こんばんは。


ーーーー
「さようなら」 ryo irei

好きな人に好かれたい。
そんな純粋な気持ちを大事にしたいのに。

格好つけちゃって、
我慢しちゃって、
大事な事伝えられなくて。

さようなら。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1295.JPG


こんばんは。

風邪をひいてしまって、、泣
バー伊礼までには!
歌いたい!早く!
ーーーー
「終わりの街」 ryo irei

始まりの鐘の音を聴いている
この瞬間僕はこの場所を去って
海の見えるあの場所へ行くんだろう

大切な友達をこの場所において
恋人には何一つ告げず

誰にも触れられない場所へ


海は光を浴びて
青白く揺らめいて揺らめいて
どこか遠くへ

誰もいない場所は心地よく
一人で生きていくと決めた
不条理と向き合うことを辞めた

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1286.JPG


こんばんは。

僕にとっての日課になりつつあります。
楽しんでもらえていたら幸いです

ーーーー
「雨と雪」 ryo irei

雨と雪は
今日も喧嘩をしている

人間は
雨が降ると時たま嫌がって
雪が降ると恋を思わせる

あの子とこの子の違いなんて
本当に微々たるものなのに。

それでも僕にはそれが大きく気になったんだ。

君を君たらしめているそれが小さなものだとしても
大切にしたい。

冷んやりと冷えたそれは
僕らを包み込んでいる。

部屋には一際大きなクリスマスツリーの飾り。

実はこだわっている
君の手料理の隠し味が大好きなんだ。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1171.HEIC

↑このページのトップへ