情報リテラシー論の第12回!

今回のテーマは音声認識!
とその前に、今回の講義の最初に見た動画の内容であった「キャッシュレス決済」の話から。

今、世界中で一般化しようとしているキャッシュレス決済。日本でもpay payなどのサービスが始まった。僕は現金以外をほとんど使わないため、今回の動画を見て少し焦った。
キャッシュレス決済に早く慣れないと世の中から置いて行かれる気がしたからだ。
まだ現金決済が一般的な日本も、そのうちQRコード決済などが当たり前になっていき、財布を持つ必要がなくなるだろう。
そのときに備えて、今のうちからキャッシュレスを始めようかと考えさせられた。


次に今回の講義のテーマであるラジオと音声認識の話。
ラジオ離れが言われてきた現代だが、最近FMラジオが復活するかもしれないと言われている。
理由としては、スマートスピーカーの登場やスマホでラジオが聴けるサービスの登場だ。
若者離れの対策としてAMラジオもFM波で同時放送するという話もある。
さらにはつい最近サービスが始まったYouTube MUSICなどの影響で、動画を配信するようにラジオを配信する人が出てくれば、ラジオのあり方は今後変わっていくだろう。

音声認識の方では現在、音声翻訳の技術が向上している。
自動翻訳機能付イヤホンが出るなど、言葉の壁は今よりもっと低いものになるだろう。
さらに、人工知能の発達で、自分の声の分身がつくれるアプリが登場したり、自分の声をリアルタイムでキャラクターの声に変換できる(名探偵コナン的な)アプリが登場する、といったように音声認識技術の向上によって、これからますます面白いサービスが出てくるかもしれない。