朝の一仕事終えてマッタリタイム〜☆
癒されます

子ども産んで、
いかに時間って貴重かと身に染みます
子どもが寝た後のお茶。
朝のお弁当作って身支度終えた後の読書。
私の癒しタイムです
随分規則正しくなったなぁ
子どもが始終泣く時期は辛かったけど、4ヶ月過ぎたあたりから規則的になって、保育園にもすごく助けてもらってます。だから復職する前は結構不安だったけど、今は良かったって思っています

今日は良い天気です。
洗濯物が良く乾きそうですね♪
週末もお天気が良い様です(o^^o)
おやすみの日にお天気が良いと出掛け易くてうれしいです

復職して20日。
保育園も入園して1カ月半。
ママも子も疲れが出ていて、
微熱、咳、鼻水が止まりません。
週末はのんびりしようと思います。

さて、前置きが長くなりました。
前回に引き続き仕事の話。
会計事務所に勤めてもうすぐ5年…かな。うち9ヶ月は育休ですが。
今の職場に来る前は卸売業の会社で会計を2年。それまで経理経験ゼロ。資格は日商簿記2級までのスペックの私です…
もうすぐ決算の会社さんの会計をみたところ利益が馬鹿みたいに出ていました。そこで担当者(私から引き継いでいた)に質問したのですが、そこまで考えていない様子…今月もあと10日しかないので対策するのは今しかなく、課長に報告に行きました…が、繰越欠損金あるでしょ?と。←基本レベル。
あああ〜〜(ノД`)
だから私は雑魚なんだよぅ。
恥ずかしい恥ずかしい(/ _ ; )
他にも保険の台帳だしてって言われたのに別のことかと思ったり、簡易課税の説明がちんぷんかんぷんだったり………

この仕事は課題が次から次に増えるなあと改めて思いました。

保育園に送ってから会社行くと渋滞を見込んで出るので20〜30分早く会社に着く。
なにか出来るかな、と考えた結果、
読書。
を試している。
竹中平蔵・著
『竹中教授の14歳からの経済学』
会計事務所に勤めているものの、大学は経営、経済の専門外だったためレベルは中学生位の私には丁度よくまたタメになる内容。
郵政民営化は何故しなければいけなかったか。
資本主義とはなにか。
なるほど、と思える内容。
全ての人にチャンスがあるが、全ての人がお金持ちになれるわけじゃない社会
これが理想であり、資本主義の原点。
なるほど。
私はどうか。
進学も就職もなんの制約もなくできた。
チャンスはあった。
では、今の位置は…
思ったより進めていないのは偏に私の能力ということになる。
その通りだと思う。
産休終えて戻ってみて
改めて我が社を省みてみると、
良い会社だなと思う。
地方の小さな会社の割にはしっかりしているし、トップとの距離が近い。
では何故不満はうまれるのか…
人それぞれあると思うけど。わたしの場合は私の要求が多すぎるのだと思った。会社という組織を続ける上で大切なのは利益を生み出すこと。我が社は情報サービスを商売としているから情報=商品。よい商品を売れる社員に見返りがあるのは当たり前だし、出来なければそれなり。
まあ当然な話。
昨日、私の誕生日で
旦那がケーキとお寿司を用意してくれた。
勤務が忙しいからそこまでしてくれると思わなかったからうれしかった。
ロウソクを吹き消したあと、
「33歳の抱負は?」
と聞かれて、
「家族みんなで仲良く元気に過ごす」って自然に出た。
旦那も「頑張る」って言ってくれて嬉しかった。
仲良く元気に暮らしていける様に私も力を尽くさないとな、


↑このページのトップへ