ気持ちと 言ったけれど
僕は それだけじゃなかった
冗談めいた約束を
叶えてあげたかった

一生 このままでもいい
寝巻きのままで スーパーマーケット
見慣れた夜道 散歩して
帰って 朝焼け見ようね
朝食 食べたら 寝ちゃって
借りてた映画は また見れない

タワーマンション 住めもしないまま
世界旅行 行けもしないまま

君と交わした指切りは
一つも守れなかったよ

ごめんね





■ 前回の更新からのライブは「7秒とロック」「MEGA ROCKS 2019」「Ruby Tuesday 37」「MINAMI WHEEL 2019」「Ruby Tuesday in OSAKA 3」「心斎橋を刻めエクストラ」という素敵なイベント達に出させて頂きました。各イベントに来てくれたお客さん、呼んでくれた主催の方々に深く感謝します。台風の影響でシロとクロというバンドの企画が中止になってしまった。過去にインフルエンザにかかってしまい一回だけライブを休んでしまった事はあるが、今まででライブが中止になってしまった事は初めてだった。楽しみにしていたお客さんの気持ちや主催側の断腸だったであろう決断を想像するのは難しくない。ミナホも一日目と二日目は中止になってしまっていて、僕らが出演した三日目だけの開催になってしまった。色々あるけど一つ確かなのは台風ふざけんなという一点のみ。今回のウザ過ぎるhPaで台風の事が一気に嫌いになりました。シロとクロの企画の方は、来年1/12に振替公演が決定したので是非ともお越し下さい。

■ 大阪での三本のライブの期間は心斎橋に五日間滞在していた。東京とは少し違った趣で並ぶ店やネオン看板に当てられ少しだけご陽気になったのか、珍しく深い時間まで打ち上げに参加したり、その足で友達のバンドの打ち上げにお邪魔したり。別の友達と夕飯にパスタやあふぉがぁど等を食べながらバンドの事を語ったり。ホテルのサウナと水風呂を交互に入るという慣れない事をしたせいでちょっと熱出たり。セブンティーンアイスを買おうとしたら全部売り切れてたりした。大阪に五日もいるなんて初めての経験だったけど、不思議な気分だった。いつからか、気づけば僕らはすっかり所謂バンドマンな生活をさせて貰っていて、そんな日々の中で人前に立つ仕事として多くの大切な事に気付きながら暮らしている。

■ 作詞作曲でガチガチに凝り固まった体で、毎晩悪夢を見ながら今日も曲を紡いでいる。作曲で深く潜ってる時間は、辛いけど心地良い何とも形容しがたい時間で、心を実在化させていく喜びがあるんだけど肉体は疲弊していたり。気付いたら何時間も経っていてメールとかニュースとかを大幅に見落としてしまったりして、そりゃずっと潜っていられたらいいんだろうけど、社会性を失うわけにもいかないしなぁとか考えたり、でもやっぱりどうでもいいかもなとか思ったり。そんな毎日。

■ 企画前のライブが全て終わり、次はいよいよ 11/24(日) 自主企画「BOYS ON THE RUN vol.1」です。スリーマンの企画で、"笹川真生"くんが出演してくれます。もう一組も間も無く発表しますのでお楽しみに。当然、新しい曲を披露すると思います。気づけば2ndのリリースから半年近く経過した。その期間は勿論だが怠けたり遊んでいたわけではない。理由のある時間だったと思うし、多分そうなる。ただただ聴いて欲しい音楽達を演奏しますので、是が非でもお越しを。

■ e+「BOYS ON THE RUN vol.1」
https://eplus.jp/sf/detail/3105720001-P0030001

↑このページのトップへ