こんばんは。


せっかくの50日目
幻のソラノオトから。

ーーーー
「キミオト」  ryo irei

笑ったり怒ったり悩んだり何度も
その度僕らは星に近づいた


見え透いた嘘 形取った恋は
いつからか価値を付けないと許せなくて
「君はどうなの?」「信じているの?」
目に見えるものだけ信じてた

想像するだけでいいのに
僅かな奇跡が 嘘のように光を帯びて笑いあう 
やっと 君にあえた

笑ったり怒ったり悩んだり何度も
意味がないそう思うことはもうやめよう
笑ったり怒ったり悩んだり何度も
その度僕らは星に近づいた



放課後見ていた あの一番星は
いつからか君との待ち合わせに使って
いつもと同じ いつもと違う
そんなことだけでも笑えてた

僕はきっと君の全て
本当に見えないものは
隠し通せる心と知らずにただ
君に 恋をした 

笑ったり怒ったり悩んだり何度も
それだけのことで世界は色付いた
笑ったり怒ったり悩んだり何度も
その度本当の心隠されて



溢れる音と悲しみの合間
今の僕にできる最初で最後の歌
君に届くように


笑ってる?怒ってる?悩んでる?わかってる。
目に見えるものが全てじゃないんだって!
言葉にする度こぼれてこぼれて
それでも君がくれた僕の音に

笑ったり怒ったり悩んだりできるよ
一瞬を切り取ることの出来ない音は
いつまでも僕が君だけの永遠に
その度に僕は星に近づいた


「信じてそう僕たちが見つけた
信じてそう君だけの音だよ
信じてそういつも近くにいるから
信じてそう君らしい君を」





_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1339.JPG

こんばんは。

遅れてしまった泣

49日も続けてきたこと他にないなぁ。。としみじみ笑。

あみちゃんに
曲をつけていただいたこの詩を。
ーーーー
「奇跡の時計」 ryo irei


生まれ変わって
恋をしたり
いやみに強がって
忘れてみたり
当たり前に
君を想ったり

奇跡の時計を振りかざしては
無限だと信じていた


こんな世の中じゃ
辛いと嘆いたり
愛する事で
争いあったり
流れていく風を
目で追ったり

奇跡の時計を連れ回しては
意味を見出そうとしていた


愛してる
愛してる
愛してる
愛してる

始まりはいつも突然で
終わりはいつも必然で
60億の灯り全てに
朝が来て
夜が来て
孤独に生まれ
誰かと生きて
1人で死んで

奇跡の時計は当たり前を刻んでいる
AkEPKiOurf.JPG

こんばんは。


ーーーー
「自分の言葉」 ryo irei

自分の中から
生まれる言葉は
全部君の物。

ーーーー

音楽や芸術をやっているあなたに伝えたい
何より自分に伝えたい。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1322.JPG

↑このページのトップへ