どこかで三年日記始めたけれど
どうしても続かなくって。

だからこうしてここで。
今年も宜しくです。
無理せず続けます。

ーーーー

恋  ryo irei

帰り道
少し固まった雪を見ながら
お気に入りの曲を聴く。

白い息も
閑散とした田舎町を
儚く飾って
こみあげた。

こんな夜に
ついつい考えてしまう
あの人のこと。

好きだったと
棲み分けしたけれど
ああ
きっと
まだ
好きなんだって。

何度でも
さよならと言える愛しさを抱えて
眠ったあの日。


どうしてるんだろう。

きっと
恋。

これが恋なんだと思う。

RtFqbvIzHF.JPG