月別アーカイブ / 2017年01月


お久しぶりです。

なんとか
更新頻度を増やしていきたいものですが、
なんとも。なかなか。

そうそうR-1ドリンクの効果を前回のブログから早速
この風邪で否定してしまうような形になるのはとても。。。
否。とても、素敵な商品です。


S__7151787.jpg

 

日々何かを感じる受け皿だけが
広く深く成長を遂げていて(笑)
「なんでも良いからこの上に乗っけておくれ」
なんていっております。

机上の空論なんとやら
心の準備が出来上がって
いざ行動に移したら
案外、現実は手厳しく。

そう思うとまず行動に移すことさえ億劫。

これですね。これこれ。
でも今は違うんです。
僕の意識の高さは天上をつつくほど。

ただどうしてもこの「そうそう風邪」が邪魔をしてくれて。
人生で初めて39.5度まで上がった熱。
きっとワクワクするのでは無いかという
甘い妄想は早々に消え去って行き。。。
子供パワーを失った気がして少し悲しかったり。


^^^^^^^^

さてさて本題。
本日は高田みち子さんの「僕らの樹」を聴きながらブログを書かせて頂いています。
何か語ろうとブログを書く時
たくさんの素敵な出会いの中から印象的な
(そのどれもが印象的ではあるがその中からより気になる)
出来事を抽出してきて書かせていただくことがほとんど。
影響を受けた作品だとか。ウンタラカンタラ。
高田みち子さんの楽曲にはもちろん多大なる影響を受けました。
楽曲に歌詞のセンスもそうだが僕は彼女の歌声が大好きで
これからも死ぬまで聴き続けるんだろうなと。
これ以上は皆さん自身で感じてもらたら嬉しいです。
生きる意味。見出せなくなったら「僕らの樹」を。


^^^^^^^^^

僕は歌を歌う人間で
誰かを偉そうに評価する評論家ではない。
ましてや政治について語るなんてもってのほか。
今はネットもテレビも好き勝手言うことのできる時代ですから
情報の渦に流されないようにしないとなと感じております。
色々最近ネットニュースもふわっとしたもの多いですものね。笑
芸能人があれを言ったこれを言ったとか。真意をしっかり見極めたい。

大変なことも辛いことも少しでも和らげる空間を作ること。
誰も否定しないし肯定しない。
それでも伝えたい心がある時、
周りが荒れようと僕たちだけは汲み取れる信頼関係を気づけるようにも努めていきたい。
優しい関係はいずれ大きく幸せな縁になることを。

そして早速そんな一年を4月からスタートできそうです。
風邪を引いたおかげもあり事務作業はかなりできたので
偉い人たちから許可が下りれば実行できます。
やんわりと濃い時間を「月1」をテーマに。
お楽しみに。


いつもご愛読ありがとうございます。
心より感謝しています。
ありがとう



今日は「風邪そうそう」で文章が覚束ず。。すみません。。頭が爆発しそう。。。
あれ「そうそう風邪」だっけ。
ではまた。 


IMG_0749.jpg
 


こんばんは。

年明け初ブログ!

実際に効果があるのかは全くわからないのですが
毎日R-1を飲むようにしています。(あのコンビニなどに売られている赤い色のカバーの乳製品のドリンクです。)
去年のアイトヒトレコーディングあたりから
ツアーで風邪をひかないようにと飲んでいるのですが
実際風邪は引きづらくなった気がしています。
ただ太りやすいので低糖・低カロリーでね笑。



さて
今年は1日1日が本当に無駄にできないという気持ちで進んでいます。
きっと2016年から2017年になってもツアーの真っ只中であり
体はずっと緊張状態だったからだと思います。 
ツアーが終わってもしっかりこの感覚は維持していきたい2017年です。 
 
ブログをこう書き始めたのも
1月9日に行われたワンマンツアーファイナル「アイトヒト」の東京公演が終わり
そこでお客さんから頂いた暖かい手紙に、いてもたってもいられずという次第。
丁寧な言葉から
書かれる手紙はなんだか居心地がよく
幸せがたくさん詰まっていました。ずっとここに浸っていたいなと思うほど。
たくさんの幸せを本当にありがとうございました。



伊礼亮1stワンマンライブ「アイトヒト」
本当に有難うございました。
始まるまで不安で不安で
こんなに押しつぶされそうな毎日は生きてきて初めてでした。
音楽が趣味でやれていた学生時代、
ビクターさんのレーベル所属になり
それを仕事に生きて行く人たちがいて
ツアーが始まるまでたくさんの人間の感情を一身に受けた2、3ヶ月だったと思います。
ただ環境自体はそこまで変わるわけでもなく
期待を背負う形の質や量が増えていった毎日でした。
覚悟が追いつかなかった自分の不甲斐なさも
技術が伸びない焦りも
人と人との対話が図れない状況も
全部一人で抱え込みました。
一人でやりきった時強くなると思っていました。

しかし
ツアーが始まって
想像もできないほどバンドメンバー、スタッフの皆さんに助けていただきました。
冗談は抜きにして彼らがいなかったら綺麗に空中分解するくらいには
不安定なライブ企画でした。
どの会場でもお客さんが大事な時間を自分に貸してくださり
それに恥じない努力をチームがして
作り上げたこのライブ。一生忘れられないライブになりました。
そしてこのチームはきっと僕の音楽人生でずっと一緒に
音楽をしていく仲間になると思っています。
そのスタート、そこに立ち会ったお客さんの記憶にも
優しく残ることを祈っています。

9uTAunPcZ3.jpg



ツアーごとでしゃべらせていただいている内容が違うので
少し総括するのであれば
アイトヒトは
自分が幸せなことをすることで人を幸せにする
ループのようなものをうたっています。
そのループは大きな円になって人を幸せにしていく。
そう信じて疑っていないのは今もですが、
ツアーを通して考えが少しずつ変わっていったのもまた。
愛には人それぞれの形があって
到底僕には理解のできない世界も広がっていて
そのすべてにも間違いなく愛が存在していること。
その様々な愛の形を愛せる自分でいたい。
時には無償の愛が存在すること。
誰かのために何かをすることを恐れない人がいたこと。
愛があって人がある。
人があって愛がある。
それを繋ぐ目に見えない何かに結ばれて
仕合わせに。
たくさんの愛をありがとうございます。

聴きたい時に聞く僕の歌、
あなたの人生の片隅に
そっと置いていただけたら幸せです。
その幸せは大きくなって
いつかの僕の、いつかのあなたの幸せに。
図々しいと今は思いません。
共に武道館目指しましょう。

ーーーー

君を引き寄せるもの


灯りをつけると
ものすごい勢いで走り出して
優しく部屋を満たしていく。 
そうして初めて目に見えてくる人々が
たくさんいる。
走りさった線は糸に変わり優しく揺らめいたら
初めて人は人を認識した。
遂には君をこの糸は引き寄せていった。
見えないけど見えているんだ。
 
borderless。
それは、光。



S__23945224.jpg


 



↑このページのトップへ